スポンサードリンク

青森新津軽ラーメンこく煮干しを東京ラーメンショー2012で食べてみた


青森県津軽地方を代表する煮干しだしの津軽ラーメンの新たな形
新津軽ラーメンこく煮干しが東京ラーメンショー2012に出店する
と聞き、早速その味を確かめに食べに行ってきました。
津軽ラーメンは津軽そばから発展した煮干し出汁のラーメンで、
その歴史は昭和初期まで遡るという歴史のあるご当地ラーメンです。
東京ラーメンショー2012への出店は、長尾中華そば、出し屋、五丈軒、
中華そばひらこ屋、マルミサンライズ食堂からなる津軽ラーメン煮干会。
近年、青森県津軽地方で人気となっている津軽ラーメンの進化形、
こく煮干しラーメンを引っさげての出店でございます。

新津軽ラーメンこく煮干し東京ラーメンショー2012.JPG

青森新津軽ラーメンこく煮干しのブースの店頭まで行列を進むと
強烈な煮干を炊いた香りが周囲に漂っています。
店頭に置かれている箱を見ると、いりこと、煮干いわしの箱ですが、
香川県伊吹島、愛媛県南宇和郡と、両方とも瀬戸内海産の食材です。
温暖化等で生態系も変わってしまっているので、煮干の仕入れも
青森産のみで賄うという訳にはいかない事情は大いに理解できますが、
イベント自体がご当地ラーメンを競うフェスティバルなのですから、
こういった舞台裏事情を客に分かるように表に出してしまうのは、
あまりにも無神経でずさんなブース運営といわざるをえませんね。
明らかに地元産でない食材の箱はバックヤードに隠しておくべきです。
これでは食べる前から興醒めしてしまうというものですよ。

新津軽ラーメンこく煮干し使用の煮干類.JPG

さて、津軽ラーメンの進化形と云われる「こく煮干しラーメン」、
動物系食材を多く使った濃厚なスープが特徴との言葉どおり、
スープは茶褐色に白濁して豚骨魚介系ラーメンの様相を呈しております。
見た目は同じく魚介風味の効いた旭川ラーメンのようでもありますね。

新津軽ラーメンこく煮干し.JPG

新津軽ラーメンこく煮干しスープ.JPG

こく煮干しラーメンの麺は、煮干し本来の味を楽しめるようにと
かん水無添加で、しかも小麦にはプライムハート種を使用することで、
力強いスープに負けないモチモチ感を出すことに成功しているとのこと。

新津軽ラーメンこく煮干し麺1.JPG

確かに中太のストレート麺は、モッチリした歯応えで麺の表面もなめらか。
小麦の旨味もそこそこ感じられるなかなかの仕上がりと感じました。

新津軽ラーメンこく煮干し麺2.JPG

トッピングに追加した味付け煮玉子は、黄身の茹で加減が極限まで半熟で、
白身にも黄身にもしっかりと味が染み込んだなかなかの逸品でありました。

新津軽ラーメンこく煮干し味付け煮玉子.JPG

そうした個々のパーツの美味しさはあっても、個人的に疑問に思ったのは、
エグ味すら感じるほど強く煮干味が出た濃厚スープの味わいです。
動物系食材を多く使用することで白濁させコクを出した煮干しスープは、
煮干味が強く出すぎているのか妙な苦味を感じるだけで旨味を感じません。
一般的な豚骨魚介ラーメンスープが持つような、動物系のコクと旨味の上に
魚介系の芳香が香るハーモニーが感じられず、煮干しの苦味の後ろで、
愚鈍で煮え切らないまったり感をただ持て余しているような風味なのです。
煮干風味の強いスープなら、清湯スープで切れのある透明感に仕上げるか、
動物系風味のコクのある味わいのスパイス的な使い方にするべきでしょう。

東京ラーメンショー2012で食べた新津軽ラーメン「こく煮干し」は、
美味しく食べられたかと聞かれれば、まぁそれなりに美味しかったですが、
再度リピーターとして食べるか?と聞かれればその答えはノーです。
もう一度、津軽そばの原点に返って、煮干しという食材の扱い方を
再考してみるべきではないでしょうか。



千葉房総竹岡式ラーメンを東京ラーメンショー2012で食べてきました


千葉県房総半島を中心に話題の房総・竹岡式ラーメンを食べに
東京ラーメンショー2012に行ってきました。
房総・竹岡式ラーメンは関東地区で新たなご当地ラーメンとして
一世を風靡する人気ラーメンになっており、都心からわざわざ車で
房総半島まで食べに行く人が続出するほどの人気ご当地ラーメンです。
房総・竹岡式ラーメンは、房総半島西側の富津市にある小さな港町
竹岡漁港で半世紀以上に渡り愛されているご当地ラーメンです。
房総・竹岡式ラーメンの出店ブースは、2週間に渡って開催される
東京ラーメンショー2012の一週目・第一幕に出店されていました。
房総竹岡式ラーメン東京ラーメンショー2012.JPG

昨今の口コミブームで人気となっている竹岡式ラーメンだけあり、
出店ブースの前は長蛇の列の行列待ちとなっております。
その上、竹岡式ラーメンは調理に特別に時間がかかるのか、
それとも単に調理の手際が悪いだけなのか、どちらかは分かりませんが
客回転が極めて悪いため、長時間の行列待ちを強いられました。
竹岡式ラーメンブース前での行列待ちの時間は1時間をオーバー。
他店の2倍以上の時間がかかる行列待ちとなってしまいました。

房総竹岡式ラーメン東京ラーメンショー2012店頭.JPG

房総・竹岡式ラーメンでの東京ラーメンショー2012への出店は、
千葉ラーメン ra2、麺屋宗、武道家の3店舗のコラボで、
食材は竹岡式発祥店「梅乃家」と同様の食材、都一製麺製の乾麺と、
富津の宮醤油を使い、元祖の製法を忠実に再現したものとのことです。
行列している間も、その醤油で煮豚を焚く香ばしい匂いが漂っていて
思わずお腹が鳴り、唾液がパブロフの犬のように分泌されてきます。

房総竹岡式ラーメン2012.JPG

さて、そんな苦行僧のような行列修行で待ち続けてやっと手にした
房総・竹岡式ラーメンの姿がこちらでございます。
漆黒真っ黒な醤油色のスープにチャーシューがゴロゴロ転がり
麺とメンマの上からは八王子ラーメンばりの刻み生玉ねぎが雨アラレ。
ちなみに房総竹岡では刻み生玉ねぎのトッピングをヤクミと云うそうです。

房総竹岡式ラーメン2012スープ.JPG

麺は中細のちぢれタイプでスープの持ち上げが良いタイプ。
どれだけ持ち上げが良いかというと、箸でスープを持ち上げると
麺がスープの色で真っ黒になってしまう程です。
この光景、どこかで見たような…と思ったら記憶がフラッシュバック。
東京ラーメンショー2011で食べた富山ブラックラーメンと瓜二つです。
しかし食べてみて味は全く違うことに驚愕いたしました。

房総竹岡式ラーメン2012麺.JPG

一口麺を啜ってみた感想を率直に申し上げさせていただきます。
しょっぱいっ!しょっぱくて塩辛すぎるっっ!!
富山ブラックは見た目とは裏腹に非常にマイルドな味わいでしたが、
竹岡式のブラックラーメンかと見紛うほどの漆黒色のスープのお味は、
チャーシューを煮た生醤油タレそのままでスープで割ってないのでは?
と思われるほどのしょっぱさ、塩辛さであります。
麺を啜っているだけでもしょっぱくて困るほどの塩辛さなので、
スープ単体を飲んで味わうなど到底無理な塩辛さであります。
確かに、かつて頑固ラーメンの創始者が云っていたように、
ラーメンスープは塩辛い方が美味い、スープなんか全部飲めなくていいの!
とのご高説があったのも知っていますが、それにしてもこれはちょっと。。

房総竹岡式ラーメン2012チャーシュー.JPG

チャーシューは確かにボリュームもあって味も染みていますが、
いずれにしても塩辛すぎることは同じであります。
房総・竹岡式ラーメンは元々、港の漁師町で親しまれているラーメンなので
漁という過酷な肉体労働を終えた漁師さん方が食べるという意味での
塩分の多さという点では納得できますし、必然性のある味付けだと思います。
しかし、その味をそのまま一般人に適用して果たして受け入れられるものか?
っていうか既にブームになっているという信じがたい現実があるのですが、
皆さん、本当に美味しいと思って食べてますか?
ラーメン本・雑誌の情報に踊らされて旨いと思い込んではいませんか?
(このことは69'N'ROLL ONE/ロックンロールワンでも同様の命題)
肉体を酷使してない一般人が常食したら一発で塩分過多で病気になる味、
竹岡式ラーメンを私は美味しいとは全く思いませんでしたし、
二度と食べるつもりはありません。ましてや行列してなど悪い冗談です。
ガテン系とかで肉体を酷使している方以外にはお勧めできないラーメンが
房総・竹岡式ラーメンだと断言いたします。

鳥取牛骨ラーメン香味徳を東京ラーメンショー2012で食べてきました


鳥取県西部のご当地ラーメンの牛骨ラーメン香味徳(かみとく)を
東京ラーメンショー2012に行って食べてきました。
東京ラーメンショー2012は第一幕と第二幕の2週間に渡り
駒沢オリンピック公園で開催されたラーメンフェスティバルですが、
鳥取牛骨ラーメン香味徳はそのうちの第一幕に出店されていました。
鳥取牛骨ラーメンは東京ラーメンショー2011にも出店していましたが、
前年は食べそびれてしまい悔しい思いをしたのでそのリベンジです。

鳥取牛骨ラーメン東京ラーメンショー2012-1.JPG

さて、スープのダシに通常使用される豚骨・鶏ガラではなく
牛骨を使用した牛骨ラーメンは、以前、ラーメンブームの初めのころ
ブームになりかけた事がありました。
他店との差別化を図るという意味合いもあり、東京都心でも
牛骨ラーメン店はチェーン店も含め何店舗か見かけたものです。
そうしてやっと市民権を得つつある時に起こった悲劇が、
狂牛病・BSE騒動であり、牛骨スープの味の決め手でもある骨髄が
危険部位とされたため、牛骨ラーメン店は瞬く間に姿を消しました。

一方で、ラーメンブーム発祥以前から米子市を中心とした鳥取県西部で
ご当地グルメラーメンとして親しまれていたのが鳥取牛骨ラーメン。
地元鳥取では60年以上の歴史を持つ正真正銘のご当地グルメラーメンで、
狂牛病・BSE騒動も一段落した今、新たなラーメンのスタンダードとして
その名を全国に轟かせるべく東京ラーメンショーに出陣中なのです。

鳥取牛骨ラーメン東京ラーメンショー2012-2.JPG

東京ラーメンショー2012への出店は、香味徳、レストラン吉華、幸雅、
たかうな、中華そば八兵衛という鳥取牛骨ラーメン店の連合体である
牛骨ラーメン応援団によるものです。
出店ブースの暖簾は代表として香味徳(かみとく)の名が記されております。

鳥取牛骨ラーメン東京ラーメンショー2012店頭.JPG

東京ラーメンショー2012での鳥取牛骨ラーメンの出店ブースは
30人以上の行列ですが、客さばきが上手く回転率がいいためか
15分程度の待ち時間で鳥取牛骨ラーメンをゲットできました。
鳥取牛骨ラーメンは乳白色の半透明スープにモヤシ・ナルト・チャーシュー
といったシンプルでスタンダードなトッピングに黒胡椒が振られています。

鳥取牛骨ラーメン2012.JPG

牛骨で出汁をとった清湯スープに地元鳥取産の薄口醤油を合わせたスープは
表面に浮かぶ脂分も極めて控えめであっさりとした優しい味わいです。
牛骨スープならではの後口は、クッパやコムタンといった韓国料理スープと
非常に近い味わいの共通点を感じました。
鳥取は地理的にも韓国と近く、竹島は隣県の島根県域であるくらいですから、
食の面でも歴史的に様々な文化交流があったのかもしれませんね。

鳥取牛骨ラーメン2012スープ.JPG

鳥取牛骨ラーメンの麺は中細のややちぢれタイプの麺ですが、
スープの味を壊さないよう強烈な主張のない、たおやかな食感の麺であります。

鳥取牛骨ラーメン2012麺.JPG

鳥取牛骨ラーメンは牛骨ダシのスープの味わいを活かしつつも、
薄口醤油ダレならではの柔らかい優しい味わいのラーメンであり、
そのスープの味わいを壊さない麺とトッピングが一体となる中で、
振りかけられた黒胡椒がスパイシーなアクセントとなっているラーメンです。
食べて一口目のインパクトや強烈な個性は感じられないので、
一大ブームを巻き起こしたりコンテスト系イベント1位獲得はないでしょう。
でも、折に触れて懐かしく思い出し何か食べたくなるような、
そんな不思議な暖かい味わいを感じるラーメンでした。
例えて言えば、お母さんの味噌汁みたいな感じでしょうか。
そういった意味で、鳥取牛骨ラーメンは正にご当地ラーメンと云えるでしょう。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。