スポンサードリンク

米子空港土産に「境港吉丸のいかの醤油漬け」を買ってみました


米子鬼太郎空港の売店BEEWINGでイカの醤油漬けを買い
お土産として持って帰って家で食べてみました。
米子鬼太郎空港のある鳥取県西部地方は、境港という
山陰地方有数の漁港があり、魚介類の名産が多い地区です。
その境港の漁師・福栄さんの漁船「吉丸」により獲られた
刺身用スルメイカを使った境港名産の逸品として名物なのが
「境港吉丸のいかの醤油漬け」なのだそうであります。
ネットで通販お取り寄せも可能なようですが〜


 ⇒ 日本海で獲れた新鮮スルメイカを境港で醤油漬けに!ご飯に掛けて食べるのがおススメです!いかの醤油漬け...

そうと聞いたイカ好きの私としては買うなら今しかないでしょ!
とパブロフの犬的条件反射でお財布に手を伸ばしていたのでした。

境港吉丸のいかの醤油漬け.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、イカの漁獲から商品加工まで
全ての工程が漁師福栄さんの一貫生産品だということであり、
イカの鮮度から商品としての品質まで安心安全なのが自慢です。
イカの切り身自体の角が立っていて見た目からも素材の新鮮さが
良くお分かりいただけるのではないでしょうか。

境港吉丸のいかの醤油漬け開封後.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」の見た目は一見はイカ塩辛風ですが
食べてみると塩辛とはまた違った独特の醤油漬けとしての味わいです。
中国・四国地方独特の甘みととろみのある醤油で漬け込まれていて
塩辛というより松前漬けに近いまろやかな甘みのある味わいなのです。
そこに生姜風味の隠し味がアクセントとなって、食べ飽きさせない
バランスの取れた風味が広がっていきます。

境港吉丸のいかの醤油漬け切り身.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、色々な食べ方が楽しめます。
そのままおつまみとして食べても良し、しょうがやワサビ、ネギなど
薬味を加えたり、海苔やうずらの卵などと和えても良しですが、
最もシンプルな楽しみ方はアツアツのご飯にそのままぶっかけて
豪快にワシワシとかき込むのドンブリメシ的食べ方がお勧めです♪
「境港吉丸のいかの醤油漬け」は200g入りで500円と値段も格安です。
冷凍保存すれば賞味期限も約半年と長持ちしますよ。

境港吉丸のいかの醤油漬け丼.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、米子鬼太郎空港の売店BEEWINGで
購入できますので、イカ好きの方はお土産として要チェックです。
売店BEEWINGは保安検査後の搭乗ゲート待合室内にもありますので、
万が一買い忘れても出発直前の購入が可能です。
離陸前時間待ちの際の最後のお土産の一品として是非どうぞ。



松田町千代田屋で活き鯵の漬け丼とカンパチ定食を食べてみた


JR御殿場線松田駅北口仲町通りにあるお食事処千代田屋で、
活き鯵の漬け丼とカンパチ刺身のランチ定食を食べてきました。
河津桜の花見で有名な「まつだ桜まつり2012」に行った際、
小田急線新松田駅から花見会場の松田山ハーブガーデンまで
徒歩でのハイキング途中に昼食の腹ごしらえに立ち寄ったのです。


松田名物ご当地グルメの千代田屋の活き鯵の漬け丼の存在は、
まつだ桜まつりパンフレットで事前に知り楽しみにしていました。
松田町周辺は小田原をはじめ相模湾の海の幸に恵まれていて
なかでも小田原はアジの干物でも有名な美味しい鯵の産地です。
そんな地元相模湾の網元直送獲れたての新鮮な活きアジを使い
タタキにしたうえ自家製タレでヅケにして丼ぶり物にしたという
老舗活魚料理店千代田屋の松田名物「活き鯵の漬け丼」は
松田に行ったら絶対に見逃せない魚介丼だと思ったのです。

松田町かっぽう千代田屋ビル.JPG

小田急線新松田駅北口からJR御殿場線のガード下をくぐり
仲町通りを入ってJR御殿場線松田駅方面に進んでいくと、
老舗活魚料理店らしい店構えの千代田屋ビルが見えてきました。
仲町通り沿いの店舗ビル1階には活魚の泳ぐ生簀(水槽)があり
メニューも掲示されて早くも期待に胸が高まりますが、
店舗入口はここではなく松田駅方面へ進んだ反対側とか。

松田町かっぽう千代田屋裏口の生簀.JPG

看板を目印に進むと老舗活魚料理店らしい立派な店構えの
松田のお食事処千代田屋の入口が現れました。

松田町かっぽう千代田屋正面入口.JPG

千代田屋の店内は老舗活魚料理店には珍しく洋風な造りで
ホテルロビーとラウンジのような雰囲気であります。

松田町かっぽう千代田屋エントランス.JPG

入口のレジカウンターも旅館のフロントのような作りですし、
店舗奥や2階に通じる間取りや内装などから推測しますと、
以前は旅館業務も行っていたのかもしれません。
案内されるままに喫茶ラウンジのような客席に着席し、
当初のお目当てだった松田町名物の活き鯵の漬け丼と、
当日のお勧めランチメニューのカンパチ定食をオーダーしました。

松田町かっぽう千代田屋客席フロア.JPG

待つこと10分ほどで活き鯵の漬け丼、カンパチ定食とも登場。
まず今回の来店目的である松田町名物の活き鯵の漬け丼ですが、
活きアジの本場、相模湾小田原周辺の松田町の老舗千代田屋が
地元の網元直送を謳うだけあり、活きアジのタタキの鯵の身は
獲れたての新鮮を物語るように歯応えがシコシココリコリで、
都内居酒屋レベルのアジのタタキとは素材の違いを感じさせます。

千代田屋活き鯵の漬け丼定食.JPG

千代田屋活き鯵の漬け丼.JPG

ただアジのタタキをヅケにするために和える秘伝のタレが、
鰻の蒲焼のタレより少し甘めの寿司アナゴの煮詰め的風味なため
せっかくの新鮮な鯵の風味を活かしきれてない気がするのです。
このあたりは多分に個人の味の好みの問題かもしれませんし、
素材である鯵の品質自体は鮮度・味ともに素晴らしいものなので
甘口が好みでない方は、活き鯵の漬け丼ではなく、
醤油で食べる鯵のタタキ定食を注文するといいかもしれません。

千代田屋活き鯵の漬け丼の具.JPG

千代田屋活き鯵の漬け丼秘伝のタレ.JPG

そういった意味では、同時に注文したカンパチ刺身定食は、
素材であるカンパチ自体の品質はもちろん、味付けもシンプルに
しょう油をつけて食べる刺身定食ですから満足のいくものでした。

千代田屋カンパチ刺身定食.JPG

カンパチも活き造りなのか活け締めなのかは分かりませんが、
網代港直送の新鮮なカンパチという素材の良さが良く分かり
身の食感が鯵と同様シコシコのコリコリで新鮮さが実感できます。
見た目からして刺身の切り身の角がしっかり立っていて
鮮度の良さが一目瞭然であったのです。

千代田屋カンパチ定食の刺身1.JPG

千代田屋カンパチ定食の刺身2.JPG

千代田屋の定食には早春ならではの竹の子の和え物の小鉢もつき、
季節感も満点で春の味覚を満喫できました。

千代田屋定食の竹の子和え物小鉢.JPG

千代田屋の定食はご飯の量が少なめなので、松田山ハーブガーデンへ
ピクニックへ行く前の腹ごしらえには丁度良い分量かもです。
和食であることも相まって胃もたれせず食後感も快適ですから
中高年の方の昼食にもお勧めできるお店です。
定食類のライスはプラス105円で大盛りorお替りができますので、
食欲旺盛な若年層の方にも対応しています。
松田へ訪れたら地元相模湾で捕れたての新鮮な鮮魚を使った
かっぽう千代田屋で是非ランチ定食を楽しんでみてください。

山形米沢置賜土産うこぎのパスタソースを食べてみました♪


山形県米沢市土産のうこぎのパスタソースを使って
うこぎ風味のスパゲッティーを作って食べてみました。
「うこぎのパスタソース」は、山形県米沢市旅行の際に
上杉神社参道入口の駐車場に隣接している土産物店
上杉城史苑(うえすぎじょうしえん)で見つけて買ってきたのです。


そもそも「うこぎ」とは聞きなれない名前で一体何なのか?
というと、「うこぎ」は山形県名産の伝統野菜のひとつで、
山形県内でも米沢市など置賜地域を主な産地としており、
独特の香りと苦みのある若葉や芽を摘んで食べる落葉低木です。
山形県米沢市など置賜地域名産のうこぎは、うこぎの種類中、
葉が柔らかくとげも少ない「ひめうこぎ」という種類で、
郷土料理として、天ぷら、おひたし、きり和え、うこぎご飯
といった調理法で地元の食卓で親しまれてきました。
うこぎの葉には抗酸化作用に優れた成分が含まれていることで
老化抑制などへの効果が期待されることが最近の調査で分かり、
健康食品としても注目を浴びているとのことです。


 ⇒うこぎ(水煮)500g※クール便でのお届けとなります。

私が米沢土産として買った「うこぎのパスタソース」は、
うこぎの葉を粉末状にしたものをグレープシードオイルに漬け
スパイス等を調合したイタリアンなテイストのオイルソースで、
グレープシードオイルに多く含まれるというポリフェノールと
うこぎ成分という2つの抗酸化物質のダブルの相乗効果により
より一層の抗酸化作用を狙ったパスタソースのようです。

山形米沢置賜土産うこぎのパスタソース.JPG

基本的な使い方はうこぎのパスタソースを麺と和えるだけですが、
うこぎの味そのものを知らないため、リスクヘッジの意味から
ペペロンチーノの隠し味として少量を使ってみました。

うこぎのパスタソースを使ったスパゲッティーぺペロンチーノ.JPG

その結果、特に苦みやエグ味も感じず、ハーブオイルとしては
ちょうど良い隠し味になったと感じました。
うこぎのパスタソース単独でも特に抵抗なく食べられる感じで、
あっさりしたジェノベーゼソースに近い風味といった感じです。

うこぎのパスタソースを使ったスパゲッティー.JPG

そこで、冷奴のトッピングとして豆腐の上にかけてみました。

うこぎのパスタソースをトッピングした冷奴.JPG

うこぎのパスタソースは豆腐との相性もバッチリです。
食べるラー油と同じような使い方もできるソースだと思います。
食べるおかずラー油のイタリアンバージョンといった感じで、
色々な調理法や料理の隠し味にも使える万能調味料なので
山形米沢旅行のお土産に検討してみるといいかもしれませんよ。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。