スポンサードリンク

高松の一鶴へ名物のご当地グルメ骨付鳥を食べに行ってきました


香川県高松市の名物ご当地グルメといえば、
うどん県ならではの讃岐うどんは勿論でありますが、
もう一方の雄、骨付鳥も忘れてはならない人気メニュー。
高松市内には骨付鳥を食べる事のできるお店は多々ありますが、
骨付鳥がビールなどお酒のおつまみとしてピッタリの料理
という事から、夕刻以降の夜のみ営業のお店も多いのが実情です。

そんな中で、元祖骨付鳥のお店とも言える老舗の人気店一鶴は、
一鶴は昼のランチタイムから営業している骨付鳥のお店なのに加え、
そもそも「骨付鳥」として登録商標しているくらいですから、
別格の存在の行列の人気店となっているのです。

高松一鶴外観.JPG

高松骨付鳥の一鶴は鍛冶屋町の商店街アーケードの外側にあり、
高松市美術館のある通りの裏手に位置しています。



高松一鶴入口.JPG

高松の一鶴は行列の骨付鳥の人気店として有名で、
特に土日など休日は商店街アーケードまで行列が延びている
という事も珍しくないという事ですが、この日は日曜日ながら
小雨混じりの天気も影響して開店当初は店内も空席がありました。

高松一鶴店内客席.JPG

一鶴の店内はモダンですっきりとしたシンプルな内装で、
ちょっと小洒落たビストロ風の洋風レストランのようです。

高松一鶴店内.JPG

一鶴のメニューには、ひな鶏と骨付き親鳥の二種類があり、
本来であれば両方にトライしてみたいところではありましたが、
今回は一人での来店だったため、骨付き親鳥をオーダー。
一般的に歯応えがあって硬いといわれる親鳥の肉質が
果たして一鶴独自のスパイスでどのように調理されているのか、
親鳥の肉質処理にこそ高松のご当地グルメ、骨付鳥の
調理と存在意義の真髄があるのではと考えた訳であります。

高松一鶴骨付鳥親鳥3.JPG

運ばれてきた一鶴の骨付鳥は、箸休めと口直し的な付け合せとして
生キャベツの酢醤油和えが添えられていました。
親鳥とはいえ骨付鳥として調理されるのは脂分の多い腿肉の部分なので、
箸休めの口直しとして嬉しい配慮と言えるでしょう。

高松一鶴骨付鳥親鳥セット.JPG

一鶴の骨付鳥(親鳥)は、外側の皮目の部分はこんがりと強火で焼かれ
パリッとした食感で、秘伝のスパイシーなタレの風味と相まって
非常に香ばしい味わいであります。


高松一鶴骨付鳥親鳥4.JPG

高松一鶴骨付鳥親鳥5.JPG

骨付鳥(親鳥)の内部は絶妙な火加減によりジューシーな食感ですが、
親鳥ならではの硬くしまった肉質が薩摩・宮崎地鶏を彷彿させます。

高松一鶴骨付鳥親鳥1.JPG

結果として、薩摩・宮崎地鶏の野性味溢れる食感と味わいに近い、
かしわ肉の旨みを存分に堪能できる美味しさを楽しめました。

高松一鶴骨付鳥親鳥2.JPG

一鶴の骨付鳥は、高松市で長年愛されているオリジナルスパイスの使用で
ビール系のお酒のおつまみとして非常に相性が良いと感じました。
そんな訳で、一鶴の店内では昼間からビールを注文する方も多く見られ、
酒類のドリンクメニューも充実していますので、骨付鳥でお酒を楽しむという
居酒屋・バー的な飲み会用としてもお勧めのお店です。

一鶴 高松店鳥料理 / 瓦町駅片原町駅(高松)高松築港駅

昼総合点★★★★ 4.0





芳本茶寮へ会津郷土料理わっぱめしと猪苗代そばを食べに行ってきました


福島県猪苗代町の会津郷土料理店、芳本茶寮へ行き
代表的な会津郷土料理わっぱめしと猪苗代そばを食べてきました。
芳本茶寮の場所は、磐越西線猪苗代駅を出て猪苗代役場線を北へ1.2km。
猪苗代駅からタクシーで2分程度ですが、自家用車でのご来店なら、
猪苗代磐梯高原インターチェンジから2.8kmの距離にあります。



芳本茶寮の店舗は、猪苗代盆地の畑の中にある一軒家です。
絶景の景色とはいかないかもしれませんが、店内の全室からは
田園に面した日本の原風景である里山的のどかな風景が楽しめます。
北側には磐梯山の雄大な景色もチラ見できますよ。

芳本茶寮の自慢の料理と言えば、わっぱめしと手打ちそば。
会津の代表的郷土料理のわっぱめしは、山仕事のお弁当が始まりで、
芳本茶寮では、新巻き鮭、会津地方で採れた山菜と野菜、会津産鶏肉
と、会津に昔からあった食材を使ってオリジナル手法で仕上げます。

芳本茶寮会津わっぱめし.JPG

そんな芳本茶寮の会津わっぱめしは、会津産食材という素材を活かし
薄味でナチュラルヘルシーに仕上げた優しいお味で心暖まります。
鮭や山菜など盛り付けられた具を良くかき混ぜて食べるのが流儀。
テーブルにも会津弁で「よくこらったなっし おらいのわっぱめしは、
鮭と山菜を、かんまして、たべてくんなんしょ」と食べ方を書いた
メモが置かれています。この紙は私のお気に入りで財布の御守りです。
何となく会津人の心の暖かさが伝わってくる気がして癒されるんです。

芳本茶寮会津わっぱめしの食べ方メモ.JPG

地の物猪苗代産野菜を使った天ぷらも美味しゅうございました。

芳本茶寮猪苗代産野菜の天ぷら.JPG

芳本茶寮の手打ちそばは、猪苗代産の蕎麦粉に拘っています。
磐梯山麓で収穫された玄蕎麦を製粉後に店内で蕎麦に手打ちしており、
現在の蕎麦粉は、猪苗代収穫のいなわしろ 天の香を使用との事です。

芳本茶寮手打ちそば1.JPG

白く淡麗な仕上がりながらも歯応えの舌触りと喉越しの良い
蕎麦の旨味と食べ応えをしっかりと感じられる会津蕎麦でした。

芳本茶寮手打ちそば2.JPG

会津へのドライブの途中にも立ち寄れる便利な立地の芳本茶寮。
あなたも会津わっぱめしや手打ちそばをたべてくんなんしょ。

芳本茶寮郷土料理(その他) / 猪苗代駅

昼総合点★★★★ 4.0



中津干潟カキのひがた美人を食べに行ってきました


大分県中津市のB級グルメ的名産・名物と言えば、
何と言っても地元の味ソウルフードとしても名高い
中津からあげが有名で、唐揚げの聖地と呼ばれています。
そうした中で、中津干潟という海の地の利を活かし、
新たなご当地名物を、と養殖されているのが
中津干潟カキのひがた美人です。

中津干潟カキひがた美人1.JPG

大分県北部の中津周辺の海岸線に位置する中津干潟は、
総延長10q、沖合2qという日本有数の広大な干潟で、
干潮時姿を現す遠浅な干潟は、絶滅危惧種のズグロカモメや
生きた化石カブトガニなどの希少生物が生息しています。

豊かな栄養素をたっぷりと含んだ干潟を資源として活かし、
中津ならではの特産品をと始まったのが干潟牡蠣の養殖です。
干潟では難しいと言われる牡蠣の養殖を日本で初めて成功させ、
日本で唯一干潟で養殖されたシングルシードオイスターが
中津干潟牡蠣のひがた美人です。

陸上で安全管理の下に生産されるシングルシード人口種苗は、
ブラプシーと呼ばれる中間育成装置で干潟適応能力を強化されます。
その後、中津干潟でBST養殖カゴの中で育てられるひがた美人は、
潮の干満や風による適度な揺れや、干潮時に空気中に晒される事で、
濃厚な甘い身質という干潟牡蠣ならではの味覚が形成されます。

中津干潟カキひがた美人2.JPG

その結果、牡蠣の身とカップ(殻)が綺麗で濃厚クリーミーな味わい、
種苗から出荷まで徹底した生産管理で明確なトレーサビリティーで
食材としての安全も万全という特徴を産み出しました。

あなたも大分県中津を訪れたなら、太陽と海と風という
大自然の恵みを沢山浴びて育った中津干潟シングルシードオイスター
干潟牡蠣のひがた美人を是非ご賞味ください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。