スポンサードリンク

沖縄豚肉郷土料理スーチカーとチラガーをアンテナショップで購入してみた


沖縄の郷土料理・ご当地グルメといえば、豚肉料理が有名で
豚肉を食べることが沖縄県民の長寿の理由とも云われています。
沖縄地方の豚肉料理は、まさに豚一頭を余す所なく食べ尽くす
といった感じで、内臓、豚足はもちろん、豚の顔の耳に至るまで
ある意味でB級グルメ的なメニューも多々あるのでございます。
私の場合、かつて沖縄旅行へ行った際に訪れた那覇市国際通りの
那覇公設市場の肉屋で豚の頭(顔)が丸ごと売られているのを見て
仰天してしまった経験がありますが、沖縄では日常茶飯事の光景です。
そんな沖縄ならではの豚肉を使った郷土料理は、ミミガーなどは
最近はスーパーなどでも見かけるようになりましたが、
スーチカーやチラガーなどは沖縄まで行かないと買えないのかな?
と諦めかけていたところ、銀座有楽町にある沖縄アンテナショップ
銀座わしたショップで売っているのを発見し、買ってきて食べてみました。


銀座わしたショップは、活気あふれる沖縄のマチグァー(市場)の演出
をコンセプトにしているだけあり、結構ディープな食材も置かれ
一頭丸ごとの豚の顔(皮近くの部分のみ)も真空パックで売られています。
数ある沖縄豚肉郷土料理の中から今回私がチョイスしましたのは、
塩漬け豚肉の煮豚のスーチカーと、豚の顔の皮を使った料理である
チラガーを二種類でございます。
それではまず、塩漬け豚肉の煮豚のスーチカーからご紹介しましょう。

スーチカーパック詰め.JPG

真空パック詰めされたスーチカーの外観は、ハムかベーコン的で
肉の見た目の質感はイタリアの生ベーコン・パンチェッタ風でもあります。
スーチカーは豚の三枚肉の部分を塩漬けし煮豚にしたものなので、
肉の部位的にもベーコンと同じで最終工程の調理法がスモークかボイルか
の違いということもできるかと思います。

スーチカー切り身1.JPG

食べやすくスライスしたスーチカーの内部はしっかりと火が入っていて
豚の塩漬け肉の割には塩気はあまり感じずマイルドな味わいです。
煮豚にする段階で塩分が抜け丁度良い塩梅の塩加減になったのでしょうか。
スーチカーは見た目は結構ゲテモノ的ルックスですが、食べてみると
意外にも万人受けする優しい味わいの豚肉料理であります。

スーチカー切り身2.JPG

お次は豚の顔の皮を使った料理チラガーの登場です。
沖縄豚肉郷土料理で豚の耳を使った料理にミミガーというのがありますが
チラガーはその豚の顔の皮バージョンといって差し支えありません。
豚の耳もある意味で顔の皮の延長線上にある部位ということを考えれば
多少の食感の違いがある以外は同部位を使った料理なのではないか。
実際、チラガーとミミガーは単独では見た目も殆ど区別がつきません。
さて、そんなチラガーをスモークして薫製香をつけた一品が
こちらのチラガースモークでございます。

チラガースモーク.JPG

実際にチラガーをパックから開けて食べてみると、
ミミガーよりは身の厚みも多く、ゼラチン質が豊富であることが分かります。

チラガースモーク中身1.JPG

これは面の皮が厚いというよりは、耳の部分より顔の部位の方が
皮下脂肪、顔の筋肉部分など皮に付随する部分が多いということでしょう。
軟骨部分のコリコリ感・脂肪部分のネットリ感・正肉部分のしっとり感が
三位一体となってバランスし、そこに香ばしい薫製香のスモークフレーバーが。

チラガースモーク中身2.JPG

さて、もうひとつのチラガーは名付けて「むちむちチラガー」。
何とも色っぽい商品名のネーミングですが、要はチラガーの皮のゼラチン質を
煮込むことで味付けのタレにトロトロに抽出して煮込んだ珍味ということです。

むちむちチラガー(醤油煮).JPG

チラガーに絡むタレとともに余すことなく食べると、コラーゲンも補給できて
美容と健康の双方にも効果がありそうですよね♪
長寿と健康と美容の国、沖縄B級グルメ万歳!

チラガー醤油煮1.JPG

チラガー醤油煮2.JPG

沖縄アンテナショップ「銀座わしたショップ」はJR有楽町駅・京橋口改札を出て
徒歩4分という好立地ですので、近くに立ち寄られた際には
ショッピングなどのついでに覗いてみてはいかがでしょうか。



足柄牛コリコリ焼、足柄牛メンチ、まさカリーパンを紫陽花祭で食べてみた


神奈川県足柄地区の名産品足柄牛を使ったご当地B級グルメメニュー
足柄牛コリコリ焼、足柄牛メンチカツコロッケ、まさカリーパンを
開成あじさい祭り2012へ行って食べてきました。
神奈川県足柄地区のご当地B級グルメメニューは、開成あじさいの里の
「食事処あじさい」という特設会場で食べることてができます。
それでは早速、まずは足柄牛コリコリ焼きからスタートです。
牛肉のコリコリ焼きとは一体どんな料理なのか?
肉をコリコリに焼くのか?コリコリの食感の牛肉の部位を使うのか?
と想像を膨らませつつ注文すると出できたのはこのようなお姿。

足柄牛コリコリ焼き1.JPG

見た目は単なる牛肉の味付けタレ焼きといった風情でありますが、
これが一体何故に足柄牛コリコリ焼きなのか?とお口に運んでみると
確かにコリコリとした固めの食感ではあります。
こっ、これは一体…と驚くまでもなく、これは単に筋が多く硬い部位を
エバラ焼き肉のタレのような市販の焼き肉で炒めただけの牛肉料理。
確かに看板に偽りなしではありますが、単なる硬い牛肉の炒め物を
足柄牛コリコリ焼きのネーミングでご当地B級グルメに仕立て上げるという
ある意味、マーケティングのマジックを垣間見せられた気分であります。
味付けはあくまで濃く甘辛くスタミナ漬け的な風味で、タレの味わいのみ。
足柄牛の素材の味は全くもって感じず、思わずご飯が欲しくなる味付けです。

足柄牛コリコリ焼き2.JPG

この足柄牛コリコリ焼きに450円のお値段の金額を支払うのであれば、
足柄牛串焼き350円にしておけば良かったと深く後悔したのであります。
足柄牛の串焼きは来年に必ずリベンジさせていただきますよ!
さて気を取り直してお次は同じく足柄牛のメンチカツコロッケでこざいます。
足柄牛のメンチカツコロッケのお値段は200円也〜。

足柄牛メンチカツコロッケ.JPG

足柄牛メンチカツの具は、当然足柄牛のひき肉が使われているわけですが
つなぎとしてジャガイモも使われているような食感であります。
牛肉ポテトコロッケの肉が多いバージョンのような感じでしょうか。
足柄牛メンチカツコロッケの具に使われている足柄牛のひき肉は
脂肪分の少ない部位のようで肉汁が滴るジューシーさは全くの皆無です。

足柄牛メンチカツコロッケの具.JPG

コショウなどのスパイスを多く使った非常にスパイシーな後口ですが
こちらも足柄牛の持つ素材の味わい・旨味などは全く感じない味わいで、
恐らく値段の安い牛肉を使っているのだろうなと推測される出来栄えでした。
そして最後は金太郎の故郷の新しい名物「まさカリーパン」でございます。
足柄山の金太郎の持つマサカリとカリー(カレー)の掛詞「まさカリー」は
富士家ホテル総料理長のプロデュースによるご当地B級グルメカレーの名前。
肉は地元産足柄牛と国産豚の合挽き肉を使用し、更に金太郎の息子である
「金平(きんぴら)」にちなんだゴボウを入れることにより、今までにない
食感と風味を出した天然素材のみで味付けされた、化学調味料無添加の
ヘルシーなご当地B級グルメカレーです。
そのご当地B級グルメカレー「まさカリー」を使って作ったカレーパンが
「まさカリーパン」という訳なのです。

まさカリーパン.JPG

まさカリーパンを食べた感想は、カレールーの中にゴボウの風味が強く出て
ゴボウの香りがカレースパイスに強烈なパンチを与えた独特の風味で、
スパイシーなカレーパンが好きな方にはお勧めできる味わいでした。
今回食べた足柄地区のご当地B級グルメの中では唯一満足できるものが
まさカリーパンでしたが、まさカリーパンは開成あじさいの里会場以外にも
新松田駅北口ロータリーの道の駅にも売っていて、値段も安いです。
(開成あじさいの里で200円、新松田駅道の駅で160円前後)。
そんな訳で、わざわざ開成あじさいの里で高いお金を払って食べる意味はない
というのが正直な感想でした。

まさカリーパンの具.JPG

今回、足柄牛コリコリ焼、足柄牛メンチ、まさカリーパンを昼食で食べた後、
開成あじさい祭りの各会場を散策しているうち、脂分の多い物の食べ過ぎか
胃もたれ・胸焼けがして少々気分が悪くなってしまいました。
足柄地区のご当地B級グルメは、素材の質も調理に使用している揚げ油の質も
あまり胃腸に優しいものではないのかもしれません。
開成あじさい祭りへ行った際の食事は、足柄地区のご当地B級グルメでなく
会場内で販売されている郷弁(さとべん)の方をお勧めいたします。
郷弁(さとべん)の販売場所は食事処あじさいの先の「したしみ休憩所」と
あしがり郷瀬戸屋敷の敷地内の2ケ所です(2012年開成あじさい祭り時)。
開成あじさいの里の「したしみ休憩所」で販売されている郷弁(さとべん)は、
午前中早い時間に売り切れてしまいますので、早めの来場・購入をするか
あしがり郷瀬戸屋敷(入場料200円)での購入をお勧めいたします。

とち餅を米子お菓子の壽城でお土産に買って食べてみました


とち餅という鳥取県米子名物の和菓子を、お菓子のテーマパーク
お菓子の壽城に行った際にお土産に買って食べてみました。
とち餅はの栃の実を餅の材料としたお菓子の壽城の代表商品で、
第22回全国菓子大博覧会最高位賞(名誉総裁賞)受賞の米子銘菓です。
とち餅は寿製菓以外のメーカーからもネット通販で販売されています。


 ⇒ 栃の実の香りと風味が通にはたまりません!とち餅♪<6個入り>

とちの実は栃の木になる実ですが、「くわずの実」との別名どおり
灰汁が強くあく抜きをせずにそのままではとても食べられません。
一方、とちの実自体にはウルトラポリフェノールの主成分である
プロアントシアニジンが豊富に含まれており、血糖値上昇を抑える
という健康への効果から、灰汁抜きをして食用とされてきました。
栃の実は縄文時代の遺跡からも発見されるほど古くから食用とされ
その健康への効果が実証されてきたものであります。
お菓子の壽城のとち餅は、原生林の栃の木からひとつずつ拾い集められ
米子地方に古くから伝わる灰汁抜きを行った上で、省化学肥料・
省農薬で堆肥を使った土づくりに取り組む米作り農家と直接契約した
安全で美味しいもち米と共に蒸して杵で搗き、小豆で作った漉し餡を
包み込んだ和菓子です(とち餅〈白〉)。

とち餅(白)開封後.JPG

とち餅(白)中身.JPG

その味わいは、灰汁の苦みなどは全く感じさせない優しい味で
甘すぎず、素材の味わいが生きた上品な和菓子となっています。
なお、とち餅を餡で包んだ逆バージョン(とち餅〈赤〉)もあり、
お好みで選べますが、包装がひとつづつ小分けになっているのは
とち餅〈白〉の方なので、職場へのお土産など皆に配る場合は
とち餅〈白〉の方が便利かもしれません。

とち餅(白)パッケージ.JPG

栃の実に含まれる健康成分のひとつ、プロアントシアニジンは
「栃の実ウルトラポリフェノール」と呼ばれて注目を集めており、
その成分を手軽にとれる商品として「栃の実茶」も発売されています。
栃の実の主成分プロアントシアニジンは、ウーロン茶に比べ
少量のポリフェノールで食事の脂をスッキリできると評判です。
寿製菓の研究開発室調べでは、栃の実ウルトラポリフェノールは
脂のブロック力でウーロン茶ポリフェノールの約1.4倍のパワー、
ポリフェノール量の比較ではブルーベリーの約4倍となっており、
食事の際の糖分・脂肪分が気になる方には注目の健康茶ですよ。

 ⇒ ★送料無料・手数料無料★栃本天海堂栃の実(トチノミ)(日本産・荒切) 500g【健康食品】(画像と...
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。