スポンサードリンク

牛肉どまん中(米沢名物駅弁)を東北山形新幹線車中で食べてみました♪


「牛肉どまん中」という山形県米沢市名物の米沢牛を使った駅弁を
山形県米沢市旅行の帰り道の東北山形新幹線の車中で食べてみました。
米沢市の名物駅弁「牛肉どまん中」は、創業大正10年という老舗の
米沢市の弁当屋「新杵屋」が山形新幹線開業にあわせて開発した駅弁。
ふっくらと炊き上げた山形県産米「どまんなか」の銀シャリ上に
新杵屋特製・秘伝のたれで味付けした牛そぼろと牛肉煮が乗った
牛丼風の駅弁で、牛肉の美味しさが味わえる駅弁として人気なのです。
牛肉を使った駅弁では全国で三本の指に入るという高い評価を得る
牛丼弁当が山形県米沢市新杵屋の「牛肉どまん中」なのです。

米沢名物駅弁「牛肉どまん中」.JPG

牛肉どまん中は人気の駅弁なので、東北山形新幹線の車中では、
上り下りの便を問わず車中販売で買うこともできますし、
米沢駅の売店や、新杵屋本社工場直売店でも購入可能です。


牛肉どまん中の容器はご覧のとおり底が深く厚みがあり、
いわゆるドカベンタイプの駅弁です。

牛肉どまん中駅弁容器の厚み.JPG

牛肉どまん中の中身.JPG

牛肉どまん中の中身は、おかずと牛めし部分が仕切られており、
おかず部分には、小芋煮、人参煮、にしん昆布巻、かまぼこ、
たまご焼き、さくら漬というオーソドックスなラインアップ。

牛肉どまん中の付け合せ.JPG

牛肉どまん中は弁当容器が厚みのあるドカ弁タイプなので、
見た目は相当にボリュームがあるように感じられますが、
ご飯がすすむ秘伝の甘辛タレで味付けされた牛肉の味わいのためか
量の多さを感じさせずあっという間に完食してしまいました。

牛肉どまん中の牛そぼろ.JPG

牛肉どまん中の牛肉煮.JPG

牛肉どまん中は甘辛い秘伝・特製のタレの味わいが人気ですが、
最近、新味として塩タレ味の「牛肉どまん中しお」も発売され
米沢名物牛丼弁当としての人気わ二分しているようです。
次の機会には「牛肉どまん中しお」を是非食べてみたいと思います。



山形県米沢市鳥勝牛肉店で米沢牛すき焼きを食べてきました♪


美味しい米沢牛を食べに米沢市の「鳥勝牛肉店」へ行ってきました。
山形県米沢市にある「鳥勝牛肉店」は、米沢牛の本場米沢市で
米沢牛のれん会にも所属する老舗の精肉販売兼すき焼き店です。
今回の山形旅行で、東京第一ホテル米沢に宿泊した際に、
米沢在住の知人の案内で米沢牛のすき焼きを食べに行ってきたのです。
米沢市の「鳥勝牛肉店」は大正時代に創業した米沢牛販売の老舗店で、
米沢牛を中心とした精肉全般を扱う食肉販売店です。
米沢牛販売がメインのお店なのに何故店名が「鳥勝」なのかは謎です。


鳥勝牛肉店は1階の店舗で精肉全般を扱う食肉販売を行っていて、
2階が食事をする食堂スペースとなっていますが、食事は完全予約制で
前日までの予約が必要になり、当日飛び込みで行っても食べられません。
米沢市鳥勝で食事をしたい場合、その点は注意が必要です。
また、米沢市「鳥勝牛肉店」はすき焼き・しゃぶしゃぶの専門店のため
米沢牛の網焼きやステーキなどのグリル料理はメニューにありません。
米沢牛の網焼きやステーキが食べたい方も注意してくださいね。

米沢市鳥勝米沢牛すき焼きコース先付け.JPG

さて、鳥勝牛肉店のすき焼き会食コースの先付けとして登場するのは、
小鉢に入ったお新香やちょっとした和え物に米沢牛のタタキが少々。
箸袋の店名は何故か「鳥勝」ではなく「とり勝」となっていて謎です。
牛すき焼きに欠かせない生卵は黄身がこんもりと盛り上がり
鮮度と品質のよさを物語っております。

米沢市鳥勝米沢牛すき焼きコース生卵.JPG

米沢市鳥勝牛肉店の米沢牛すき焼きに入れる野菜類は、白菜、春菊、
えのき、シメジ、長ネギ、シラタキ、木綿豆腐、と地元米沢産を厳選。

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き野菜類.JPG

そしていよいよ真打である米沢牛ロースすき焼肉の登場であります♪

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き霜降りロース肉1.JPG

このびっしりと入った霜降りの脂身がたまりません。ゴクッ。

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き霜降りロース肉2.JPG

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き霜降りロース肉3.JPG

肉を割り下に潜らせ火が入るとこんな感じになりますよ〜♪

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き霜降りロース肉4.JPG

脂が乗っているんだけど決してしつこさを感じない、
口の中で一瞬にしてとろけてさっと消える上質な脂身は、
まさに米沢牛が持つ一級品和牛としての品質の証だと感じました。

米沢市鳥勝米沢牛すき焼き霜降りロース肉5.JPG

山形県米沢市鳥勝牛肉店は、戦後まもないころから、
米沢牛の味にこだわり続けてきた老舗中の老舗であり、
柔らかく豊潤な味わいの米沢牛の味にこだわり続けています。
あなたも米沢市を訪れた際には、必ず前日までに予約の上、
鳥勝牛肉店で極上の米沢牛すき焼きを味わってみてください。

梅うどんと梅しおホルモンを曽我梅林で食べてみました


曽我名物の梅うどんと梅しおホルモンを曽我梅林で食べました。
曽我梅林の第42回小田原梅まつりへ観梅に行った際、
曽我梅林の中でも最も大井松田寄りにある河中原梅林の食堂で
昼食がてらに曽我名物の梅うどんと梅しおホルモンを食べたのです。
河中原梅林は、メイン会場の別所梅林と比べるとこじんまりですが、
曽我の地元名産品・野菜果物などのお土産物を売る即売場の売店や、
曽我名物の地元ご当地B級グルメが食べられる屋台や食堂が充実し、
3か所ある曽我梅林の梅まつり会場の中でも意外な穴場だと思います。
曽我梅林の河中原会場は広々としたスペースにテーブルが並べられ、
昼食や軽食を食べるには絶好のスポットだともいえますね。
向かって正面の奥の建物が、曽我レモンやゴールドオレンジなど、
曽我名産の地元特産品、野菜果物などのお土産物を売る売店です。
向かって右側が缶ビール、缶チューハイやソフトドリンク類、
そして曽我名物の梅塩ホルモンや焼き豚串などを売る屋台です。

曽我梅林河中原会場の売店1.JPG

向かって左側が、曽我名産の梅の果肉を練り込んだうどんを茹で
「うめうどん」として販売するうどん屋さんです。

曽我梅林河中原会場のうどん屋.JPG

今回は昼食がわりに、曽我名物の梅うどんと梅塩ホルモンをセットで
河中原梅林で全身を梅の香に包まれながら食べてみることにしました。

曽我梅林河中原会場の梅うどんと梅塩ホルモン.JPG

梅うどんはうどんの麺に梅の果肉を練り込み麺がピンク色のうどんで
トッピングにも曽我名産の梅農家手作りの梅干しが乗っています。
梅の果肉を練り込んだ梅うどんの麺ですが、ピンク色の色合いほどは
麺からは梅の風味を感じることはできません。
河中原梅林の梅うどんはどちらかというと目で楽しむタイプですね。
麺自体に梅の風味を感じる梅肉を練り込んだ梅うどんを楽しみたいなら
曽我梅林原会場の売店で売っている半生タイプの梅うどんを買い求め
お土産にして自宅で茹でて食べるのがお勧めです。
梅の風味を楽しみたいのならシンプルな冷やしうどんが一番というのが
実際に調理して食べてみた私の感想でもあります。

曽我梅林河中原会場の梅うどん.JPG

曽我名物の梅塩ホルモンは、豚ホルモンを梅塩味で煮込んだという
梅塩味の豚モツ煮込み料理です。
大振りの豚の内臓がゴロゴロと入っていて、モツ好きにはたまりません。
昨年食べた梅塩ホルモンは、塩気が強かったのですが、
今年の梅塩ホルモンは薄味で、個人的には今年の味付けの方が好みでした。

曽我梅林河中原会場の梅塩ホルモン2012.JPG

このように年によって梅塩ホルモンの味付けが微妙に違うのも、
地元梅林農家の手作りの家庭料理のなせる業ということでしょう。
行くたびに曽我地方のアットホームな雰囲気に触れて心が暖かくなる
曽我梅林の河中原会場の売店・食堂はそんな癒しのスポットです。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。