スポンサードリンク

日本海産のどぐろ釜飯の素でのどぐろ入り炊き込みご飯を食べてみた


「のどぐろ」という魚の呼び名は、主に日本海側での呼称であり、
他の地域では一般的にアカムツと呼ばれている魚です。
特に「のどぐろ」と呼ばれる北陸から山陰地方にかけて人気があり、
島根県松江市出身の世界的なテニスプレイヤー錦織 圭も大好物とか。
錦織 圭が帰国後に真っ先に食べたい物として真っ先にノドグロを挙げた
というのは、もはや日本中で有名なエピソードとなっているようです。

のどぐろ釜飯の素パッケージ.JPG

その錦織 圭のお陰で全国的に知名度が上がったともいえるノドグロは、
別名「日本海の赤い宝石」とか「白身魚のトロ」と呼ばれて珍重されている
北陸〜西日本の代表的な高級魚です。
白身魚である上に上品な脂が乗っているという点を考えると、
北国で珍重されるキンキのような存在ともいえるかと思います。
上品な白身魚なので、煮付け、塩焼きなど調理法を選ばないという点も、
キンキと似ているものでありますが、最近の知名度上昇の機運を捉えてか、
「のどぐろ釜飯の素」なる炊き込みご飯の素も土産店で売られるようになったので、金沢旅行に行ったついでに早速買ってきて調理し食べてみました。

のどぐろ釜飯の素パッケージ背.JPG

今回金沢で買った「のどぐろ釜飯の素」は、日本海産のどぐろ使用という事で、
まさに本場ののどぐろを材料で使用している事を謳っております。
箱裏面のラベルを見ると、販売メーカーは島根県松江市の(株)みやげ山海という事で、正に錦織 圭の地元が製造元であります。
旅行先の金沢とは関係ないしちょっと距離の離れた遠方ではありますが、
日本海で繋がっているのでその辺りは気にしない事にしておきます。

のどぐろ入り炊き込みご飯1.JPG

「のどぐろ釜飯の素」の調理法は、炊飯器に生米と一緒に入れて炊き上げる
というまさに炊き込みご飯の素タイプであります。
炊き上がりはこのように、のどぐろの切り身の小片が多数混ざっており、
のどぐろの風味を楽しむことができますよ。

のどぐろ入り炊き込みご飯2.JPG

日本海沿岸に旅行に行ったなら、旅のお土産に、
のどぐろ釜飯の素を是非お買い求めになってはいかがでしょうか。



滑川かじやばしで富山湾を眺めながらランチを食べてきました


富山県滑川市の滑川市民交流プラザ内にオープンした
レストランかじやばしへ行ってランチを食べてきました。
かじやばしはスカイレストランを自称するだけあって
展望台下4階にあり店内の窓側から富山湾を一望できる
とても景色の眺めが素晴らしくいいレストランです


富山県滑川市吾妻町426

かじやばしは創業100年以上という滑川の老舗の鮮魚店が
直営店として始めた和食海鮮料理レストランです。
老舗鮮魚店直営店ならではの滑川漁港獲れたて直送の
キトキト超新鮮な旬の魚介類と地元富山の食材を活かした
特別なコース料理も用意されていますので、ランチは勿論、
会食や宴会など幅広いニーズに対応してくれますよ。

滑川かじやばし入口.JPG

滑川市民交流プラザ内かじやばしの店内は
富山湾を一望できるウインドウに囲まれて明るく開放的。
客席はオープンスペースのテーブル席で気軽に立ち寄れる
カジュアルさも魅力のひとつといえるでしょう。
なお個室(利用料別途)の和室も用意されています。

滑川かじやばし店内.JPG

かじやばし店内の窓からは滑川市内の街並みと
その先に広がる富山湾の美しい光景が食事をしながら楽しめます。

かじやばし店内から眺める富山湾.JPG

今回のかじやばしの富山湾海鮮ランチ会席コース料理は
特別に事前予約をして滑川の海の幸をこれでもかと盛り込んだ
料理長自慢の特別注文料理でございます。
サラダ、滑川名物ボイルホタルイカの酢味噌和えに
滑川漁港直送の新鮮なお刺身のお造りと地魚の握り寿司、
旬の食材のてんぷら、そば、デザートという会席フルコースに
茹でたボイル紅ズワイガニが蟹味噌付きでどーんと付いてくる
というまさに富山湾の海の幸づくしの海鮮グルメランチ。

かじやばし海鮮ランチコース定食.JPG

かじやばしそば.JPG

かじやばし茹で紅ズワイガニ.JPG

お刺身のお造りは鮪中トロにサーモン、寒ブリ、ボタンエビ
そして滑川名物ホタルイカのお刺身もついていて、
まさに獲れたて新鮮キトキトの絶品のお味でございます。

かじやばし刺身盛り合わせ1.JPG

かじやばし刺身盛り合わせ2.JPG

ボイルホタルイカの酢味噌和えは、さすがに活きホタルイカを
ボイルした茹でホタルイカとは食感は異なりますが、
新鮮さを十分に味わえるワタの旨味が楽しめる逸品です。

かじやばしボイルほたるいか.JPG

握りずしも日本海ならではの清冽な白身魚ネタを中心とした
富山湾の海の幸の粋を集めた出来栄えでお口の中でとろけます。

かじやばし握りずし1.JPG

かじやばし握りずし2.JPG

旬の食材の天ぷらに滑川名産ホタルイカの天ぷらもあり、
滑川ならではのネタを活かした珍しい天ぷらを味わえました。

かじやばしホタルイカ天ぷら.JPG

茹で紅ズワイガニも大きさも十分な大型サイズの蟹で、
身もたっぷりつまり蟹味噌も豊富で食べ応え十分でした。

かじやばし茹で紅ズワイガニ.JPG

富山湾の美しい景色を眺めながら滑川漁港直送の新鮮な魚介類を
手ごろな価格とリラックスした雰囲気で気軽に楽しめるレストラン
滑川市民交流プラザ4階のかじやばしは人気も高いようで
休日の昼などは満席になる事も多いので、是非、事前予約をして
富山湾の海の幸を堪能しに行ってみてください。

滑川パノラマレストラン光彩でホタルイカのディナーコースを食べてみた


富山県滑川市のパノラマレストラン光彩へ行き、滑川名物
ホタルイカのフルコース料理をディナーで食べてきました。
滑川のパノラマレストラン光彩は、滑川漁港に隣接する
ほたるいかミュージアム2Fにあり、店内から富山湾の景色を一望できる絶景のパノラマレストランとして人気です。
ほたるいかミュージアム1Fは、滑川ほたるいか海上観光の
遊覧船乗り場にもなっていてまさにホタルイカの総本山といった場所ともなっています。


富山県滑川市中川原410 ほたるいかミュージアム 2F

富山県滑川市のパノラマレストラン光彩は滑川漁港に隣接する
という立地を生かし富山湾で獲れた新鮮とれたてキトキトの
日本海の魚介類の海の幸を味わえる海鮮レストランです。
新鮮な食材を生かしたお刺身や和食はもちろん洋食メニューも
豊富に揃っていて、名物ホタルイカのペペロンチーノやピッツァ
といったメニューも人気なので、老若男女年齢を問わず
幅広い年齢層の方々がお客様として訪れているようです。

滑川パノラマレストラン光彩入口.JPG

富山湾の景色を一望できるパノラマレストラン光彩の店内は
開放感あふれる吹き抜けの作りになっています。
来店時はちょうど夕暮れ時だったため、富山湾の水平線に沈む
きれいな夕日のサンセット風景を楽しむことができました。

滑川光彩から眺める富山湾の夕日サンセット風景.JPG

それではパノラマレストラン光彩のホタルイカづくしの夕食
ホタルイカのディナーフルコースをご紹介いたします。
ディナーフルコースといっても今回は和食メニューであります。
まず先付はホタルイカを中心とした海鮮の盛り合わせです。

滑川光彩先付海鮮盛り合わせ.JPG

海鮮盛り合わせは、向かって左からホタルイカの沖漬いくら添え、
白身魚の昆布締め、干しホタルイカ、富山名物ますの寿司という
滑川と富山湾の代表的食材を集めた四点盛りであります。

滑川光彩ホタルイカの沖漬いくら添え.JPG

滑川光彩白身魚の昆布締め.JPG

滑川光彩干しホタルイカ.JPG

こちらは白身魚の梅肉添えとヤマゴボウの小鉢になります。

滑川光彩白身魚の梅肉添えとヤマゴボウ.JPG

お造り盛り合わせは、富山湾の代表的な名物鮮魚の五点盛り。
富山湾は水深が深くその海底から立山連峰から地中を流れる
海洋深層水が湧き出ている事から、豊かな漁場となっており、
良質の魚介類が豊富なことでも知られています。
そんな富山湾の選りすぐりの海の幸をご覧あれ。

滑川光彩刺身盛り合わせ.JPG

向かって左から、寒ブリ、ホタルイカ、ボタンエビ、白身魚、
貝の剥き身という新鮮な魚介の刺身のオンパレードであります。
富山湾に限らず、日本海側の魚介類の刺身は味が清冽で、
太平洋側の魚介の刺身が泥臭く感じてしまうほどの極上の味わい。
機会があれば是非一度ご賞味いただきたいと思っています。

滑川光彩寒ブリの刺身.JPG

滑川光彩ホタルイカボタンエビの刺身.JPG

滑川光彩白身魚と貝むの刺身.JPG

こちらはおひとり様用鍋でいただくブリのしゃぶしゃぶです。

滑川光彩ブリしゃぶセット.JPG

滑川光彩ブリしゃぶの具.JPG

ブリしゃぶとはいえ、さすがは氷見を擁するブリの本場らしく、
しゃぶしゃぶ用のブリの切り身は厚さ5oを超える切り身ですが、
刺身用で生食も可能な新鮮なブリなので心配いりません。
さっと湯がいて半生のジューシーな状態で召し上がれ♪

滑川光彩ブリしゃぶ用ブリの切り身.JPG

滑川光彩ブリしゃぶ調理後.JPG

天ぷらは季節の地野菜アスパラガスに、地元富山湾名物の
白エビをすり身にして真丈にしたものを種に揚げた天ぷらです。

滑川光彩白エビ真丈天ぷら1.JPG

滑川光彩白エビ真丈天ぷら2.JPG

そして今回のパノラマレストラン光彩のディナーフルコース、
メインはやはりホタルイカ、しかも生きて動いている新鮮な
活きホタルイカのボイルであります。
活きた状態の新鮮なホタルイカは身や目の部分も透明感に溢れ
見るからに新鮮な活きのいい状態が一目で分かります。

滑川光彩ボイル前活きホタルイカ1.JPG

滑川光彩ボイル前活きホタルイカ2.JPG

そして何と、生きている状態のホタルイカということは、
ホタルイカの名の言われとなった発光状態が起こるということで、
店内を暗くして生きたホタルイカを器ごと揺すったり
つついたりして刺激を与えると、ご覧のように美しく青白い幻想的な光を放って発光するのでした。
まさか飲食店の店内のテーブルの上でホタルイカの光を楽しめるとは。
お店側の特別サービスに感謝です。
(店内照明を落とす関係上、個室以外の一般席では提供不可能なサービスです)。

滑川光彩活きホタルイカの発光1.JPG

滑川光彩活きホタルイカの発光2.JPG

発光器からの発光を楽しんだ後は、いよいよ生きたまま茹でられた
ボイル活きホタルイカの登場であります。
ボイルされた茹でホタルイカというと日本のあちこちで流通していて
珍しくも何ともないと思いがちですが、地元富山県滑川市では
最も美味しいホタルイカの食べ方は活きたホタルイカを茹でたもの
といわれていて、実際、地元で食べる新鮮な活きホタルイカのボイルは
一般的に出回っているボイルホタルイカとは一味もふた味も違います。
新鮮な活きたホタルイカをボイルして茹でたホタルイカは、
味わいがイカの甘みと味わいと香りが豊かで、ほのかな塩味があるので、
酢味噌や醤油などをつけなくてもそのままでいただけます。
むしろそのまま何もつけずに食べた方が、海水の自然な甘みがあり
富山湾の海洋深層水に育まれた海の天然ミネラルを満喫できるでしょう。
そして、活きたホタルイカをボイルして茹でたホタルイカは、
その見た目の外見も普段見慣れたホタルイカとは全く違います。

滑川光彩ボイル活きホタルイカ1.JPG

胴体の身の部分がはちきれんばかりにプリプリで足の部分がしっかりと
形良く巻かれているのもなのも勿論ですが、目の部分の飛び出し方が
ちょっと見たことがないくらい尋常ではありません。
まるで宇宙人、エイリアン、もしくはその姿を模したのではとの説もある
縄文時代の土器の土偶にも似た異形のそのルックスは、欧米の世界で
イカが悪魔の魚デビルフィッシュと呼ばれているのも頷ける形相です。

滑川光彩ボイル活きホタルイカ2.JPG

地元滑川の方によると新鮮なホタルイカほど加熱すると目が飛び出る
とのことなので、ホタルイカの鮮度の見分け方として、茹でたものは
目の飛び出し方で判断すると良いようですね。
ホタルイカ漁は春先からGW頃位までが最盛期で旬の時期ですので、
滑川パノラマレストラン光彩で、富山湾の旬の味覚と新鮮な魚介類を
是非味わってみてください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。