スポンサードリンク

金沢の兼見御亭(けんけんおちん)でランチに治部煮を食べてみた


金沢兼六園手前のお食事処&お土産店「兼見御亭(けんけんおちん)」の
2階「夕月亭」に金沢名物おちん箱料理のランチコースを食べに行ってきました。



兼見御亭(けんけんおちん)の提供する金沢料理は、
料理マイスターの称号を持つ総料理長の榎本桂次さんが、
地元金沢の食材をふんだんに利用して織り成される事で人気です。

兼見御亭夕月亭総料理長の榎本桂次氏は、
自らの持つ日本料理の優れた技能と併せて、
後進の育成や技法の伝承に熱心な技能士が受賞する、日本全国でも数少ない
「料理マイスター」の称号を持つと同時に、厚生労働大臣賞受賞の経歴を持つ
日本料理界でも有名な料理人です。

日本料理の伝統としきたりを守りつつも、関西料理の調理法を取り入れた
創作料理や懐石料理の研究開発において石川県下の第一人者の料理長が、
能登半島の新鮮な海の幸と加賀野菜といった金沢ならではの食材を駆使し、
様々な会席料理メニューを提供しているとのことです。

今回のランチメニューは、加賀友禅・名物 おちん箱料理であります。
おちん箱とは、加賀百万石・前田のお殿様が「兼六園」での園遊の際に持参した
お弁当をイメージした三段の朱塗りの箱に料理を段重ねにしたもので、
お箸を縦に差し込んで料理が落ちるのを防ぐという工夫がなされています。

加賀友禅・名物おちん箱料理.JPG

「一の段」日本海の恵盛り合わせ、「二の段」山海の炊き合わせ、
「三の段」は旬菜の盛り合わせ、そして金沢名物の郷土料理「治部煮」と、
ご飯・汁物・香の物というラインアップでございます。

兼見御亭おちん箱料理の中身.JPG

金沢名物の郷土料理「治部煮(じぶに)」とは、肉類に鴨肉や鶏肉を用い、
専用ののすだれ麩やしいたけ、野菜と煮た金沢を代表する郷土料理で、
あんかけのようなトロミのある汁の椀物であります。
どこか京料理にも通じるような上品な身も心もホッとする味わいでした。

兼見御亭の治部煮.JPG

兼見御亭夕月亭では、他にも、金沢市内の清流犀川・浅野川でとれる
珍しいかじかの一種「鮴(ごり)」を使用した料理や、
婚礼などの祝肴として食される「鯛の唐蒸し」といった伝統的な金沢料理も堪能することができるそうです。

1階売店には、金沢の和菓子・地酒・お麩をはじめ、金箔や輪島塗、加賀友禅など
金沢の歴史を伝える伝統工芸品や、金沢限定のこだわりのおみやげなどを
多数取り揃えていますので、金沢のお土産選びに活用してみてください。



日本海産ホタルイカ釜飯の素でホタルイカ炊き込みご飯を食べてみた


金沢旅行へ行った際に、金沢駅でホタルイカ釜飯の素をお土産に購入し、
自宅でホタルイカ炊き込みご飯を作って食べてみました。
富山湾は日本の湾のなかでも水深の深さと魚の豊富さで知られていて、
今回の具のホタルイカも、富山湾の名産品のひとつです。

ホタルイカ釜飯の素.JPG

ホタルイカの漁期は2月から5月頃までの期間で、
富山湾の滑川では、夜間に行われるホタルイカ漁を鑑賞する、
ホタルイカ漁観光船が就航されています。

 ⇒ 滑川ほたるいか海上観光船に乗ってホタルイカ漁を見物してきました

生のホタルイカを冷凍せずに調理して賞味できるのは、
ホタルイカ漁期の僅かな期間のみになりますが、釜飯の素にする事で、
季節を問わず手軽にホタルイカの風味を楽しむ事ができるという訳ですね。

日本海産ホタルイカ釜飯の素で作ったホタルイカ炊き込みご飯には、
ホタルイカが一匹丸ごとの形で何杯も入っています。
その事により、関西風うす味に仕上げたという触れ込みではありますが、
意外とイカの出汁が濃く出ていて、濃い目の味付けに感じました。

同じ釜飯の素でも、同じく富山湾名産の白えびの場合、その小型の体型から、
通常の海老よりも風味が淡白な傾向にありましたが、
ことイカの場合は逆になる傾向があるようで、特にホタルイカの場合、
その濃厚な肝の風味が全体の味わいに大きな影響を与えているようです。

ホタルイカ炊き込みご飯は、函館イカ飯の中身にも似た味わいであり、
イカの風味が好きな方にはお勧めの海鮮釜飯の素といえるでしょう。

富山湾産白えび釜飯の素で白えび炊き込みご飯を食べてみた


金沢旅行へ行った際に、金沢駅で白えび釜飯の素をお土産に購入し、
自宅で白えび炊き込みご飯を作って食べてみました。
富山湾は日本の湾のなかでも水深の深さと魚の豊富さで知られていて、
今回の具の白えびも、富山湾の名産品のひとつです。

白えびの正式な読み方は「シラエビ(白海老)」といって、
太平洋沿岸のサクラエビと同様、深海に生息する小型種の海老です。

富山湾岸では、地元の利を生かし、採れたての白えび(シラエビ)を、
鮮魚として刺身や天ぷらで堪能することが広く行われている他、
せんべいなど加工品にも広く利用されています。
実際、白えびせんべいは、金沢駅のお土産品コーナーでも人気の品で、
北陸を代表する味覚として人気を集めているようです。

そんな中、富山湾名物の白えびを使った炊き込みご飯の素が、
富山市「かね七」製造の富山湾産白えび釜飯の素というわけです。

白えび釜飯の素.JPG

富山湾の海の幸白えび(シラエビ)を、関西風のうす味出し汁で仕上げた
富山湾産白えび釜飯の素で炊き込みご飯を作ってみた結果ですが、
非常に上品な風味で、良くある海老の風味は殆ど感じません。

海老の風味が強く出た味がお好みの方は物足りないかもしれませんが、
元来白えび自体が極めて淡白な味わいの海老ですので、
素材の風味を生かすという視点では、このような味付けにならざるを得ないのだと思います。

富山湾の特産品である白えびを使用した白えび釜飯の素で
あなたも北陸の風味を満喫してみてください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。