スポンサードリンク

Hawaiian Pancake Factory新宿ミロード店でハワイアンパンケーキを食べてみた


新宿モザイク通り脇の小田急新宿店と新宿ミロード間の連絡通路
M2Fにあるハワイアンパンケーキファクトリー新宿ミロード店へパンケーキを食べに行ってきました。
この場所は以前は別のカフェレストランだったと記憶していますが、
いつの間にかHawaiian Pancake Factoryの支店として
リニューアルオープンしていたようです。

Hawaiian Pancake Factory新宿ミロード店外観.JPG


東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿ミロード M2F

ハワイアンパンケーキといえば、本場ハワイから日本へ上陸した
エッグスンシングス/Eggs'n Thingsが有名で人気ですが、とにかく超混雑で
特に土日祝日などの休日はオープン前から長蛇の列の行列覚悟の人気店。
本場ハワイオアフ島ワイキキより待ち時間が長そうな事に怖気づき
今まで日本では食べる事がなかったのであります。

⇒ ハワイワイキキエッグスンシングス/Eggs'n Things体験記はこちら♪

ハワイアンパンケーキファクトリー新宿ミロード店は、
新宿駅直結の駅ビル内という超便利なロケーションにも関わらず
入店待ちの行列も比較的見かけた事がなかったので来店してみると
休日の午後にも関わらず若干ティータイム前であったのも幸いしてか
待たずにすんなり入店することができました〜♪

Hawaiian Pancake Factory新宿ミロード店入口.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーはハワイアンパンケーキがメインの
トロピカルなムード溢れるカフェタイプのパンケーキ店です。
お店で働く女性スタッフの制服もハワイアン調のプリント柄の腰巻で、
真冬の季節でも店内は常夏の国ハワイの雰囲気満点です。
ハワイのビーチサイドレストランをイメージしたという店内の内装は、
明るく開放感に溢れたウッディーな空間を演出しています。

Hawaiian Pancake Factory新宿ミロード店店内1.JPG

Hawaiian Pancake Factory新宿ミロード店店内2.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーのハワイアンパンケーキは
お約束ともいえるふんわりフワフワの山盛りホイップクリームが
パンケーキの上にテンコ盛りでトッピングされているのが特徴です。
パンケーキメニューには色々なフルーツのトッピングがあり迷いますが、
今回はスタンダードなトロピカルフルーツ、パイン&ココナッツという
ある意味ハワイ定番王道的なコンビネーションをオーダーしてみました。

Hawaiian Pancake Factoryパイン&ココナッツ.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーの付け合せの特製ホイップは
ハワイアンパンケーキ定番の山盛りのボリュームではあるものの、
パンケーキの直接上でなく脇の方にある意味で控えめに盛られているので、
パンケーキ生地そのものの風味も併せて楽しむ事ができます。

ハワイアンパンケーキファクトリー特製ホイップクリーム.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーフルーツ.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーパンケーキ.JPG

パンケーキシロップには、スタンダードなメイプルリーフシロップに加え
ココナッツミルクシロップ、マンゴーシロップというトロピカル風味の
計3種類のシロップが卓上に用意されていました。

Hawaiian Pancake Factoryパンケーキシロップ1.JPG

Hawaiian Pancake Factoryパンケーキシロップ2.JPG

ハワイアンパンケーキファクトリーではドリンク類もハワイ流にこだわり
コーヒーはもちろん、ハワイのコナブレンドコーヒーが供されます。

Hawaiian Pancake Factoryコナコーヒーブレンド.JPG

他にもハワイアンジュースやハワイの地ビールなど、飲食全てにおいて
ハワイアンにこだわったハワイアンパンケーキカフェレストランです。
エッグスンほどの行列待ちはないけれど、退転時には10人ほどの行列待ち
ということで、休日ならティータイム前の正午前後の時間帯なら
待たずに席につける確立が高くお勧めです。



井山屋出雲店へ行きカリカリ揚げ饅頭出雲黒あげ白あげを食べてきました


井山屋製菓出雲店へ行き、かりかり饅頭として地元でも人気の
出雲名物の揚げ饅頭あげ黒あげ白を食べてお土産に買って帰りました。
井山屋製菓は明治三十五年の創業という老舗の出雲和菓子店で、
花馬饅頭本舗として地元出雲で有名なお菓子屋さんですが、
最近は創作和菓子やケーキ類の洋菓子にも定評があります。
井山屋製菓はJR山陰本線田儀駅が最寄り駅の出雲市多伎町で
創業以来、代々営業を続けてきましたが、高速道路の開通もあり、
出雲市中心部や出雲大社、島根ワイナリーにもほど近い
江田町の大型農道沿いに2015年1月に新店舗をオープン。
今回は井山屋製菓代表を勤める坂根 守さん直々のご案内で来店し、
出雲土産の銘菓をお土産に買って帰ったというわけなのです。

井山屋製菓出雲店外観.JPG

井山屋製菓出雲店入口.JPG


島根県出雲市江田町73-3

井山屋製菓代表の坂根 守さんは、合併前から町議会議員を務められ
出雲市合併後の第5代出雲市議会議長として活躍(H26年1月現在)されて
いる方で、地元出雲市民からも人望の厚い非常に温厚で人柄の良い方です。
私も今回、出雲大社参拝の帰りに個人的なご縁で来店させて頂いたのですが、
このあたりも、縁結びの神様出雲大社の御利益のひとつなのかもしれません。

井山屋製菓出雲店店内1.JPG

井山屋製菓出雲店店内2.JPG

さて、井山屋製菓の名物は、花馬饅頭を始めいくつか種類がありますが、
ここ最近人気の和菓子がお店の看板にも大きく宣伝として記された
かりかり饅頭「出雲黒あげ白あげ」であります。
「カリカリをあなたに届けたい!」のキャッチフレーズどおり、
表面が香ばしく揚げられた揚げ饅頭で、中の餡の種類で2種類の品名、
黒餡が「黒あげ」白餡が「白あげ」になります。

井山屋製菓出雲店看板.JPG

出雲黒あげ白あげ.JPG

「出雲黒あげ白あげ」は揚げられた皮の部分に黒糖の香ばしい風味があり、
白餡の白あげは比較的淡白な風味、黒餡の黒あげはコクのある風味と
中身の餡の種類によって味付けを微妙に変化させています。
全体の甘さ自体は控えめで、黒糖の上品な香ばしさを前面に出した
後を引く癖になる美味しさがあります。
かりんとうまんじゅうの系列のお味といってよいでしょう。

出雲黒あげ表面.JPG

出雲黒あげ黒餡.JPG

揚げ饅頭「出雲黒あげ白あげ」は、予め加熱前の仕込み状態のものを
店舗に並べる分だけ少量ずつ店内で加熱調理して揚げているため、
出来立てのカリカリの状態のお饅頭を楽しむ事ができます。
その代わり賞味期限が販売日から2日ほどと日持ちがしないので、
長距離移動のお土産には適さないのがちょっと残念です。
賞味期限内でも、揚げてから時間が経つと表面のカリカリ感が薄れ、
しっとりした食感になるので、やはり揚げたてを店内でほおばってしまう
または駐車場ですかさず食べるという、ある意味行儀悪な食べ方が
一番お勧めの食べ方かもしれません。

出雲白あげ表面.JPG

出雲白あげ白餡.JPG

井山屋製菓を代表するもう一種類の銘菓、花馬饅頭の方は
真空パック詰めで日持ちがしますので、お土産には向いてるかもです。
井山屋製菓の銘菓の一部はネット通販でお取り寄せも可能とのことです。


⇒ 明治三十五年の創業以来、ふるさと出雲のお菓子をつくり続けています。創業明治三十五年!井山...


⇒ 多伎町特産のいちじくをふんだんに使用した小豆の本練り羊羹島根県多伎町産いちじく使用! 【...

井山屋製菓の本店は田儀駅最寄りの多伎町にありますので、
出雲にお出かけの際は、いずれかの井山屋に立ち寄って
出雲銘菓を是非、味わってみてはいかがでしょうか。


島根県出雲市多伎町口田儀846-3


亀井堂(神楽坂)のクリームたっぷりクリームパンを食べてみた


神楽坂にカスタードクリームたっぷりのクリームパンを売る
亀井堂というベーカリーぱん屋さんがあるというので、
クリームパンを食べに行ってきました。
クリームパンが名物の神楽坂のパン屋亀井堂のお店の場所は、
神楽坂商店街のメインストリートの神楽坂口を赤城神社方面に
入った路地裏のちょっと分かりにくい場所にあります。

神楽坂亀井堂.JPG
東京都新宿区神楽坂6-39 亀井堂ビル 1F


さて、神楽坂亀井堂の名物クリームパンは、
具のカスタードクリームの量が多いことが特徴なのですが、
どの位カスタードクリームの量が多いかといいますと、
カスタードクリームが重すぎてトングでクリームパンを持つと
パン生地がちぎれてしまうので、フライ返しのようなもので
パンをトレーに乗せるのが作法となっているほどなのです。
その超重量級カスタードクリームを内包した亀井堂クリームパン
お姿をとくとご覧いただきたいと思います。

神楽坂亀井堂のクリームパン.JPG

微妙な丸さで厚みもしっかりした亀井堂クリームパンは、
外観からしてクリームたっぷりが一目で分かるほどであります。
パン生地がちぎれないよう両手で優しく持ち上げて、
中身のカスタードクリームを確認してみましょう。

亀井堂クリームパンのカスタードクリーム.JPG

亀井堂クリームパンの具のカスタードクリームは、
焼きプリンのようなしっかりとした食感に甘さ控えめの風味。
パン生地に塩味を効かせてあるので、クリームが甘さ控えめでも
全体としてほのかな甘みが引き立つという老舗ベーカリーならではの
心憎いバランスの味わいとなっております。
亀井堂クリームパンは地元神楽坂の住人にも愛され人気のようで
午後の早い時間には売り切れじまいの事も多いようなので、
お出かけの際は早めの来店をお勧めいたします。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。