スポンサードリンク

宮若市の和食店一三吾(いさご)でふぐのフルコースを食べてみた


福岡県筑豊宮若市にある海鮮料理と和食の料理店一三吾(いさご)
へ行き、ふぐのフルコースを食べヒレ酒を飲んできました。
ふぐ料理は福岡と関門海峡を挟んだ山口県下関市が本場として
有名ですが、そのブランド価値の分お値段も高い超高級料理です。
一方で近隣の福岡県や大分県は、水揚げ場所が同じふぐでも
地元価格のお手頃価格で安くふぐを楽しめると聞いて、
宮若市の脇田温泉に宿泊したついでに、宮若在住の知人に連れられ
海鮮料理と和食の料理店一三吾へふぐフルコースを食べに行ったのです。

宮若市和食店一三吾(いさご)入口.JPG


福岡県宮若市福丸157-5

宮若市の和食料理店一三吾の店内は活魚水槽のあるカウンター席と
テーブル席の他に十人程度が収容できる畳敷きの和室もあります。

宮若市和食店一三吾(いさご)店内.JPG

今回は大人数だったので和室での宴会となりました。
まずは「てっさ」の呼び名でも知られるフグ刺身でスタート。
ふぐ皮の湯引きも添えられ丸々一匹分のボリュームで一人前です。
これなら心置きなく、フグ刺し4〜5枚を箸で一気にすくい食べる
という憧れの贅沢な食べ方も一人で何度もできちゃいます。
っていうか、この分量だとチマチマ食べてたら刺身が乾いちゃいますから
遠慮せずに豪快にいきまっしょい、ググ〜っとね♪

宮若市一三吾ふぐ刺身1.JPG

宮若市一三吾ふぐ刺身2.JPG

宮若市一三吾ふぐ皮湯引き.JPG

ふぐ料理を楽しむならお酒はやっぱりふぐヒレ酒でしょう!
という事で、熱々のふぐヒレ酒を注文してみました。
ふぐヒレ酒の香りを際立たせ口当たりをまろやかにするため、
蓋をして運ばれたヒレ酒は、蓋を開けた瞬間にマッチの火をかざし
フランベ状態にしてからいただくのが筑豊流作法との事です。
このふぐヒレ酒、香ばしく極上の風味で何杯でも飲めてしまうのですが、
一杯毎にフグのヒレを取り替えるという贅沢な飲み方で感激しました。

宮若市一三吾ふぐヒレ酒.JPG

さて、料理の続きですが、こちらは肝の湯引きでしょうか。
お味は淡白でねっとりレバーパテのような食感がまろやかです。
何の魚の肝か忘れましたがタラだったかな?美味しかったです。

宮若市一三吾魚の肝湯引き.JPG

次はふぐ白子焼きのレモンスライス添えです。
中が半生状態に焼かれたフグ白子はトロリとクリーミーで、
精がついて元気になりそうな濃厚なお味でした。

宮若市一三吾ふぐ白子焼き.JPG

揚げ物はフグの身のから揚げです。
フグの身は魚臭さは全くなく鶏肉のような風味と食感です。
この辺りが古くから毒を制してでも人を食に向かわせる
フグならではの魅力なのでしょう。

宮若市一三吾ふぐから揚げ.JPG

コース料理の最後は鍋物です。
「てっちり」の呼び名で親しまれているフグちり鍋です。

宮若市一三吾ふぐちり鍋.JPG

そして締めは「てっちり」で出た出汁で作るお約束のご飯物
ふぐ雑炊でふぐフルコースの終了であります。

宮若市一三吾ふぐ雑炊.JPG

この一三吾のふぐフルコース、この品数とボリュームで
2015年1月の訪問時で何と一人前8,000円とのこと(ヒレ酒は別料金)。
値段の相場はふぐの水揚げ状況など季節などにもよるのでしょうが、
まさに驚きの低価格であります。
本場山口周辺のフグを安くお得に食べたい方は、ちょっと足を伸ばして
筑豊宮若辺りまで行くと、フグ料理の穴場が見つかると思いますよ。



出雲ロイヤルホテルで山陰島根出雲の旬の味覚ディナーコースを食べてきました


島根県の出雲ロイヤルホテルに宿泊に行った際、ホテル料理長お勧めの
山陰島根出雲の海の幸山の幸の旬の味覚をふんだんに使った
和洋コースディナーを食べてきました。
出雲ロイヤルホテルはJR出雲市駅から車で五分ほどの立地にあり、
山陰出雲地区に滞在する際に観光ビジネスの拠点宿泊地とするのに
便利なロケーションの手頃なシティーホテルです。

 ⇒ 出雲ロイヤルホテルの宿泊体験記はこちらから♪

それでは、早速、出雲ロイヤルホテル料理長が腕をふるった
山陰島根出雲の海の幸山の幸の和洋コースディナーのご紹介を。
まず、
先 付 出雲地区地産野菜の和え物
酢の物 胡瓜、紅白なます、蟹棒の酢の物
前 菜 あご野焼
造 り 旬魚引き造り
が角盆に乗せられて供されます。

出雲ロイヤルホテルディナー先付お造り.JPG

北陸から山陰地方に繋がる日本海には非常に豊かな漁場があり
魚介類などの海の幸の美味しさは特筆すべきものがあります。
特に刺身にすると太平洋側の魚との味の差は歴然としていて、
太平洋側の魚の刺身の味わいが泥臭く感じてしまうほど、
日本海側の魚の刺身は淡泊ながらも上品な甘さと旨味をたたえています。
その極上の刺身を出雲地区名産の甘みのある古式醤油で味わうと
それはもう極上の味覚体験となるのでありました。

出雲ロイヤルホテルディナー蟹酢の物.JPG

出雲ロイヤルホテルディナー旬魚引き造り.JPG

吸い物としては海老真丈に旬菜をあしらったお椀が供されます。

出雲ロイヤルホテルディナー海老真丈吸い物.JPG

焼き物は山陰地方の誇る高級魚、のどぐろの塩焼きであります。
のどぐろは関東地方では別名アカムツと呼ばれる高級魚ですが、
一般的にはあまり馴染みのない魚で、主に関西方面でのどぐろの名で親しまれている魚です。
焼いても煮ても美味しい白身の魚で、上品な淡泊な味わいと
しっとりと脂の乗ったコクのある旨みで東北のキンキに近い味わいなのではないかと個人的には思います。
白身のトロとも呼ばれる味わいは、プロテニスプレーヤーで
島根県松江市出身の錦織圭選手が全米オープンテニスで準優勝
という快挙を成し遂げた後に帰国した際に、まず「食べたい」
と言ったほど、山陰地方の地元民に親しまれているご馳走なのです。

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き1.JPG

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き2.JPG

この日ののどぐろの塩焼きには貴重な肝の部分も付属していて
しっとりとして淡泊ながらも上品な脂と甘みの感じられる
のどぐろの白身の美味しさを十分に堪能することができました。

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き肝.JPG

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き身.JPG

次は洋物として島根和牛リブステーキ和風ソースであります。
口の中で溶けてしまうような融点の低い上品な脂のサシが入った
島根和牛リブステーキに大根おろしの和風ソースが絡むことで
さっぱりとした後口のアクセントが爽やかな味わいです。
肉も熟成が効いていて和牛の旨味を十分に堪能できました。

出雲ロイヤルホテルディナー島根和牛リブステーキ.JPG

蒸し物はアマダイの蕪蒸しです。
京都方面ではぐじと呼ばれ一夜干しで珍重される甘鯛ですが、
日本海で繋がる山陰地方でも愛されている高級魚なのです。

出雲ロイヤルホテルディナー甘鯛蕪蒸し.JPG

締めは名物出雲そばと、留碗として、神西湖の大蜆を使った
お味噌汁による食事です。

出雲ロイヤルホテルディナー出雲そば.JPG

島根県で蜆というと七珍のひとつ宍道湖産の蜆が有名ですが、
地元では出雲神西湖の蜆が型も大きくて高級品なのだそうです。
山陰地方の豊かな海の幸と島根和牛などの旬の味覚が楽しめる
出雲ロイヤルホテルであなたも是非お食事を楽しんでみられてはいかがでしょうか。



 ⇒ 出雲ロイヤルホテルの詳細・ご予約はこちらから♪

南あわじ福良の阿吽(あうん)へ鯛そうめんを食べに行ってきました


淡路島南端にある漁港町、南あわじ市の福良にある料理店
阿吽(あうん)へ鯛そうめんなどの瀬戸内の海の幸を食べに行ってきました。
瀬戸内海で採れたてたてのキトキト超新鮮な魚介類を
手頃な値段で楽しめる海鮮割烹の料理店あわぢ阿吽(あうん)は、
福良漁港のすぐ近くにあります。


兵庫県南あわじ市福良甲1528-25
南あわじ阿吽(あうん)は瀬戸内の天然真鯛を使った鯛料理が
名物メニューになっていて、特に鯛そうめんが人気のようです。
鯛そうめんや鯛ほうろく、鯛しゃぶをあしらったコースは
季節を問わず通年で味わうことができて人気です。
今回は鯛そうめんを中心としたコース料理にチャレンジです。

あわぢ阿吽タコの酢の物.JPG

あわぢ阿吽ふぐ皮の酢の物.JPG

この日の南あわじ阿吽(あうん)の鯛めんコースの付き出しは
タコの酢の物とふぐの皮のポン酢です。
ふぐ料理は10月〜3月の秋冬の季節コースとして用意されていて、
夏の6月〜9月は、はも料理にとってかわられるようです。
歯応えのある蛸とコリコリの食感のふぐ皮の千切りがたまりません。

あわぢ阿吽刺身盛り合わせ.JPG

あわぢ阿吽ふぐ刺身.JPG

あわぢ阿吽鯛刺身.JPG

あわぢ阿吽あわび酒蒸し.JPG

あわぢ阿吽エビ刺身.JPG

お造りはふぐ、鯛、鮑の酒蒸しに海老といったラインアップ。
海老は何という種類か聞き忘れましたが、甘エビとは違う、
瀬戸内の地の物といった感じの見事な中型の海老でした。

あわぢ阿吽鰆塩焼き.JPG

あわぢ阿吽てんぷら盛り合わせ.JPG

鰆の焼き物、天ぷらの盛り合わせを挟んで出てきたのは、
あわぢ阿吽の看板メニューともいえる鯛そうめんです。
大きめのほうろく鍋に見事な瀬戸内産天然真鯛が一匹丸ごと
どーんと入れられ鯛の出汁がたっぷりつまった潮汁に泳ぐ
南あわじ特産のそうめんが何とも優しい味わいです。

あわぢ阿吽鯛そうめん.JPG

なお、南あわじ特産の手延べそうめんはネット通販でお取り寄せもできますよ♪
⇒ 淡路手延べそうめん 淡路糸 4kg箱【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

ご飯ものはあわぢ阿吽の看板メニューのひとつ釜飯で、
鯛釜飯とたこ釜めしの2種類を味わうことができました。
ふっくらと程よい硬さの炊き加減のご飯には、
鯛やタコから出る旨みが染み込んで絶妙な優しい味わいです。
なお、あわぢ阿吽の釜めしメニューには、これらの他に
あなご釜めし、いか釜めし、さざえ釜めし、ウニ釜めし、アワビ釜めし
など、瀬戸内の海の幸を具材に使ったバリエーションが楽しめますよ。

あわぢ阿吽鯛釜飯.JPG

あわぢ阿吽たこ釜飯.JPG

南あわじに行かれた際には、福良にある海鮮料理店あわぢ阿吽で
是非、瀬戸内の海の幸の味覚を楽しんでみてください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。