スポンサードリンク

鎌倉小町通りで鎌倉ソーセージと腸詰屋を堪能する


鎌倉地方は、古くから横浜で外人相手に販売を行う目的で
畜産業とハム・ソーセージ造りが盛んな土地柄です。
近年でも高座豚に代表されるブランド豚の産地が近いので
ハム・ソーセージ作りは盛んに行われていて、
鎌倉ハム・鎌倉ソーセージは鎌倉ご当地グルメのひとつ
といっても過言ではないでしょう。
鎌倉小町通りにも鎌倉ハム・ソーセージ店があり、
鎌倉土産として買って帰ることももちろん可能ですが、
小町通りで焼き立てソーセージにかぶりつく♪
というスナック感覚で気軽に楽しむこともできますよ。
そんなお店のひとつとして、鎌倉小町通りの奥にある
imbiss/インビスをご紹介したところですが、
今回は鎌倉小町通りのimbiss/インビス筋向いにお店を構える
ARUKAMAK CAFE/アルカマック・カフェ体験記です。

鎌倉小町通りを鶴岡八幡宮を目指して進んでいくと
小洒落た欧風カフェの店頭で串刺しのソーセージを
おいしそうにほお張っている光景を見かけるでしょう?
そこがARUKAMAK CAFE(鎌倉ソーセージ工房)です。
鎌倉小町通りARUMAK CAFEアルマック・カフェ.JPG

手作りソーセージが自慢のアルマックカフェは、
評判の手作りソーセージ教室も開催していますので
興味のある方は問い合わせてみるといいと思います。
アルマックカフェは手作りソーセージをグリルしたものを
串刺しにしてその場で食べることができるので、
気軽に鎌倉ソーセージを楽しむことができますよ。
ソーセージはプレーン、チョリソー、バジル、
グリーンハーブ、レッドハーブの四種類で、
値段はどれも一本350円です。
ソーセージをパンに挟んでサンドイッチにもできるので、
ちょっとしたランチにもぴったりですよ。
鎌倉ソーセージ グリーンハーブサンド.JPG

今回はグリーンハーブとレッドハーブのソーセージを
それぞれサンドイッチにしていただきました。
手作り鎌倉ソーセージはどちらもとてもジューシーで
噛むと皮がプチッと弾けて中から肉汁が滴り
ソーセージの王様とも言うべき味わいです。
次回はバジルとチョリソーにチャレンジしたいと思います。
鎌倉ソーセージ レッドハーブサンド.JPG

アルマックカフェでは腸詰屋ハム・ソーセージも売っていて
店内は多数の商品が試食販売されているので
鎌倉土産に何を買って帰ろうか目移りしてしまいます。
今回は腸詰屋のプレーンな白いソーセージ
プラートヴルスト・フランク(無塩せきソーセージ)と、
腸詰屋プラートヴルスト・フランク(無塩せきソーセージ).JPG

レバーソーセージのレバーローレに決定♪
腸詰屋レバーローレ.JPG

腸詰屋ソーセージは基本的に焼きソーセージなので
お湯で3〜4分ボイルした後にフライパンでグリルして
表面にこんがりと焼き色が付いたら出来上がりです。
口の中に肉汁がほとばしるジューシーさがたまりません♪
腸詰屋白いソーセージをグリル.JPG

腸詰屋白いソーセージグリル完成図.JPG

一方のレバーソーセージはレバーの癖を抑えつつも
ネットリとソフトでレバーパテのような食感です。
とってもマイルドで優しい風味なので、
クリームチーズと一緒にパンに乗せて食べると
抜群のコンビネーションが楽しめますよ♪
腸詰屋レバーソーセージ.JPG

腸詰屋レバーソーセージ断面図.JPG

腸詰屋レバーソーセージ盛り付け図.JPG

この他にも生ハム、生サラミ、牛タンスモークなど
ハム・ソーセージ好きにはたまらない逸品揃いなので
鎌倉小町通りを訪れた際には要チェックですよ。



北鎌倉名物光泉の稲荷ずしは売り切れ必至の老舗の逸品


鎌倉駅から一駅の北鎌倉は緑深い鎌倉の自然や落ち着いた雰囲気で
円覚寺、建長寺、東慶寺を始めとする神社仏閣が多くあるので、
鎌倉ならではの散策にはもってこいのスポットです。
そんな北鎌倉名物として有名なのが、北鎌倉駅本改札正面にある
光泉の稲荷ずしなのです。
北鎌倉名物の稲荷ずしで有名な光泉の店舗は、
北鎌倉らしい趣きあるレトロな店構えで北鎌倉駅前にありますが、
店舗は構えていても現在はお持ち帰りのみの扱いのようです。
北鎌倉光泉店頭.JPG
光泉の店内は何か懐かしさを感じさせる昭和の香りが漂っていて
店内から見える庭の風景は古き良き日本を感じさせる
本当に情緒溢れる鎌倉らしい景色です。
こんなお店でのんびりとお茶でも楽しめたら、
贅沢な時間が過ごせるだろうなぁと思ってしまいました。
老夫婦のみで切り盛りしているようで、店内の接客まで手が回らない
ということで現在はテイクアウトのみになっているのかもしれません。
北鎌倉光泉店内.JPG
さて、光泉の稲荷ずしは一箱650円です。
一般的なお稲荷さんの形とは違い細長いのが特徴で、
口当たりは上品なのですが、ジューシーな油揚げから
しっかりとしたコクのある味付けがジワジワと染み出してきて、
意外にも稲荷ずしのわりには食後感が満腹に近いものがあります。
北鎌倉名物光泉の稲荷ずし1.JPG
付け合わせの紅ショウガと一緒に食べると、甘辛い味が引き立ち
まさに後を引く絶品の美味しさといえるでしょう。
持ち運びも手軽ですし、屋外でも手軽に食べられるので、
光泉の稲荷ずしは北鎌倉散策に絶好のお弁当だと思います。
北鎌倉名物光泉の稲荷ずし2.JPG
そんなことから光泉の稲荷ずしは北鎌倉名物として
多くの鎌倉観光客から愛され続けているのでしょう。
実際に、光泉の稲荷ずしは北鎌倉を訪れる方に人気絶大のようで、
お昼前には売り切れてしまうことも多いと聞きます。
北鎌倉に立ち寄ったら、まずは駅前の光泉で稲荷ずしを買う
これが北鎌倉散策の鉄則といっていいでしょう。

鎌倉名物玉ねぎ入りの「鎌倉健康飴」は喉に優しい?


ちょっとした小旅行ということで都心から北鎌倉へ行ってきました。
江ノ島電鉄の鎌倉駅を降り、JR鎌倉駅で北鎌倉方面の横須賀線を待つ間、
北鎌倉駅ホームのキオスクで妙な鎌倉名物を発見。
玉ねぎ入りの「鎌倉健康飴」で、喉に優しい飴ということらしいのですが、
玉ネギ入りの飴とは初耳で妙に気になって仕方がなくなり、
これを逃すと一生口にせずに終わってしまうかもしれない!
という奇妙な焦燥感にパニック状態を起こしたわたしは、
ついついこの玉ねぎ入り「鎌倉健康飴」なるものを
購入してしまったのでした。
鎌倉健康飴玉ねぎ入り.JPG
してお味の方はというと、玉ねぎ入りの飴だからといって
決して辛くて口中がヒリヒリするということもなく、普通に甘いです。
でもそこはかとなく漂うこの後口の風味は〜やっぱり玉ねぎ!
ラベルの原材料表記に「玉葱」とあるので、玉ねぎを使っていることは
間違いのない事実だとじっかんできる味わいです。
しかし、なぜわざわざ飴の材料に玉ねぎを使うのか、
玉ねぎは喉にいいということからそうなっているのでしょうが、
玉ねぎが喉にいいなんて聞いたことないような。。
鎌倉地方に伝わる民間療法か何かなのでしょうか?
ちなみにインターネットで「玉ねぎ 喉にいい」と検索してみたのですが、
それらしい記述は全く見つからず、玉ねぎの成分に関係あるのかな?
と思い「玉ねぎ」で検索してみたら、頼みのウィキペディアですら
玉ネギ男という訳の分からない俳優についてヒットしてしまったりと、
真相は全くの闇の中であります。
ちなみにこの玉ネギ男なる俳優、出身は鎌倉のある神奈川県だそうですが、
その辺り何か関係あるのでしょうか。
鎌倉と玉ねぎの関係の謎はますます深まるばかりです。
ちなみに、この鎌倉名物玉ねぎ入りの「鎌倉健康飴」、
お値段の方は確か350円位だったような気がしますがよく覚えていません。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。