スポンサードリンク

旭川空港北海道土産珍味には大女子燻製がお勧めです♪


旭川空港で北海道土産のお勧めは?と聞かれると
何と言っても北の味覚の宝庫北海道ではごさいますから、
まぁそれは色々とあることは事実でございます。
旭川空港に限らず、北海道土産の定番と云えばお菓子なら
北海道名物として全国的名声を博している白い恋人とか…


 ⇒ 北海道お土産といえば!ISHIYA(石屋製菓) 白い恋人 12枚入 ホワイト[北海道お土産]

北海道以外には出店せず物産展では即完売売り切れ必至の
六花亭の北海道銘菓、マルセイバターサンドとか…


 ⇒ 六花亭の代表銘菓!六花亭 マルセイバターサンド 5個入[北海道お土産]

これらは老若男女喜ばれる北海道土産の定番でありますが、
お酒をこよなく愛する左党の殿方淑女の皆様のおつまみとしては、
北海道ならではの魚の燻製やトバなどの珍味がやはり恋しい!
ということで、ホッケ、氷下魚(コマイ)、鮭、ニシン、シシャモ
などの北海道産珍味について以前リポートしたところです。

 ⇒ 旭川空港ビル売店で北海道土産に北海の魚の珍味を購入

さて、今回改めて北海道旭川に旅行する機会があり、
北海道海産物珍味をお土産に購入すべく売店を覗いて見ると、
見慣れない魚の燻製の珍味を発見!
利尻名産・番屋の味と銘打って、細長い魚が袋の中に見えています。
原材料名を見ると、大女子(オオナゴ)の燻製とのことです。

旭川空港土産大女子(オオナゴ)の燻製パッケージ.JPG

小女子(イカナゴ)という魚は本州でも特に関東周辺では
馴染み深いポピュラーな小魚でシラスの兄貴みたいな存在ですが、
大女子(オオナゴ)っていう魚は聞いたことないですよね?
今回の旭川旅行で旭山動物園に行った際、ホッキョクグマ館で
もぐもぐタイムでホッキョクグマが食べていた魚というのが
実はこの大女子(オオナゴ)だったので予備知識はありましたが、
要は小女子(イカナゴ)をそのまま20倍位大きくした細長い魚
と思っていただいて結構でございます。
それが燻製になって袋の中にゴロゴロと鎮座していると。


 ⇒ 大女子 くんせい 150gおおなご 燻製 ☆ B


現時点でネットで検索する限り、大女子(オオナゴ)という魚は
小女子(イカナゴ)が大きく育ったものという記述しか見当たりません。
確かに北海道では内地(本州)と同種の魚が大型化するのは事実です。
生まれてから幼少の頃を北海道恵庭市で過ごした私は、
群馬県群馬群群馬町(現高崎市)に引っ越した際、
カジカの大きさのあまりの違いにショックを受けたものです。
(北海道:本州はオタマジャクシでウシガエル:トノサマガエル)
そういった学術的な生態は理解できますが、いざ珍味で食べる場合、
袋から出すとこんな感じですが(画像は食べやすく切った後です)
この外観は一体どうなの?と相当に迷いました。

旭川空港土産大女子(オオナゴ)の燻製.JPG

そもそも大女子(オオナゴ)なんていう魚は、記憶にある限りでは
商品としては鮮魚でも干物でも聞いたこともない珍魚なわけでして、
そもそもはホッキョクグマ、ペンギン、オットセイ、イルカ、
トッカリ(アザラシ)など水棲動物の餌なんじゃないの?
ということで、果たして人間の食べる食べ物なのかだろうかと
ゲテモノ喰いの私でも激しく疑問を感じたのでありますが〜

旭川空港土産大女子(オオナゴ)の燻製断面.JPG

北海道珍味の大女子(オオナゴ)燻製は相当な堅干しの燻製状態で、
しっかりとした咬み応えの魚の燻製珍味となっていました。
しっかりと堅干しにすることで、魚の身の旨みが凝縮され、
しっかりとした、ある意味強烈ともいえる燻製香と相まって
上質な干物のような旨みを感じる逸品な珍味に仕上がっていました。
大女子(オオナゴ)燻製は、現在は通販でも手に入るようですし、
北海道土産の珍味としてはイチオシのお勧め商品だと思いますよ。

旭川空港土産大女子(オオナゴ)の燻製表面.JPG

例えていうなら、上質なウルメイワシの堅干しの干物に
北国の魚特有の脂の乗りと冬葉の風味と燻製香をプラスした味
と言っても良く、余分な甘みなど人工的な味付けがない分だけ
自然で最高な味付けの珍味に仕上がっていると感じました。
特にスモークされた魚の燻製好きにはお勧めの逸品です!


 ⇒ 大女子 くんせい 150gおおなご 燻製 ☆ B




浅草むぎとろで総料理長の特別料理コースを食べてみた


浅草むぎとろは、浅草にある老舗の和食料理店で、
店名が示すとおり「むぎとろ」が名物料理のほか、
各種とろろ山芋料理や、薬膳など旬を生かした料理で
地元民から観光客まで人気を博している名店です。
浅草むぎとろは、浅草周辺に複数店舗で展開していますが、
今回ははとバス的日帰りバスツアーの際の夕食で、
駒形堂そばの浅草むぎとろ本店に行ってみました。


浅草むぎとろ本店での今回の献立は、通常メニューではなく
要事前予約の、総料理長による師走の特別料理という
特別コース料理であります。
宴席には振袖さんをお呼びし、唄と踊りを交えながら
花のお江戸の絢爛な文化を目と耳と舌で味わいつくそう
という超豪華なはとバス的なグルメツアーとなりました。

浅草振袖さん.JPG

さて、浅草むぎとろ本店総料理長の特別コース料理ですが、
まずは前八寸として、イクラや蟹の乗った大和芋の椀、
シメジにとんぶりをあしらった酢橘釜、石垣むかご、
煎からすみをまぶしたミニ大根、子持ち昆布と蒸し鮑
という豪華でバラエティーに富んだラインアップ。

浅草むぎとろ総料理長特別料理の前八寸.JPG

続いてのお椀物は、うずらしんじょう入りでございます。

浅草むぎとろ総料理長特別料理の椀.JPG

お造りは、伊勢海老、まぐろ、ヒラメ、という
高級魚介の御三家揃い踏みとでもいうべき三点盛りです。

浅草むぎとろ総料理長特別料理のお造り.JPG

マグロのトロの上品な脂の乗り具合といい、
イセエビの身のプリプリ感と口中に広がる甘みといい
もうこれは至福のお刺身体験と云うしかありません。

浅草むぎとろ総料理長特別料理お造りの鮪と伊勢海老.JPG

続いての登場は、浅草むぎとろの名物の一つである
山芋料理の「駒形揚げとろ」。
山芋の磯辺揚げとして居酒屋メニューではポピュラーですが、
発祥は浅草むぎとろの名物料理だったのでしょうか。

浅草むぎとろ名物の駒形揚げとろ.JPG

中皿は高級和牛ということで、厚切りの牛肉が
ミディアムな焼加減にローストされております。
霜降りになった上品な脂身がとってもジューシー♪

浅草むぎとろ総料理長特別料理の中皿高級和牛.JPG

煮物は、筒状に輪切りにされた大根の上に、
海老、銀杏、大徳寺麩が添えられ彩りに菜の花のあしらい
という和食の職人技が冴える美の競演。

浅草むぎとろ総料理長特別料理の煮物.JPG

酢の物は長芋そうめんにオクラを彩りにあしらったもの。

浅草むぎとろ総料理長特別料理の酢の物長芋そうめん.JPG

締めの食事は、むぎとろ、茶そばのとろろそば、薬膳粥
の中からの選択制となっております。
せっかく浅草むぎとろへ来たので、ここはやはり
オーソドックスにむぎとろ飯で締めることとしました。

浅草むぎとろ総料理長特別料理のむぎとろ飯.JPG

食事には、お造りの伊勢海老の殻で出汁をとった
伊勢海老の味噌汁もついてきて大満足♪

浅草むぎとろ総料理長特別料理の伊勢海老の味噌汁.JPG

デザートには果物も付いてきました。
浅草むぎとろでは、とろろを使ったお土産も売っています。
かりんとう、ぬれ煎餅、茶そばのとろろそばもありますが、
こちらの山芋の漬物がさっぱりしていて個人的にはお勧め。

浅草むぎとろの長芋の漬物.JPG

老舗「浅草むぎとろ」総料理長の特別料理ということで、
ちょっとB級グルメからは外れてしまいましたが、
たまにはこんな贅沢もいいものだと思いました。
みなさんも浅草に行かれた際には、老舗浅草むぎとろで
大江戸情緒を味わってみてはいかがでしょうか。

江の島の新ご当地グルメ「江の島弁天うなむすび」が旨い♪


江の島の新たなご当地グルメ新名物として人気なのが
うなぎ飯でにぎったおにぎり「うなむすび」です。
鎌倉の銭洗弁財天助稲荷にお参りに行き
大仏ハイキングコースでのハイキングを楽しんだ帰りに、
江ノ電の藤沢駅改札を出てすぐにあるコーヒーショップ
「江ノ電の珈琲屋さん」で「江の島弁天うなむすび」
という駅弁のような包みで売っているのを見つけたので、
鎌倉・江ノ島のお土産に買ってみました。

江ノ電の珈琲屋さん.JPG

「江の島弁天うなむすび」は弁天様のやさしい笑顔と
七福神達が賑やかな縁起の良いパッケージです。
「江の島弁天うなむすび」の由来は、江島神社辺津宮にある
「むすびの樹」のご利益にあやかった縁むすびのおにぎり
だということです。

江の島弁天うなむすびパッケージ.JPG

鰻とごぼうを、醤油・白だし・赤酒・生姜のタレとともに
白米とじっくりと炊き込んだご飯を焼きおにぎりにしたのが
「江の島弁天うなむすび」です。
そして、うなぎといえばなんと言っても山椒。
「江の島弁天うなむすび」には山椒粉も付属していますので
レンジでチンして温めたうなむすびに山椒粉をふりかけ
熱々を食べれば幸せ一杯の気分になれますよ。

江の島弁天うなむすび.JPG

「江の島弁天うなむすび」は冷めたままでも美味しいので
江ノ島・鎌倉散策の際のお弁当にもピッタリです。
値段もおにぎり2個入りで400円とお手頃価格ですので、
江ノ島のまずい食堂で観光客相手の食事をするよりは、
「江の島弁天うなむすび」を買っていくのがお勧めですよ♪
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。