スポンサードリンク

清水町うな繁で静岡三島うなぎの蒲焼・特上うな重を堪能する


静岡県三島市へ行き楽寿園や市内湧水ウォークを楽しんだ際、
昼食に三島名物の天然鰻を「うな繁」で食べてきました。
静岡県でうなぎといえば、浜松を思い浮かべるかもしれませんが、
鰻の本場、名産地として県内で有名なのは三島市なのです。
静岡県三島市の鰻が名産品・名物として有名な理由は、
三島市内のいたる所から湧き出す富士山の湧水にあります。
三島の富士山湧水・伏流水は昔から「化粧水」と呼ばれる名水で
分子が小さく酸素やバナジウムを多く含んだ活水なのです。
三島の富士山湧水・伏流水に調理前のウナギを一定期間浸すことで
うなぎの持つ生臭さや泥臭さがなくなるとともに余分な脂がとれ
身が引き締まった臭みのない絶品の鰻の味わいになるのです。

さて、そんな鰻の名産地である静岡県の三島市には、
「ザ・うなぎ横町」とも呼ばれるほど鰻の名店が数多くあり、
休日は東京都内からもウナギを食べに来る人で賑わっています。
今回我々が訪れた「うな繁」は、三島市の鰻料理店の老舗でしたが、
昭和53年に三島市西隣の清水町に移転した天然鰻が売りの名店です。


「うな繁」の入口を入ると生簀の水槽には丸々と太った鰻の姿が。

三島うな繁の鰻生簀.JPG

そして、水槽上に貼られた「天然うなぎ」の文字に
もう唾液が溢れ出てくるのを止めることができません♪

三島うな繁の天然うなぎ生簀.JPG

「うな繁」2階は、部屋単位で事前に席予約が可能な
うなぎ蒲焼割烹として営業している湧水亭であり、
今回はそちらで天然鰻のうな重をいただくことと相成りました。
空腹でお腹が鳴るのを堪えて待つとやって参りました!
超豪華な特上うな重の登場でございます。

三島うな繁の特上うな重.JPG

特大の鰻蒲焼が二匹分、どどーんと敷き詰められたこの勇姿。
何と豪勢なこのうな重は、まさに鰻パラダイス♪
うな繁秘伝のタレでじっくり焼き上げられた鰻の表面は
焼色も香ばしくまさに蒲焼の芸術品とも呼びたい美しさです。

三島うな繁の鰻蒲焼表面1.JPG

そして丸々と太った極上ウナギのもつ上品な脂の照りが
視覚から食欲中枢を刺激し尽して、唾液の流出が止まりません。

三島うな繁の鰻蒲焼表面2.JPG

そしてもうひとつ特筆すべきは卓上の山椒粉の香りの鮮烈さ。
おろしたて、挽きたてのスパイシーな山椒の新鮮な香りは、
脂ののった極上うなぎの味わいと絶妙なハーモニーを奏で
まさにジャパニーズ・スパイスマジックと呼べるものでした。
あなたも、富士山の霊水に清められた三島市のウナギ料理を
是非とも堪能してみてください。

※天然うなぎは季節などにより入荷が不定期ですので、
事前に入荷状況をご確認されることをお勧めいたします。



わさびのビールだから商品名はビーワサのルービーだって!


クラブツーリズムの激安格安日帰りバスツアーに参加して、
静岡県天城浄蓮の滝に行った時、浄蓮の滝観光センターの売店で
地元名産の本わさびを練り込んだパスタを買ったお話しをしました。

 ⇒ 静岡県天城浄蓮の滝土産nunu(ヌーヌー)山葵パスタを食べてみました

何とその売店で、わさびのビールなるものを発見したのです。
伊豆天城の本わさびを使用した、名付けて「ビーワサのルービー」。

わさびビールビーワサのルービー2本セット.JPG

何故に芸能界ミュージシャン御用達逆さ言葉を商品名に採用するのか
おまけに人魚の乳房に本ワサビをあて「わさビーチク」などと、
全く意味の分からない商品ラベルです。責任者、出てこい。

わさびビールビーワサのルービーラベル.JPG

もともと静岡県伊豆地方は本ワサビの産地として有名ですし、
中でも天城地区は本山葵産地としては本場ともいえる土地柄で
パスタにわさびが練り込んであっても何の不思議もないことから、
ワサビの入ったビールがあってもいいのかもしれません。
それにしても「魅惑の喉越しをあなたに」ということですが、
ラベルを見るとビールでなくて「発泡酒」ではありませんか!
あっ、だからビールでなはなく「ルービー」なわけ?

わさびビールビーワサのルービーラベルの成分表示.JPG

気を取り直して静岡県天城特産のわさびのビール、
いえ「ビーワサのルービー」をグラスに注いでみますと、
見た目は普通のビールや発泡酒と全く変わりはございませぬ。

わさびビールビーワサのルービー.JPG

しかし、ゴクっと一口飲んでみるとまさに「ワサビのビール」
あ、違った「ビーワサのルービー」。
わさびの風味が飲んだ後の後口まで強く口中に残ります。
お次はセット売りされている黒ビールバージョンです。
「ビーワサのルービー ロークー」。

黒わさびビールビーワサのルービーロークーラベル.JPG

ロークーは「黒」の逆さ言葉ですが、ミュージシャンの間では
黒人の逆さ言葉はロークーでなく「ロイク」です。念のため。
人魚のお姉さんは肌が浅黒く日焼けしておりますが、
わさビーチクの表記は当然そのままであります。
このオネエ様のビーチクは一体何色なのでしょうか?
それでは「ビーワサのルービー ロークー」をグラスへ。

黒わさびビールビーワサのルービーロークー.JPG

見た目は普通の黒ビールや黒発泡酒と全く変わりはないのですが、
やはりこちらもわさびの風味が飲んだ後の後口まで強く口中に残る
完璧なワサビ風味の発砲性アルコール飲料となっております。

ビールや発泡酒って空腹時にグビって飲むのが美味しいのですが、
このワサビの刺激が胃に後から相当応えて辛いものがあります。
胃の弱い方にはおススメできないお酒であります。
なお、静岡県の本ワサビを使ったお酒には、ワサビビールの他に
わさび焼酎というのがあるようです。
こちらも辛いのか〜?

 ⇒ 本わさび2%使用【サッポロビール】わさび焼酎 つんと 20度 720ml 10P24nov10

小樽なると屋名物の若鶏半身揚げを北海道物産展で発見♪


町田の小田急百貨店で開催されていた北海道物産展に行き
小樽なると屋の若鶏半身揚げを買ってきて食べてみました。
地元小樽では若鶏と云えばすぐに「なると」と答えが返るほど
鳥料理の専門店として人気の「なると屋」の正式名は、
「小樽 若鶏時代 なると」というのだそうです。

北海道物産展小樽なると屋店頭.JPG

各店の前に行列ができて大混雑の北海道物産展ですが、
小樽なると屋は特に人気が高く他店の前まで行列ができるので、
行列の一部を階段方面へ移動させて待機させています。

北海道物産展小樽なると屋行列最後尾.JPG

小樽なると屋の名物は、何と言っても若鶏の半身揚げです。
柔らかい国産地鶏若鶏の半身を味付けはあっさりとした塩味で
外はパリッと、中はふっくらとジューシーに素揚げした逸品♪

小樽なると屋若鶏半身揚げ袋入り.JPG

小樽なると屋若鶏半身揚げ.JPG

小樽なると屋の名物「若鶏の半身揚げ」はシンプルな塩味で
若干塩分がきつめなのでビールやお酒のおつまみ向きかもです。
なると屋の若鶏の半身揚げに限らず、北海道の料理全体として
厳しい寒さという気候のせいか味が濃い、塩分が強い傾向があり
ラーメンなどにもその傾向は顕著に現われているところです。

小樽なると屋若鶏半身揚げ手羽部分.JPG

小樽なると屋若鶏半身揚げ皮の表面.JPG

若鶏のためさほど大きくない小樽なると屋の若鶏半身揚げですが、
1人で一度に沢山食べるのは健康上もよろしくないでしょう。
どちらかというと、珍味扱いで少量つまむ程度がいいと思います。

小樽なると屋若鶏半身揚げほぐし身.JPG

あなたも北海道物産展が近場であったら、是非来場されて、
小樽なると屋の名物「若鶏の半身揚げ」を味わってみてください。

 ⇒ なると屋の特製ザンギをおかきに仕上げました。やみつき間違いなしの美味しさ!職人匠おかき ...
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。