スポンサードリンク

ミ・チョリパン(代々木上原)でアルゼンチンソウルフードチョリパンを食べてみた


「チョリパン」という、パンにチョリソソーセージを挟んだ
ホットドッグ状のアルゼンチンソウルフードともいえるサンドイッチを
代々木上原のミ・チョリパンへ行って食べてきました。
チョリパンのお店、ミ・チョリパンの店舗のある場所は、
小田急線代々木上原駅から徒歩5〜6分の井の頭通り沿いにあり、
アルゼンチンの国旗を模したドラム缶が店頭に置かれているので、
近くまで行けばすぐにわかりますよ。

ミ・チョリパン店頭.JPG


東京都渋谷区上原2-4-8

ミ・チョリパンの入口には、極太のチョリソソーセージが
腸詰の様なルックスで、これでもか!と吊るされております。
材料に牛肉・豚肉を半々で使用し、スパイスを利かせた自家製の
このチョリソソーセージがチョリパンの具になるわけですね。

ミ・チョリパンのチョリソソーセージ.JPG

ミ・チョリパンの店内カウンターでは、チョリパンの具となる
チョリソソーセージが鉄板でグリル調理されており、
ミ・チョリパンの店内に香ばしい香りを漂わせております。

ミ・チョリパン店内カウンター.JPG

ミ・チョリパンのメニューには、ハーフサイズのミニチョリパンも
ありますが、今回はフリートッピング付きのレギュラーのチョリパンに
サラダとマテ茶が付くセットをオーダー。
ついでにトッピングとしてチーズもプラスしてみました。

まずは極太チョリソーソーセージが焼きあがるのを待ちます。
チョリソーがカウンター内の鉄板で焼きあがると、
同じく鉄板でトーストされた二つに切ったコッペパンの片方に乗せられ、
もう片方のパンにはトッピングのチーズがとろけた状態で登場。

チョリパン焼き上がり.JPG

ここに自分でトッピングを好きなだけ乗せていきます。
チョリパンのトッピングには、レタス、トマト、炒めた玉ねぎ、
ネギマヨネーズ、いつこさんのソース(数種類の角切り野菜を混ぜ合わせ
ドレッシング和え)、ピクルス、刻んだニラなど、数種類の
バラエティーに富んだラインアップ。

ミ・チョリパンのトッピング.JPG

ここは贅沢に欲張って全部乗せられるだけ乗せちゃいます。
そして、最後にチミチュリというアルゼンチン発祥の特製ソース(野菜や
香辛料にオイルやビネガーを混ぜたもの)を回しがけ〜。

チョリパントッピング全部乗せ.JPG

トッピングのチーズが乗ったもう片方のパンで挟むと、
大きな口を開けても頬張れないほどのボリュームとなりました。
チョリパンのお味の方はというと、グリル前のチョリソーソーセージの
脂ぎったルックスとは異なる意外にあっさりした食感です。
おそらく鉄板グリルの段階で脂が適度に落とされているのでしょう。
トッピングの野菜類やチミチュリソースと相まって、スパイシーで
濃厚ながらも予想外に爽やかな味わいであります。

チョリパン完成図.JPG

さて、こちらがチョリパンセットメニューのサラダでありますが、
フリートッピングのチョリパンメニューを選択した場合は、
トッピングと中身が殆ど同じなので特に必要ないかもです。

ミ・チョリパンのサラダ.JPG

アルゼンチンの庶民の味として現地で親しまれているソウルフード、
チョリパンを完璧に再現したミ・チョリパン。
ラテンの香りがするスパイシーなホットドッグをあなたも是非。




横浜みなとみらいハワイアンタウンでポップオーバーを食べてみた


横浜みなとみらいのワールドポーターズにあるハワイアンタウンへ
ムームーポップオーバーというデニッシュサンドイッチを食べに行ってきました。
横浜みなとみらいワールドポーターズのハワイアンタウンへは
今回が2度目の来場となります。
前回はブルーウォーターシュリンプのガーリックシュリンプと
レナーズのマラサダを食べたので、今回は前回食べられなかった
ハワイで話題の新感覚デニッシュサンドイッチポップオーバーに
是非ともチャレンジしたいと思い、再訪となりました。
MuuMuuPOPOVER/ムームーポップオーバーの店舗の場所は、
レナーズとブルーウォーターシュリンプの先の奥のスペースです。

横浜ハワイアンタウンMuuMuuPOPOVER入口.JPG

MuuMuuPOPOVER/ムームーポップオーバーの店内は一段床上げされた
ウッディーなフロアーに赤白チッェクのクロス掛けテーブルが並ぶ
カジュアルなカフェダイニングスタイルの内装で、気取らず楽しめる
アットホームな雰囲気です。

横浜ハワイアンタウンMuuMuuPOPOVER店内.JPG

キッチンはオープンキッチンスタイルで、カウンターでオーダーし、
呼び鈴のブザーを渡されて座席で出来上がりを待ちます。
ブザーが鳴ったら自分でカウンターに料理を取りに行って席に運ぶ
というセルフサービススタイルです。

横浜ハワイアンタウンMuuMuuPOPOVERキッチンカウンター.JPG

MuuMuuPOPOVERにはロコモコといったハワイアンローカルフードの
定番料理メニューもありますが、ここはせっかくですので、
ポップオーバーの中からメニューをチョイスすることとします。
(以下のメニューの価格は2012年12月時点のものです。)

横浜ハワイアンタウンMuuMuuPOPOVERメニュー1.JPG

ハワイアンローカルフードの新食感デニッシュのポップオーバーとは
外はサクサク、中はしっとりしたデニッシュ生地のバンズに
アイスクリームや季節のフルーツを挟んでスィーツにしたり、
ハム、チーズ、エビ、アボガド、サーモン、野菜類などを挟んで、
ヘルシーなサンドイッチにしたりという新しいデニッシュフードです。
MuuMuuPOPOVERではスィーツをPOPOVER ROCK/ポップオーバーロック、
サンドイッチメニューをPOPOVER SAND/ポップオーバーサンドと
それぞれ呼び分けているようです。
今回はランチの食事としてポップオーバーを食べたいと思い、
ポップオーバーサンドのWatercress(エビとアボガドとクレソン)と、
ハワイアンソルトとロミロミサーモンを注文してみました。
(以下のメニューの価格は2012年12月時点のものです。)

横浜ハワイアンタウンMuuMuuPOPOVERメニュー2.JPG

まずはポップオーバーサンドWatercress(エビとアボガドとクレソン)。
たっぷりの具と山盛りのクレソンで下のバンズが殆ど見えません。

横浜MuuMuuPOPOVER SAND Watercress.JPG

ポップオーバーのバンズデニッシュは外側がゴツゴツと堅く
結構、噛み応えのある食感の生地です。
例えて云うと、シュークリームの生地を、よりしっかりと
硬めに歯応えがある食感で焼き上げた感じという感じです。
ちょっとベーグルに近い感じで、デニッシュといっても
油っこさやしつこさは感じずあっさりさっぱりとした食感です。

横浜ハワイアンタウンボップオーバーデニッシュ.JPG

Watercressの具は、エビとアボガドとクレソンは勿論のこと、
オニオンスライスやトマトの輪切りも乗っていてヘルシーな陣容。

横浜MuuMuuPOPOVER SAND Watercressの具.JPG

ポップオーバーの食べ方は、まず付け合せのソースを具にかけ、
付属の紙ナプキンの袋にバンズごと入れて両側から押して挟み、
そのまま袋に入れたままハンバーガーと同じ要領でいただきます。

横浜MuuMuuPOPOVER SAND Watercress1.JPG

横浜MuuMuuPOPOVER SAND Watercress2.JPG

横浜MuuMuuPOPOVER SAND Watercress3.JPG

続いてポップオーバーサンド・ハワイアンソルトとロミロミサーモン。

横浜MuuMuuPOPOVER SANDハワイアンソルトとロミロミサーモンset.JPG

ハワイアンローカルフードの定番のひとつであるロミロミサーモン。
サーモンの角切りをトマト、玉ねぎとさっぱりの塩味で和えた料理で、
アクセントにピーマン、ケッパー、レモンが添えられています。
こちらは付け合わせのソースも酸味の効いたマヨネーズ風味でした。

横浜MuuMuuPOPOVER SANDハワイアンソルトとロミロミサーモン具.JPG

MuuMuuPOPOVERのポップオーバーサンドは、ヘルシーな具のせいもあり
ボリュームがありながらも胃もたれせずあっさりさっぱりとした食感で
サラダ感覚でいただける新感覚のサンドイッチでした。
もう少しずっしりとした食べ応えが欲しい方には、3種のハムとチーズ、
スパムとタマゴサラダといったメニューもありますよ。
横浜みなとみらいワールドポーターズのハワイアンタウンも
オープン当初に比べ客足もだいぶ落ち着いてきて、混雑も少なく
ブルーウォーターシュリンプともどもさほど待たずに食べれますので、
ハワイアンローカルフードを日本で手軽に食べるまたとないチャンス到来♪
といえるのではないでしょうか。

鎌倉小町通りで手づくりソーセージのホットドッグを堪能


鎌倉の小町通りは多くのお土産物屋や飲食店が競い合っていて、
入るお店に困ってしまうほどの充実ぶりなのですが、
休日のお昼時ともなると鎌倉小町通りは観光客で大混雑するので、
鎌倉小町通りで待たずに昼食を食べるのは至難の業になります。
鎌倉近郊の方は並んで待ってお昼を食べてもいいと思いますが、
わたしのように都心からわざわざ出かけて行った場合、
並んで待っている時間がもったいない!ということで、
鎌倉での昼食には常に非常に困っているわけです。
そんな鎌倉小町通りの飲食店事情ですが、鶴岡八幡宮方面には
ちょっとお洒落な手作りソーセージ屋さんが店を出していて、
グリルした本格ソーセージやソーセージを挟んだホットドッグなど
路上でも手軽に食べられるスナック軽食を楽しめるので、
時間に追われる鎌倉観光の際は重宝しています。
そんな鎌倉小町通りの手作りソーセージ屋さんの一軒に
インビス鎌倉(imbiss鎌倉)があります。

2007年元旦に小町通りにオープンしたインビス鎌倉は、
ソーセージ作りを本場ドイツでマイスターに師事して学んだ
ハム作り30年の畜産業界大ベテランの方が社長を務めるお店で、
気軽に入れる庶民的かつカジュアルな雰囲気が嬉しいお店です。
インビス鎌倉店頭.JPG
imbiss鎌倉では本格手作りソーセージやベーコンなど
お持ち帰りで購入することができるほか、
それらを挟んだホットドックやサンドイッチなど軽食も楽しめます。
インビス鎌倉の店内の席数は10席ほどと少ないですが、
この日は運良く席が空いていたので店内で食べることにしました。
せっかくだから手作りソーセージを目一杯堪能したい♪
ということで、プレーンとスモークソーセージの2種類を挟んだ
「ダブルドック」(450円)をオーダー。
imbiss鎌倉ダブルドック.JPG
この日のスモークソーセージはチョリソーだということで、
ピリッと辛い風味のアクセントが効いていました。
また、imbiss鎌倉オリジナルと思われる粒マスタードは
細かく刻んだピクルスの酸味が効いていて、
手作りソーセージの風味をまた一段と引き立てる味わいです。
インビス鎌倉では地ビールの鎌倉ビールも楽しめますので、
ソーセージ片手に美味しいビールという本場ドイツの楽しみ方も
気軽に実現することができちゃいます♪
みなさんも鎌倉小町通りへ行ったら、インビス鎌倉で
本場ドイツ譲りの手作りソーセージと鎌倉ビールを
鎌倉の景色を見ながら楽しんでみてください。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。