スポンサードリンク

西源院(京都龍安寺内)へ名物の湯豆腐を食べに行ってきました


世界文化遺産登録された石庭で有名な京都龍安寺へ行った際、
龍安寺名物といわれる湯豆腐を食べに西源院へ行ってきました。


龍安寺境内の西源院は、入口山門から鏡容池を挟んで対角線上に
位置していますので、石庭を見たらそのまま鏡容池の縁の方向に沿って
進んで行けば辿り着くことができます。

龍安寺西源院入口.JPG

龍安寺西源院庭園入口.JPG

湯豆腐で有名な龍安寺境内の西源院の入口を入ると、
これはまた見事に手入れされた日本庭園が広がっています。
ししおどしがコーンと鳴ったりして風流そのものですよ。

龍安寺西源院庭園1.JPG

龍安寺西源院ししおどし.JPG

龍安寺西源院店舗.JPG

西源院の店内は畳敷きの和室で、この見事な日本庭園を眺めながら
湯豆腐を堪能できるという贅沢な和空間であります。
まるで茶道をたしなむ茶室のような風情で身が引き締まる思いです。

龍安寺西源院店内1.JPG

龍安寺西源院店内2.JPG

店内客室外の縁台からは日本庭園を間近に眺めることもできるので、
食後や配膳待ちの時にちょっと表に出てみるのも良いでしょう。
ちなみに化粧室の場所は縁台に出て奥に進んだ突き当りになります。

龍安寺西源院縁台.JPG

龍安寺西源院縁台から眺める庭園.JPG

卓上の火鉢で湯豆腐を煮て温めながら楽しむのだろうと思っていたら、
境内内の客席は火事防止のため火気厳禁なのだそうで、
何とこの火鉢はイミテーションだそうです。
従って、湯豆腐は厨房で加熱調理された状態で運ばれて参ります。

龍安寺西源院店内卓上火鉢.JPG

龍安寺西源院七草湯豆腐1.JPG

今回は奮発して「精進料理 七草湯豆腐付き」というセットメニューを
せっかく来たのだからと注文してみました。

龍安寺西源院精進料理七草湯豆腐付メニュー写真.JPG

龍安寺西源院精進料理.JPG

個人的には、今まで言って湯豆腐という料理を特に美味しいと思った事は
はっきり言って一度もありませんでした。
暖めた豆腐と野菜をポン酢で食べるだけの料理という位置づけで
特に味がどうのという物ではないと感じていたのです。
ところがそんな私の湯豆腐に対する固定観念は、西源院の湯豆腐を食べて
コペルニクス的転換を強いられることになったのです。

龍安寺西源院七草湯豆腐2.JPG

京都龍安寺名物西源院の湯豆腐は、とても美味しいのです。
とにかく箸が止まらなくなるほど美味しくて、止められない止まらない!
ただの茹でた豆腐と野菜が何故にこれほどまでに旨いのか?
つけだれにその秘密の一端があるのかもしれませんが、とにかく旨い。

龍安寺西源院七草湯豆腐つけだれ.JPG

お上品に薄味の湯豆腐で雰囲気を楽しむだけでしょ?なんて高をくくると
度肝を抜かれること間違い無しの京都龍安寺名物西源院の湯豆腐。
やはり京料理は侮れないなという思いを新たにした湯豆腐体験でした。
お値段の方も湯豆腐だけなら一人前1,500円(2013年1月末現在)と、
京都の観光地値段としてはお手頃価格なので、京都旅行で龍安寺へ行った際は
是非、名物の絶品七草湯豆腐を食べてみてください。



ぴょんぴょん舎盛岡駅前店で焼肉ランチ・冷麺・生マッコリを体験してきました


ぴょんぴょん舎盛岡駅前店へ行き、焼肉ランチを食べた際、
冷麺を追加で食べ生マッコリを呑んできました。
ぴょんぴょん舎は社長のピョンさんが始めた焼肉屋なので
社長のピョンさんの名前にちなんで「ぴょんぴょん舎」になった
というのが店名の由来だそうです。
ぴょんぴょん舎は岩手県盛岡市を中心に、仙台市、関東へも進出し
支店展開をしている冷麺と生マッコリが有名な焼肉店です。
今回は盛岡へ旅行したついでに、ぴょんぴょん舎盛岡駅前店へ行き、
本場の冷麺と生マッコリを堪能しようと出かけてみたわけです。


冷麺を食べる前に、名物の生マッコリを堪能するためにも、
おつまみも兼ねてせっかくだから焼肉も食べよう、という事になり
焼肉ランチとして定番のロース、カルビ、ハラミを注文しました。

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店カルビとロース.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店ハラミ.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店肉焼きグリル.JPG

Seng(セン)と名付けられたぴょんぴょん舎の名物、生マッコリは、
通常の瓶詰めマッコリよりも炭酸がきつく発泡感が強いです。
口中や下にピリピリと感じる刺激が非常にフレッシュな感じで
爽やかな風味が感じられ、まさに「生マッコリ」という感じ。
日本酒の月の桂(濁り酒)にも近い風味が感じられるSeng(セン)は
普通のマッコリがまどろっこしくて苦手な方にもお勧めできる
平成23年度いわて特産品コンクール岩手県知事賞受賞の逸品ですよ。

ぴょんぴょん舎生マッコリSeng(セン).JPG

生マッコリSeng(セン)と焼肉である程度お腹を満たした後は、
いよいよぴょんぴょん舎の本場仕込み冷麺の登場であります。
ぴょんぴょん舎の冷麺は、具にゆで卵、焼豚、生りんご、オイキムチ
という構成で、澄んだスープの中に透明感のある麺が鎮座しております。

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺.JPG

ぴょんぴょん舎の冷麺の麺は透明感のある白いタイプの冷麺で、
適度なコシがありながらもしなやかな食感で喉越しも抜群でした。

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺の麺1.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺の麺2.JPG

ぴょんぴょん舎は、盛岡市内に数店舗の支店展開を行っている他、
東北では仙台市の三井アウトレットパーク仙台港2階フードコート、
関東圏では埼玉県三郷市のららぽーと新三郷2Fみさとキッチンと、
神奈川県川崎市ラゾーナ川崎プラザ1階ダイニングセレクション、
東京では銀座ギンザグラッセ11階に「GINZA UNA」として、
東京スカイツリータウン・ソラマチ6階に「Te-su(テェス)」として
それぞれ支店を出店していますので、盛岡市まで足を運ばなくても
本場盛岡の冷麺とぴょんぴょん舎名物の生マッコリSeng(セン)を
手軽に楽しむことができますよ。


 ⇒ 岩手県盛岡から直送!!送料無料!!(送料込み)盛岡冷麺(ぴょんぴょん舎)20食セット(2食入×10...

なお、ぴょんぴょん舎の本場盛岡冷麺はネット通販でも送料無料で
お取り寄せ購入が可能ですので、是非ご自宅でも本場盛岡冷麺を
ぴょんぴょん舎の味で楽しんでみてくださいね。

北海道留萌市の丸喜寿司(まるきずし)にすしを食べに行ってきました


北海道留萌市の丸喜寿司(まるきずし)に行って
北海道の海の幸をネタにしたお寿司を食べてきました。
丸喜寿司は留萌市中心街の外れにあり、今回宿泊したホテル
ホテルニューホワイトハウスから徒歩2〜3分の場所にあります。


北海道留萌市丸喜寿司入口.JPG

留萌市生まれの丸喜寿司店主・伊藤幸博氏は、東京足立区と向島の鮨政にて
6年間の修行の末、江戸前の鮨の技術を習得の後に留萌にて丸喜寿司を開業。
ふぐ調理資格者でもある丸喜寿司店主・伊藤幸博氏は、毎日の仕入れの際は
自ら港や市場に足を運び、自分の目で確かめて吟味した食材のみを仕入れる
というこだわりの姿勢で本格江戸前鮨を握り続けているそうです。
北海道内でも豊富な海産物に恵まれた地元留萌管内ならではの素材、
たこ、ひらめ、帆立、いか、えびなどの新鮮なネタによる鮨は絶品との評判。
しゃり米も100%を最近評価がうなぎ上りの北海道米使用とすることで、
鮨の世界での地産・池消を実現しているともいえる人気のお寿司やさんです。
それでは留萌丸喜寿司でいただいた北の味覚の一端をご紹介。
まずは北海道ならではの魚、八角(ハッカク)の味噌焼きでございます。
あまりに美味しそうで、撮影前にうっかりパクッと齧ってしまいました。
すみません。。

丸喜寿司八角の味噌焼.JPG

丸喜寿司の江戸前にぎり鮨は、小体でオーソドックスな見た目ながらも、
ネタにはしっかりと北海道ならではの食材で主張しております。

丸喜寿司江戸前握り鮨.JPG

丸喜寿司のある留萌管内には羽幌町という甘エビの名産地を擁しており、
当然ながら羽幌産の新鮮な甘エビ(ホッコクアカエビ)も鮨ネタとして
江戸前鮨の握りの中に入っております。
プリップリに甘いんだな、これが♪

丸喜寿司羽幌産甘エビの握り.JPG

北海道はエゾアワビという小型の北海道産アワビも名産品のひとつ。
型は小ぶりでも北海道ならではの良質な海草を食べて育っているため
磯の香りと味わいが凝縮した濃厚な味わいですよ。

丸喜寿司蝦夷アワビの握り.JPG

この他、色々と食べたのですが、北国の日本酒で記憶が飛んでしまい、
写真撮影もそこそこに酔っ払ってしまっていたようです。
豊富な海産物が名物の留萌市に行ったら、留萌管内の味を堪能しに
是非、丸喜寿司を訪れてみてくださいね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。