スポンサードリンク

旭川空港ビル売店で北海道土産にホッケ鰊ししゃも鮭皮の珍味を購入


北海道富良野へ旅行した帰り道、旭川空港ビル内の売店で、
北海道土産を買おうと物色しました。
北海道土産というと色々な種類の名産名物の土産物がありますが、
豊かな北の海の幸で作られた珍味も北海道ならではのお土産です。
北海道の海産物珍味といえば、鮭トバやコマイ(氷下魚)など、
魚を寒風で干した冬葉(トバ)と呼ばれる珍味が有名ですね。
コマイ(氷下魚)はタラの仲間でカンカイ(寒海)とも呼ばれています。
余りメジャーではないけれど、姫タラや真鱈トバなんてのもありますよ。

 ⇒ たらとば 北海道産 《食べ応え十分!ロングサイズのタラトバ》


 ⇒ 姫さま、若さま一夜干したべたら 500g【生干し姫タラ 北海道産】(タラの干し物)

そのように北海道ならではの珍味だった鮭トバやコマイですが、
最近は流通経路の発達で日本全国で気軽に食べられるようになりました。
最近ではスーパーコンビニでも当り前のように見かけますので、
サケトバやこまいが北海道名物の珍味だという事すら知らない人も
大勢いるのかもしれませんね。
そのようなわけで、今回の富良野旅行の北海道土産ですが、
日本全国で手に入るサケトバやこまいをわざわざ買っても仕方ない、
でも北海道ならではの海産物珍味が欲しいな〜という事で探してみました。

 ⇒ 北の海で獲れた鮭で造られた鮭とば噛むほどに鮭の旨みが滲み出る…っ!本年度の新物入荷!静か...

魚を寒風で干した珍味の冬葉(トバ)は、乾燥により旨味が凝縮され
噛めば噛むほどに独特の旨味が滲み出てくるのがたまりません。
何か珍しい魚を冬葉(トバ)風に仕上げた珍味はないかな?と探すと、
ありました!まずは北の魚ホッケの燻製という冬葉(トバ)風珍味です。

ホッケの燻製.JPG

ホッケといえば開きの一夜干しで食べるのが一般的のようですが、
北海道を始めとする北国では一匹丸ごとの姿売りも当たり前で、
様々な調理法で食べ親しまれているようです。
北国の大衆魚であるホッケは寒流の魚らしく脂が乗っているのが特徴で、
その燻製はちょっと甘しょっぱく味付けされています。
手や口の周りが脂でベトベトになりますが旨いんだな、これが。

ホッケの燻製アップ.JPG

似たような冬葉(トバ)風の珍味で鰊(ニシン)の燻製を見つけました。
鰊(ニシン)も数の子の親として有名な北国を代表する魚ですよね。
身欠きにしんとして、古くから保存食として親しまれてきた魚なので、
冬葉(トバ)風の干し魚の珍味にもバッチリ適合します。
鰊(ニシン)もホッケ同様、北の寒流の魚らしく身に脂が多い魚なので、
干した身を噛み締めると独特の旨味が感じられますよ。
こちらもホッケの燻製ほどではないにしろ、ちょっと甘みのある味付け。
ホッケや鰊(ニシン)の燻製は、最近では北海道物産展でも見かけますので
興味のある方は探してみてください。

鰊(ニシン)の燻製.JPG

お次は北海道広尾浜産寒干し若シシャモという珍味です。
シシャモというと日本全国、スーパーで安価なパック入りを見かけますが、
あれは実はアラスカ産のキュウリウオというモドキ食品なのです。
本物のシシャモは北海道でも現在では特定の河川でしか採れない貴重品。
柳葉魚(ししゃも)というだけあって、スーパーでみかけるキュウリウオより
姿形もずっと小ぶりで体色も茶色がかっているのが特徴です。

北海道広尾浜産寒干し若シシャモ珍味.JPG

本物のシシャモは大型で脂の乗ったキュウリウオよりは淡白ですが、
身に独特の香りと旨味があるとともに、やはり北国寒流に住む魚らしく、
こぶりな身の中にしっかりと脂を蓄えています。
脂の乗った北国寒流の魚を寒風にさらし干しして干物にする冬葉(トバ)
という調理法だからこそ味わえる北国の味覚が、小さな乾燥シシャモでも
しっかりと受け継がれていて存分に味わうことができますよ。
噛めば噛むほどに味わいが滲み出る珍味の傑作が乾燥シシャモです。

北海道広尾浜産寒干し若シシャモ.JPG

旭川空港の北海道土産のトリは「鮭のかわあげ」です。
元々、鮭の皮はビタミンB群の栄養分が豊富で、魚の旨味も濃いので、
珍味好きの方には隠れたファンが多かった食材なのですが、
そのサケの皮をから揚げスナック風にカリッと揚げることにより、
誰にでも食べやすいスナック風の珍味となったのです。

鮭の皮を揚げた珍味スナックかわあげ.JPG

北海道のおみやげ新作コンクール2010年最優秀賞(北海道知事賞)
の受賞も頷ける商品開発アイディアの勝利ともいえる商品ですね。

鮭のかわあげ.JPG

ちなみに、この「鮭のかわあげ」は羽田空港の売店でも売っています。
東京都心で珍味を始めとする北海道の名物名産品を探すなら、
JR新宿駅南口サザンテラスの広島ゆめてらす閉店後にオープンした
北海道産食品のアンテナショップ「もぐもぐパーク北海道」が便利です。
北海道の北国ならではの味覚を手軽に楽しめますので、
機会があったら是非、出かけてみてくださいね。



静岡県天城浄蓮の滝土産nunu(ヌーヌー)山葵パスタを食べてみました


クラブツーリズムの激安格安日帰りバスツアーに参加して
静岡県天城の浄蓮の滝を訪れた際、浄蓮の滝観光センターの売店で
地元静岡天城特産の本わさびを練り込んだ半生パスタ、
nunu(ヌーヌー)山葵パスタをお土産で買いました。

静岡県天城土産の半生パスタnunu(ヌーヌー)山葵パスタ.JPG

nunu(ヌーヌー)山葵パスタは、全国観光土産連盟が主催する
第46回全国推奨観光土産品審査会で全国商工会連合会会長賞
という栄誉ある賞を受賞した輝かしい実績を持っています。

全国観光土産連盟第46回全国推奨観光土産品審査会全国商工会連合会会長賞受賞.JPG

そもそも静岡県伊豆地方は本ワサビの産地として有名で、
中でも天城地区は本山葵産地としては本場ともいえる土地柄。
パスタにわさびが練り込んであっても何の不思議もない訳です。
静岡県天城土産の半生パスタnunu(ヌーヌー)山葵パスタは、
平打ちパスタでフェットチーネに近い形状です。
本ワサビの風味を殺さないためにも、パスタは冷製で、
ソースはシンプルにオリーブオイルと塩コショウで和えるだけ、
アクセントにジェノベーゼペーストをトッピングしてみました。

静岡県天城土産の半生パスタnunu(ヌーヌー)山葵パスタ冷製.JPG

静岡県天城土産の半生パスタnunu(ヌーヌー)山葵パスタの食感は、
シコシコとしたコシのある麺で乾麺でないにしてはまずまずです。
しかし、麺に練り込んであるといわれる本ワサビの風味については
殆どといっていいほど感じられませんでした。

静岡県天城土産の半生パスタnunu(ヌーヌー)山葵パスタ冷製麺.JPG

ただ、考えてみるに、麺自体に山葵の強い風味が付いていたら、
ソースとけんかしてパスタ料理として成り立ちにくくなるので、
わさびの風味は感じるか感じないか位で調度いいのかもしれません。
パスタ料理など麺料理でわさびの香りや風味を楽しみたければ、
むしろ麺ではなくソースに山葵を用いるべきでしょう。
そういった意味では、最近は便利なわさびソースが発売されており、
わさびパスタと一緒に食べるとお互いの味が引き立つかもしれません。

 ⇒ 【辛くないわさび!】 わさボーノ 100g (Wasa Buono)

COCORO no AKARIたまごのプリンを買って食べてみました♪


新装開店オープンした東京中野の丸井「中野マルイ」1階正面入口で、
通販お取り寄せで大人気のCOCORO no AKARI臨時出店店舗ブースを発見。
COCORO no AKARIといえば「たまごのプリン」とも言われるほど
通販お取り寄せで人気爆発のプリンブームを生み出した立役者であり、
普段は東京駅前の丸の内ビルディング(通称丸ビル)にある
「まるちか」スイーツに店舗を構えて人気を博しているのですが、
2011年3月15日から24日にかけての期間限定で中野マルイに出店。
当然ながら通販お取り寄せで大人気の「たまごのプリン」は、
連日売り切れ御免の品切れ完売状態ということです。
今回の私は来店が早かったためか運よく買うことができましたので、
「たまごのプリン」を食べた感想をレビューいたします。
COCORO no AKARIの「たまごのプリン」の特徴は、卵の名のとおり、
本物の卵の殻を利用したその形状が何といっても特徴です。
というか、商品ケース自体が生卵販売ケースそのままです(笑)。

COCORO no AKARIたまごのプリン商品販売ケース.JPG

COCORO no AKARIの「たまごのプリン」は1個単位のバラ売りはせず、
この6個1パック単位のセット売りになります。
値段は税込みで1パック1,260円です(2011年3月現在)。
COCORO no AKARIの「たまごのプリン」付属のカラメルシロップは、
高級和菓子で使用される高級砂糖「和三盆」が使用され、
プレーンとダークラムの香りのカラメルシロップとの2種類です。

COCORO no AKARIたまごのプリン付属カラメルシロップ.JPG

ケースを開けると、本物の生卵のような見事なビジュアルですね。
まさに「たまごのプリン」。それ以外表現のしようがありません。

COCORO no AKARIたまごのプリンケース内.JPG

COCORO no AKARIの「たまごのプリン」は原材料と製法にこだわり、
飼料も水もすべて天然のものを与え大切に育てられた鶏のたまごと
北海道産の美味しい牛乳と生クリームにバニラビーンズを使った、
とてもからだに優しいプリンということです。
原材料の牛乳や卵を産み出す乳牛やにわとりについては、
抗生物質やホルモン剤を使用せずに育てられ、飼料も無農薬、
遺伝子組み換え飼料は一切使わないというこだわりようです。

COCORO no AKARIたまごのプリン.JPG

実際に食べてみると、確かに、とっても優しい自然な味わいですね。
最初にカラメルシロップをつけずにプリンをそのまま食べてみると、
その優しい味わいと素材と製法の良さが良く分かりますよ。

COCORO no AKARIたまごのプリン表面.JPG

途中でカラメルシロップを垂らすと味にアクセントが出来て
また一味違った風味と美味しさを味わうことができます。

COCORO no AKARIたまごのプリンカラメルシロップ添え.JPG

残った卵の殻の容器、捨てるのが勿体無いほど綺麗で可愛いですね。
味とこの容器の形状のベストマッチングはアイデアの勝利です。
通販お取り寄せで大人気というのも頷けるスィーツです。
あなたも是非一度COCORO no AKARIたまごのプリンを体験してみては?

 ⇒ ひよこから、たまごのプリンがうまれるよ!ぷるんと!たまごプリン【簡単お菓子作り】【手作り】...
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。