スポンサードリンク

山陰名物「するめ糀漬け」はイカ好きにはたまらないご当地グルメ


山陰地方鳥取西部米子・境港〜島根県松江付近のご当地グルメ
するめイカの糀漬けという名物をお土産で貰い食べてみました。
商品名は「するめ糀漬け」といい、山陰地方の名物料理として
あの楽天市場の総合ランキングでも第2位を獲得したという
口コミ評価も高い逸品の山陰の味覚でございます。


 ⇒ 山陰伝統の味 するめ糀漬2袋箱入り【冷蔵・冷凍】

スルメイカの糀漬けと聞くと、山陰地方以外の一般的な人は
米糀で甘口に漬け込まれたイカの塩辛を思い浮かべるでしょう。
私も「するめ糀漬け」を松江市在住の知人からお土産に貰い
「松江から境港にかけての地方の名物だから」と云われた時は
糀漬けいかの塩辛はどこにでもあって珍しくないんじゃない?
と内心思ってしまったのも事実であります。

するめ糀漬け.JPG

しかし、今は自らの不明を大きく恥じなければなりません。
山陰名物「するめ糀漬け」は、一般の糀漬けのイカの塩辛とは
似て非なるものであり、山陰地方独特の珍味なのであります。
さすがは水産の町、特定第3種漁港の雄、鳥取県境港市と
宍道湖の七珍を擁する島根県松江市の誇る珍味であります。
「するめ糀漬け」はまさにその名のとおり、糀漬け塩辛ではなく
スルメイカの糀漬けそのものなのであります。

するめ糀漬け中身.JPG

「するめ糀漬け」はパック入りで見るとイカ塩辛に似てますが、
実は米糀と独自の調味料でイカを漬け込んだ山陰独特の珍味です。
味わいは塩辛のような生臭さがなくて糀のいい匂いが香り、
口に入れると口中から鼻腔に糀の香りが駆け抜けていきます。
味わいは米糀の発酵した甘みを感じるまろやかな優しい風味です。
また特筆すべきはイカそのものの歯応えと味わいであります。
塩辛とは違いコリコリと歯応えのある「するめ糀漬け」のイカは
恐らく干したスルメイカを米糀と秘伝の調味料に漬け込むことで
独特の歯応えとイカそのものの味わいを産み出しているのでしょう。
山陰鳥取西部〜島根県松江名物の「するめ糀漬け」恐るべし。
暖かいご飯の上に乗っけて食べると抜群のごはんの友になりますし
マイルドな風味なのでそのままお酒のおつまみにも最高です。
イカ好きにはイカ醤油漬けとともに見逃せないご当地グルメです♪



鳥取西部郷土料理「ののこめし」を米子鬼太郎空港で買ってみた


米子鬼太郎空港の売店BEEWINGで、鳥取県西部地区(米子境港)の
弓ヶ浜半島に伝わる郷土料理「ののこめし」をお土産に買いました。
調べたら最近ではネット通販でもお取り寄せ可能なようです。


 ⇒ 鳥取県民が選ぶ「とっとり旨いもん100」ベスト10にランクイン!山陰伝統の味!ののこめしガス充...

「ののこ飯(めし)」は「いただき」とも呼ばれる郷土料理で、
大きな三角形の油揚げの中に、生米と新鮮な野菜などを入れて
山陰ならではのあご出汁などの魚ダシで炊き上げる田舎料理で
持ち運びに便利なことから運動会や行楽のお弁当としても人気です。
鳥取県民が選ぶ「とっとり旨いもん100」ベスト10にもランクイン
という鳥取の地元民に親しまれている家庭料理なのです。

ののこめし(いただき)パック入り.JPG

「ののこめし/いただき」は出来上がりの形が防寒用の綿入れである
「ぬのこ」に似ていることが「ののこめし」の名前の由来のようで
漁師や農家の方が作業のお弁当として持ち歩いていたようです。
米子鬼太郎空港BEEWINGの「ののこめし」は、三角形のパック入りで
中には油揚げに包まれた「ののこめし」がひとつ入っていました。

ののこめし(いただき).JPG

「ののこめし」の油揚げの中は、にんじん、ごぼう、しいたけなど
細かく刻まれた野菜類が混ぜられた炊き込みご飯風になっていて、
薄味な油揚げの味付けと相まって上品な風味を漂わせています。

ののこめし(いただき)炊き込みご飯.JPG

「ののこめし」は山陰地方鳥取県西部の郷土料理ということですが
一般的な田舎料理の濃い目の味付けとは違い薄味で上品です。
この辺りは、空港販売の商品だからの味付けなのかもしれず、
家庭ごとそれぞれに独自の味付けがあるのかもしれませんね。
個人的にはお稲荷さん・稲荷ずしにも近いものを感じましたが、
鳥取県西部に行かれたら是非試していただきたい郷土料理です。

米子空港で紅ずわいがにかにおこわを土産に買い食べてみました


米子鬼太郎空港の売店BEEWINGで、米子市前田水産製造の
「紅ずわいがにかにおこわ」をお土産に買って帰りました。
BEEWINGでは既にいかの醤油漬けをお土産候補にしていたのですが、
BEEWINGイチオシ商品が紅ずわいがにかにおこわだったので、
お値段が手頃なこともありお土産として追加したのです。

紅ずわいがにかにおこわパック.JPG

もともと米子市に隣接する境港市の山陰有数の漁港・境港は
紅ずわいがにの水揚げ日本一を誇る紅ずわいがにの名産地です。
その地元名産の紅ずわいがにをふんだんに使用して開発された
「紅ずわいがにかにおこわ」は、ご当地グルメコンクールである
優良ふるさと食品中央コンクール2011で、最優秀賞である
農林水産大臣賞を受賞した経歴を持つご当地グルメの雄であります。
山陰鳥取米子土産にこれほど最適な商品はないといえるかもですね。
ちなみにこのカニおこわはネット通販でもお取り寄せできますよ〜♪


 ⇒ 平成23年度ふるさと食品コンクールの全国大会で、農林水産大臣賞受賞した商品です!!農林水産大...

前田水産「紅ずわいがにかにおこわ」は、境港市の境港で揚がった
上品な甘味と引き締まった身のカニ肉を使用しています。
おこわのもち米は中国地方最高峰の大山の麓で獲れた鳥取県産で
鳥取の自然の恵みを詰め込んだ地産100%の鳥取ご当地グルメです。

紅ずわいがにかにおこわ解凍後.JPG

おこわのもち米には紅ずわいのカニ肉のダシがしっかりと溶け込み
更に前田水産特製のカニエキスで作ったオリジナルかにオイルにより
カニの風味が香ばしいリッチで濃厚な味わいに仕上がっています。
また、大きく立派な紅ずわいがにの甲羅の容器も雰囲気満点♪
「今まさにカニを食べている」という気分を満喫できますよ。

紅ずわいがにかにおこわ具ともち米.JPG

「紅ずわいがにかにおこわ」は、フリーズドライ冷凍食品なので
調理は袋のままレンジで3〜4分ほどチンして温めるだけの簡単調理。
味わいはどちらかというと淡泊な薄味なので、かにおこわ単品でよりも
ちょっとした付け合せが欲しいところです。
米子空港売店BEEWINGには、蟹甲羅入り紅ずわいがにのカニみそが
前田水産の新製品として売られていましたので、セットで購入して
カニみそとカニおこわを和えて食べるといいかもしれません。
何とネット通販でもカニみそとカニおこわをセットで販売中♪


 ⇒ 農林水産大臣賞受賞した【カニおこわ】にさらに美味しさプラスの【かにみそ】セット商品です!...

それこそ恐らく紅ずわいがにを100%味わいつくす究極のご当地グルメ
といえるのではないでしょうか。
米子鬼太郎空港へ立ち寄る方は、「紅ずわいがにかにおこわ」と
「紅ずわいがにのカニみそ」を要チェックですよ。
通販でも買えますのでカニ好きの方はお見逃しなく〜♪
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。