スポンサードリンク

新宿高島屋ミゲル・フアニ/MIGUEL JUANIでパエリアランチを食べてみた


新宿タカシマヤ タイムズスクエア店13階にあるパエリア専門店
ミゲル・フアニへスペイン本格パエリアを食べに行ってきました。
ミゲル・フアニは、本場スペインパエリアコンテストの中でも
名実ともにパエリア職人世界一を決めるスエカ国際パエリアコンクールで
2014年チャンピオンを獲得したスペイン料理界若手No.1の料理人
パコ・ロドリゲス氏がプロデュースした日本初上陸のパエリア専門店で、
本場バレンシアの本格パエリアやタパス、ワインなどが味わえるスペイン料理店との事です。

ミゲル・フアニ新宿タカシマヤ タイムズスクエア店.JPG



ミゲル・フアニ新宿タカシマヤ タイムズスクエア店の店内客席は、
オープンエアのテラス席もあって、気候の良い季節や
クーラーの冷気が苦手な方は、外のテラス席がお勧めです。

新宿高島屋ミゲル・フアニテラス席1.JPG

新宿高島屋ミゲル・フアニテラス席2.JPG

ミゲル・フアニ/MIGUEL JUANIのパエリアランチメニューでは、
本場バレンシア風の他、魚介、イカスミのシーフードパエリアや、
イベリコ豚とキノコ、野菜のベジタブルパエリアと種類豊富で、
非常に選択に迷うところですが、ここは初めての来店という事で、
スタッフの方お勧めのオーソドックスなバレンシア風をチョイス。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリア.JPG

パエリア発祥の地バレンシアを代表するバレンシア風パエリアは、
うさぎや鶏肉の旨味を米に移し風味の基盤を築いた後に
具材としてエスカルゴやインゲンなどの食材を加えるというもので、
日本で良く見られるパエリアとは一線を画するものです。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリア具材.JPG

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリアエスカルゴ.JPG

ミゲル・フアニ/MIGUEL JUANIで提供されるパエリアは、
両側に取っ手のある直径36pを超える大きなパエリアパンで
注文後に生のお米から炊き上げる本場スペイン同様の製法ですので、
オーダーしてから運ばれてくるまでに若干の時間がかかります。
素材の味を引き出した旨みスープを直接お米に吸わせた上で、
お米をアルデンテに炊き上げ、味わい豊かなパエリアに仕上げる
という本場スペインバレンシアの伝統を守って作られるのが特徴です。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANパエリアパン.JPG

ミゲル・フアニMIGUEL JUANパエリアパン受け皿.JPG

テーブルに運ばれてきたミゲル・フアニのバレンシア風パエリアは、
パエリアパンの上にサフランで炊いたお米が薄く敷き詰められ、
その上に具材がトッピングされたナポリ風ピッツァのような外観です。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリア.JPG

パエリアの製法と食感に合った種類のお米を使用しているらしく
アルデンテに炊き上がったサフランライスは硬めの食感で、
ちょっとおこげ料理風の印象であります。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリアサフランライス.JPG

バレンシア風パエリアの特徴である、うさぎ、鶏肉、エスカルゴ、
インゲンという具材は日本では見かけない斬新な組み合わせです。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリア兎肉.JPG

ミゲル・フアニのバレンシア風パエリアは、その謳い文句どおり
非常に本格的なスペインバレンシア地方伝統の仕上がりに感じますが、
個人的には、ジャポニカ種水稲米食文化の日本人の嗜好として、
もう少しお米のボリューム感が欲しいように感じました。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリア鶏肉とインゲン.JPG

お米を食べているというよりも、おこげ料理を食べている感覚で、
いまひとつ食としての満足感に欠ける気がするのです。
日本人に馴染みの薄いバレンシア風具材の影響もあるかもしれず、
魚介出汁のシーフード系パエリアなら違った印象を持ったかもしれません。

ミゲル・フアニMIGUEL JUANIバレンシア風パエリアおこげ部分.JPG

いずれにしても、ミゲル・フアニ/MIGUEL JUANIが
本格的な風味のパエリア専門店である事は間違いありませんので、
再度来店して違ったメニューを食べてみたいと思いました。

ミゲル フアニ 新宿タカシマヤ タイムズスクエア店スペイン料理 / 代々木駅南新宿駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5





アマルフィイ・カステッロでイタリアンランチを食べてみた


成城学園前CORTY内にあるイタリアンレストラン
アマルフィイ・カステッロ(Amalfi CASTELLO)で、
イタリアンランチ(Pranzo)を食べてみました。
(ちなみに、成城学園前CORTY内のアマルフィイ・カステッロは、
2016年9月11日をもって閉店しております。
この記事は2014年12月の来店時のものですのでご了承ください。)

成城学園前CORTY4階のレストラン街の登戸側の端に位置する
イタリアンレストランアマルフィイ・カステッロ(Amalfi CASTELLO)は、
ちょっと小洒落た外観の成城学園前らしい店構えのお店です。

成城学園前アマルフィイ・カステッロAmalfi CASTELLO入口.JPG

エントランスは細長い回廊のようになっていて、
客席は奥まったその先にあるという凝った店内の造りになっております。

成城学園前アマルフィイ・カステッロAmalfi CASTELLOエントランス.JPG

アマルフィイ・カステッロ客席フロアー2.JPG

卓上にはワイングラスが常備されていて、冷水もこれで頂きます。
さすが、成城学園前のイタリアンレストラン。お洒落すぎます♪

アマルフィイ・カステッロ客席フロアー1.JPG

アマルフィイ・カステッロ客席テーブル.JPG

アマルフィイ・カステッロでは休日でもお得なランチコースがあって、
メニューはお手軽なものから本格的なコース料理までの3種類。
庶民の我々は迷うことなくお得なサービスランチをチョイスいたしました。

アマルフィイ・カステッロ・ランチメニュー.JPG

サービスランチは、本日の前菜、季節のスープ、パスタかピッツァ、
デザート2種盛り、コーヒーか紅茶、というコースです。
パスタかピッツァは合計7種類の中からチョイスするプリフィックスで、
1.白身魚とフレッシュトマト 旬野菜のスパゲッティー二、
2.ホタテと白菜のスパゲッティー二 パン粉をかけて…
3.サルシッチャのトマトソースペンネ
4.海老のアメリケーヌ トマトクリームタリアテッレ
5.色々キノコとポルチーニのクリームタリアテッレ
6.ボロネーゼと温泉玉子のラザニア
7.しらすとプチトマト ルッコラのピッツァ
という嬉しいバラエティーの豊富さです。

アマルフィイ・カステッロのランチ前菜と季節のスープ.JPG

この日の前菜は、魚のフリットのビネガー漬け(南蛮漬け風)と、
白身魚のカルパッチョに甘酢漬けのジンジャー添えという、
イタリアンテイストに絶妙な和の風味をミックスしたもの。

アマルフィイ・カステッロ前菜魚フリットビネガー漬け.JPG

アマルフィイ・カステッロ前菜白身魚のカルパッチョ.JPG

スープは季節の野菜の冷製で、ちょっとガスパッチョ風。
大陸地続きのスペイン料理のテイストも取り入れているのでしょうか。

アマルフィイ・カステッロ季節のスープ冷製1.JPG

アマルフィイ・カステッロ季節のスープ冷製2.JPG

アマルフィイ・カステッロ季節のスープ冷製3.JPG

パスタはホタテと白菜のスパゲッティー二 パン粉をかけて…をチョイス。

アマルフィイ・カステッロのホタテと白菜のスパゲッティー二1.JPG

乾麺のスパゲッティー二は良い感じの歯応えが残り、
デュラム小麦の旨味を堪能することができました。

アマルフィイ・カステッロのホタテと白菜のスパゲッティー二2.JPG

パスタコースには風味豊かなオリーブパンが添えられるという
嬉しいサービスもグッドです。

アマルフィイ・カステッロのオリーブパン.JPG

もう一品は、しらすとプチトマト ルッコラのピッツァをチョイス。

アマルフィイ・カステッロのしらすとプチトマト ルッコラのピッツァ1.JPG

ピッツァの生地は程よい厚さのナポリタイプで、絶妙の塩加減もあり
こちらもやはり小麦の甘みと旨味が堪能できる一品です。
相模湾の湘南方面に繋がる小田急線沿線という立地を生かし、
江ノ島方面の名産であるシラスを具材に巧みに採り込んでいます。

アマルフィイ・カステッロのしらすとプチトマト ルッコラのピッツァ2.JPG

イタリアンドルチェのデザートを挟んで、食後のコーヒーか紅茶で、
ゆったりとした贅沢なランチを雰囲気良く楽しむ事ができました。

アマルフィイ・カステッロ・ランチのコーヒー紅茶.JPG

この料理のバラエティーと味と雰囲気で税込1,490円ならば、
成城学園前CORTY内という立地と土地柄を考えれば、
なかなかお得な価格設定といえるでしょう。
しかもメニューのチョイスもバラエティーに富んでいるので、
比較的飽きずに普段使いできる貴重なイタリアンだと思いました。

しかし残念ながら、成城学園前CORTY内アマルフィイ・カステッロは、
2016年9月11日をもって閉店し、十年間の歴史に幕を閉じてしまいました。
アマルフィイ・カステッロの店舗跡には、湯葉と豆腐の懐石料理の和食店
梅の花が開店し現在営業中です。

奈良薬師寺門前のアムリット/AMRITでフルコースランチを食べてみた


奈良市の誇る世界遺産・奈良薬師寺門前にあるイタリアンの
リストランテ・アムリット/AMRITへランチフルコースメニューを
食べに行ってきました。


奈良県奈良市六条町410

アムリット/AMRITは、リストランテの名を冠するだけあって、
相当ハイソな本格レストランです。店内の内装だってこんなですから。

奈良アムリットAMRIT店内.JPG

何故B級グルメライターの私がそんなリストランテを訪問したのか?
といいますと、仕事絡みのご接待でありまして、お勘定の方は
相手持ち、つまり自腹でない、奢りです。スミマセン。。。

さて、この日のリストランテ・アムリット/AMRITのランチコース、
前菜アンティバストはイタリア前菜の盛り合わせです。
まるでデザートのスィーツのように綺麗に可愛くお皿に盛り付けられた
イタリア前菜の盛り合わせの内容は、カポナータ、ゼッポリーニ、
ブロッコリーのアーリオオーリオ、ノルウェーサーモンのマリネ、
"カブレーゼ"トマト・モッツァレラ・バジル、
"アランチーニ"ローマ風ライスコロッケ 竹炭風、
大和郡山産いちじくとパルマ産プロシュート、
十津川産エリンギのマリネ ローズマリー風味、刀根柿のマリネ ミント風味
書かれた文字を見ても何か良く分かりませんが、全て一口大なので
食べてしまうのは一瞬でありました。

奈良アムリット前菜盛り合わせ.JPG

リストランテ・アムリット/AMRITは付け合わせのフォカッチャも
ブルーベリーだかラズベリーだかの恐らくベリー類が練りこんであり
ひと工夫されたお洒落な焼き上がり。
個人的にはフォカッチャはプレーンで小麦の味がするパン生地に
バルサミコ酢とエクストラバージンオリーブオイルを付け食べるのが
好みですが、こちらはデニッシュタイプの生地の風合い。
高カロリーの高級食材といった感じでしょうか。

奈良アムリットフォカッチャ.JPG

プリモピアットのパスタは本日はスパゲッティーです。
小柱とケッパー かぶ、うまい菜のトマトソーススパゲッティーハーブ風味。
コクと深みのある味わいのトマトソースが美味ですが、
前菜の時も感じたけど、別に使っている材料を逐一料理名に書き出して
メニューとして名乗る意味が良く分かりません。
本音を言えば、こうしてブログ記事にするのが大変だからなんですが(汗)。。

奈良アムリットトマトソーススパゲッティー.JPG

セコンドピアットのメインディッシュは肉料理です。
上州牛のタリアータ 赤ワインとバルサミコのソースということで、
奈良という近畿圏のリストランテで出される牛肉が何故に群馬産の
上州牛なのか?という疑問は浮かびましたが、我が故郷群馬の肉牛も
遂に牛肉文化の関西で認められるブランドクォリティーになったのか
と好意的に解釈しておきましょう。群馬県のイメージキャラクター
ぐんまちゃんもゆるキャラグランプリ獲得した事ですしね♪
余談はさておき、上州牛のタリアータは脂身の少ない赤身部分で、
熟成された牛肉の旨みが感じられるお味でありました。

奈良アムリット上州牛のタリアータ.JPG

ドルチェの本日のデザートはジェラートとシャーベットです。

奈良アムリットドルチェジェラート.JPG

という事で、何か皮肉交じりのリポートとなってしまいましたが、
要は私のようなB級グルメが専門の貧乏庶民ライターには、
相手方の支払いで値段が分からず費用対効果が判断できないため
価値が良く分からないのと、雰囲気がおハイソすぎて落ち着かなく
分不相応だったというだけの事なのです。
奈良薬師寺門前で本格イタリアンを楽しみたいという方は、
リストランテ・アムリット/AMRITへ是非お出かけになってみてはいかがでしょうか。
シックで落ち着いた雰囲気の店内で贅沢な気分を満喫できますよ。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。