スポンサードリンク

町田最強ラーメンフェス2016へ食べ比べに行ってきました


町田の新たなイベントスペース町田シバヒロ(町田市役所本庁跡)で
2016年に開催された町田最強ラーメンフェス第4陣へ行って、
有名ラーメン店の味を食べ比べしてきました。
町田最強ラーメンフェス2016は、3月下旬から第1陣が開始され、
4月の約1か月間をかけて1週間毎に店舗群の入れ替えを行い、
第4陣までのローテーションを組んで行われたグルメフェスです。



いくらラーメンフェスのラーメン1食分が量少な目とはいっても、
計10店舗に及ぶ全店メニュー制覇はちょっと分量的に無理。。
というか、胃袋よりも正直、お財布の中身が持ちません(苦笑)。
という事で、お得なチケット食べ比べセット3店舗分2,400円を購入。
個人的な味の好みで、清湯系3店舗をチョイスいたしました。

町田最強ラーメンフェス2016一番いちばん・進化.JPG

まず1店舗目は、やはり地元町田の有名ラーメン店をという事で、
町田の名店2店舗のコラボ「町田中華そば〜白紫シロムラサキ」を。
今回の町田有名店のコラボは、「とら食堂」直系の極上白河ラーメン
醤油味の一番いちばんと塩ラーメンの名店「進化」の合体技。
一番いちばんの醤油ダレと進化の塩ダレに生の有機白醤油をブレンドと
スペックだけを見ると相当な期待感が膨らむ内容であります。

町田中華そば〜白紫シロムラサキ.JPG

して、そのお味の方は?というと、何故かはっきりしない寝ぼけた印象。
あっさり淡麗で上品なのはいいのですが、コクも主張も無く、
お互いの名店の良い面を相殺して消しあってしまったような印象で、
お互いに見合って膠着状態のまま終わってしまったボクシングの試合、
又はグランドで組み合ったまま決め手を欠いた総合格闘技の試合のような。

町田中華そば〜白紫シロムラサキトッピング.JPG

この日の麺は、1日100食限定の一番いちばん特製手打ち麺は売り切れで、
進化の細ストレート麺でしたが、淡泊なスープに合う細ストレート麺でさえ
この寝ぼけた印象でしたから、一番いちばんの平打ち麺であったなら、
なお更ミスマッチ感があったのではないかとさえ思えてきます。
(麺によってスープの味を調整していたのかもしれませんが)

町田中華そば〜白紫シロムラサキ麺とスープ.JPG

そういえば、20年近く以前の事になりますが、当時の目黒の名店
勝丸で定番の醤油ラーメンを頼まず、ついつい色気を出して
塩醤油ミックスを頼んだらしょっぱいだけで全くの期待外れだった
という苦い経験をしていた事を思い出し、やはりラーメンの味付けは
塩なら塩、醤油なら醤油とはっきりした方が良いのだと再認識しました。

町田中華そば〜白紫シロムラサキ味玉.JPG

トッピングの味付け玉子はチケットとは別にその場での現金払い
というのが町田に限らずラーメンフェスでの定番スタイルという事で
オーダーしましたが、まぁこれは本当にオマケみたいなもので、
ラーメンの味付け自体とは何の関係もございません。

町田最強ラーメンフェス2016福たけブース.JPG

気を取り直して2店舗目は千葉から参戦の海鮮出汁の名店「福たけ」の
岩手鴨とハマグリの特製鴨チャーシューそばであります。

岩手鴨とハマグリの特製鴨チャーシューそば1.JPG

岩手産岩手鴨と千葉産ハマグリの贅沢な出汁のブレンドWスープに、
浅草開化楼の傾奇者ストレート麺という豪華ブラント食材の組み合わせ。

浅草開化楼の傾奇者ストレート麺.JPG

おまけに鴨の燻製チャーシュー5枚にハマグリ、菜の花、カイワレ、
下仁田ネギという豪華な具材のトッピングで、丼の中は豪華絢爛です。
こちらもスペックを見ると絶品の美味しさ間違いなしという感じですが、
実際に食べてみると、はて?特に鮮烈な感動は無い食後感です。

岩手鴨とハマグリの特製鴨チャーシューそば2.JPG

確かにハマグリの出汁は美味しいし、浅草開化楼の麺も食感は良好。
鴨の燻製チャーシューや具のハマグリもそれ自体は美味しい物だけど、
ラーメンとしての美味しさというと何か丼の中での一体感に欠ける印象。
ハマグリという海鮮出汁と鴨という動物系獣肉出汁とのコラボについても
果たして味の相乗効果があるのかも、そもそも大いに疑問であります。

福たけ鴨の燻製チャーシュー.JPG

個人的には、鴨の燻製やハマグリとかは、それ自体で美味しい物で、
敢えて丼の中に放り込んでラーメンにする必要は無い食材なのではないか。
単体で食べて美味しい物として一品料理として成立している食材を
トッピングで丼に入れても、ただ奇をてらっただけのラーメンになるという
かつてのカニを乗せた札幌ラーメンの悪例を思い出してしまいました。

町田最強ラーメンフェス2016ムタヒロ.JPG

食券代2,400円も出してこのままでは帰れない!と最後に選んだのが、
東京多摩地区武蔵野国分寺から参戦の中華そばムタヒロが提供する
「ガハハ鶏そば」という豪快なネーミングの醤油ラーメンです。

ムタヒロガハハ鶏そば1.JPG

大量の鶏ガラを丁寧にゆっくりと炊いて煮出したムタヒロのスープは、
鶏の濃厚な旨みが引き出された黄金のチキンラーメンスープ。

ムタヒロガハハ鶏そば鶏清湯スープ.JPG

漆黒の濃口醤油ダレで味付けされたこの旨味の詰まった鶏清湯スープに、
素朴な小麦の旨味を感じる中太の台湾風平打ちストレート麺が合わさり
これぞ醤油ラーメンというスタンダードな深みのある王道の味わいです。
やはりラーメンは麺とスープのコンビネーションという基本が全てで、
余計なトッピングや飾りはかえってラーメンの味のバランスを崩す
というラーメンの本質を再認識したのでありました。

ガハハ鶏そば平打ち中太ストレート麺.JPG

贅沢を言わせてもらうと、ムタヒロは鶏そばの名前に拘っているのか
チャーシューも鶏と豚が1枚ずつのトッピングという構成でしたが、
個人的にはチャーシューは豚肉オンリーの方が良いと思うのです。
淡麗な塩ラーメンスープや魚介出汁なら鶏チャーシューも有りですが、
濃口醤油ダレスープの旨味には鶏肉の旨味負けてしまい相性が悪い。
ネーミングに拘るより丼中の味の統一感に拘るべきと思います。

ガハハ鶏そば鶏豚チャーシュー.JPG

元々、調理の際に出たくず肉や食材そのものとして使えないガラなどを
有効利用して美味しい料理に仕上げたのがラーメンだったのであり、
それ自体で美味しい食材をこだわった沢山詰め込んだからって、
必ずしも美味しいラーメンになるという訳ではないのです。
そんなラーメンの王道を再認識した町田最強ラーメンフェス2016でした。



横浜中華街興昌でランチに酢豚とラーメンを食べてみた


横浜中華街の本格台湾創作中華料理の店「興昌」へ
ランチに酢豚とラーメンを食べに行ってきました。
中華街興昌の場所は、中華街大通りよりも一本元町寄りの
山下町公園に面した通りにあります。
(Googleマップだと番地の中心部にピン止めされていますが
実際のお店の場所は通り沿いです)



中華街興昌は知る人ぞ知る名店なのに、何故か行列していないので
殆どのケースで並ばずに入れるお店として、
中華街通の間では穴場的存在として口コミ評価が高いようです。
私たちの訪れたこの日も、日曜日の昼という稼ぎ時にも関わらず、
開店時間を過ぎてもお店が閉まったままで、臨時休業かな?
と入口から店内を覗き込んでいたらのんびりと開店をする始末。
商売っけが無いといえばそれまでの何とものんびりとした風情です。

中華街興昌店頭.JPG

中華街興昌店頭入口.JPG

中華街興昌の店内は、四人掛け〜六人掛け程度のテーブル席五卓程で、
非常にこじんまりとしたある意味カフェかビストロ風の風景です。

中華街興昌店内.JPG

中華街興昌店内客席.JPG

私が中華街興昌を知ったのは、ANAの機内放送で紹介されていたためで、
そういった意味でも常連さんなどの隠れファンの多い名店なのでしょう。
今回は、ANAの機内放送で見た酢豚をまずはチョイスしてオーダー。

中華街興昌酢豚.JPG

中華街興昌の酢豚は、本格中華料理店ならではの強火で調理された
という事実が明らかな仕上がりで、野菜はシャキッとした食感で、
まるで生野菜のようでいながらも甘みが最大限に引き出された
甘酢の効いた中国四千年の歴史を感じる味わいです。

中華街興昌酢豚の野菜.JPG

メインとなる豚肉のから揚げもゴロゴロとたっぶり入りながらも、
食後感は胃もたれせずさっぱりとした満足感のある一品です。

中華街興昌酢豚の豚肉から揚げ.JPG

もう一品はシンプルにラーメンを注文してみました。
中華街興昌のラーメンは、具材の野菜に油通ししたレタスを使う
という日本のラーメンにはなかなか無い発想が斬新です。

中華街興昌ラーメン.JPG

他の具材は、味付け玉子、赤身のチャーシューが二枚という構成で、
清湯の醤油味スープに黄色い細中華麺と味付け玉子の黄色、
そして味付け玉子の白身の色とチャーシューの色合いがシンクロし、
そこにレタスの緑がアクセントを加えるという、色彩も鮮やかな
大陸的なアジアンテイスト漂うルックスとなっています。

中華街興昌ラーメンの具材.JPG

お味の方も中華伝統の技法を感じる上品な出汁のスープの味わいが、
とても後を引く滋味深いもので、お店の実力を感じさせるものでした。

中華街興昌ラーメンの麺とスープ.JPG

会計時に、ANAの機内放送を見た旨を告げると、調理場のご主人が
嬉しそうにその時の経緯を話してくれ、とても心温まるものがありました。
中華街訪問の際は、また興昌を訪れ、色々な料理を試してみたい
そんな思いを胸に抱かせてくれる中華料理の名店でした。
皆さんも中華街で行列して並ばずに、待たずにランチを食べたいなら
本格台湾創作中華料理のお店「興昌」がお勧めですよ。

三軒茶屋長崎ちゃんぽんで本場長崎風ちゃんぽん皿うどんを食べてみた


三軒茶屋は何故か長崎ちゃんぽんの名店が二店舗もあって、
そのうちの老舗店「来来来」の長崎ちゃんぽんと皿うどんについては
以前ご紹介したところです。
 ⇒ 三軒茶屋の来来来で本格長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べてみた
今回は同じ三軒茶屋でも246と首都高を挟んで反対側のディープな空間
三軒茶屋中央劇場付近の飲食店街にある店名も「長崎ちゃんぽん」と
まさにそのまんまの長崎ちゃんぽんのお店に行ってきました。


東京都世田谷区三軒茶屋2-15-1
三軒茶屋長崎ちゃんぽん店舗.JPG

三軒茶屋のちゃんぽん店「長崎ちゃんぽん」は、築40年以上と思われる
年期の入った木造モルタル2階建の民家の1階部分を改装した
カウンター10席程度のみの非常に狭いお店です。

三軒茶屋長崎ちゃんぽん店内.JPG

そのため常に行列していますが、入店が近づくと店員さんが
事前に注文を取りに来てくれるシステムなので、行列の進行も早く、
入店後もさほど待たずに食べられるので安心してくださいね。

三軒茶屋長崎ちゃんぽん店頭行列.JPG

三軒茶屋「長崎ちゃんぽん」のメニューには、
長崎ちゃんぽん、皿うどんの他にラーメンやご飯ものもありますが、
初来店なのでオーソドックスに長崎ちゃんぽんと皿うどんをオーダー。
皿うどんは来来来と同様、パリパリ揚げ麺の皿うどんと
柔らかい太麺の2種類がありますが、今回は太麺皿うどんをチョイス。

三軒茶屋長崎ちゃんぽんメニュー2014年9月.JPG

入店後5分と待たずに出来上がった長崎ちゃんぽんは、
ラーメン丼上部を超えて盛り上がる大盛りの野菜炒めが絶景です。

三軒茶屋長崎ちゃんぽん.JPG

野菜炒めの具は魚介類が中心で肉の風味は殆ど感じません。

三軒茶屋長崎ちゃんぽんの具.JPG

白濁したスープも豚骨や鶏ガラなどの肉由来のダシの風味やコクは
殆ど感じず魚介類のみに特化したような味わいです。

三軒茶屋長崎ちゃんぽんのスープ.JPG

ちゃんぽんの麺もスープや具の風味に寄り添うがごとくの柔らかく
滑らかで淡泊な味わいと食感であります。

三軒茶屋長崎ちゃんぽんの麺.JPG

皿うどん太麺はそのちゃんぽんをあんかけにしたような出来上がりで、
皿うどんなのに平皿ではなくちゃんぽんと同じラーメン丼で供されます。

三軒茶屋長崎ちゃんぽん太麺皿うどん.JPG

三軒茶屋長崎ちゃんぽん太麺皿うどん麺.JPG

こちらも長崎ちゃんぽん同様、肉類の動物性風味を殆ど感じさせない
魚介のみのあっさり和風テイストです。
そんな訳で三軒茶屋長崎ちゃんぽんのちゃんぽんと皿うどんは、
ボリュームがあり量は非常に多いのですが、脂分の少ない淡泊な風味のため
胃もたれを感じず食後感は非常に爽やかなラーメンです。
二日酔いの日の朝昼に食べたい味と言ったら分かりやすいでしょうか。
三軒茶屋長崎ちゃんぽんのもう一方の雄「来来来」のコクのある風味とは
対照的な味わいなので、後は食べる人の好みの問題だと思います。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。