スポンサードリンク

九州豚骨ラーメン発祥の地久留米で大砲ラーメン本店に突入!


九州福岡の豚骨ラーメンというと博多ラーメンや
長浜ラーメンが一般的にはまずイメージされますが、
九州福岡豚骨ラーメン発祥の地は久留米である
という説が濃厚のようです。
博多豚骨ラーメンや長浜ラーメンの勢いに押されて
久留米ラーメンの知名度は東京ではさほど高くありませんが
地元福岡ではの久留米ラーメンは豚骨ラーメンの一ジャンルとして
そのステータスと地位を保っているのです。
そんな久留米ラーメンを久留米市出張のついでに堪能しました。
久留米ラーメンの特徴は、博多ラーメンや長浜ラーメンと同様
豚骨を強火で炊いて煮出す白濁した豚骨スープです。
そもそも、博多ラーメンや長浜ラーメンの元祖とも言えるのが
久留米ラーメンなのですから、それも当然ですね。
(本来の博多ラーメンは博多人によると白濁した豚骨スープではなく、
透明なしょうゆ味スープだそうですが、本項においては
東京で一般的に呼ばれている博多ラーメンのイメージで記述します。)
博多ラーメンにも最近は様々な味わいのラーメンがあるので
一概には言えませんが、久留米ラーメンのスープは
博多ラーメンに比べて豚骨臭がきつく味わいにコクがある
というのが一般的な評価のようです。
従って久留米ラーメンは豚骨スープならではの味と香りが
苦手な人には好まれない風味のラーメンかもしれません。
久留米ラーメンは麺にも久留米ならではの特徴があります。
博多ラーメンや長浜ラーメンは針金のような極細麺で、
替え玉というシステムを採用していますが、
久留米ラーメンの麺は小麦の風味を感じる中細麺で、
替え玉システムは採用していません。
風味の非常に似通った豚骨スープをベースにしながらも
このあたりの違いは興味深いものがあります。
さて、大砲ラーメンは九州豚骨ラーメン発祥の地といわれる
久留米でも老舗かつ人気店のひとつで、特にその本店は
地元久留米市民に古くから愛されているラーメン店のようです。
今回の久留米出張にあたり、久留米市の先方担当者に
「最後のシメの食事には久留米ラーメンが食べたい!」
と伝えた所、「行きつけのラーメン店はここたい。」
と久留米弁で連れていかれたのが大砲ラーメン本店です。


大砲ラーメン本店の店内に入ると豚骨独特の臭いがします。
豚骨臭が苦手な方はちょっとたじろぐかもしれませんが、
出てきたラーメンは豚骨スープ独特のまろやかな味わいが
豚骨の香りとともに見事に昇華された素晴らしい風味で、
本場豚骨ラーメン発祥の地で長年に渡り愛され続けてきた
その理由を雄弁に物語る逸品といえるでしょう。
久留米大砲ラーメン.JPG

わたしの連れもラーメンが出てくるまでは店内に漂う豚骨臭に
正直言って辟易としていたそうですが、一口ラーメンを啜ると
その美味しさに虜になりスープを一滴残らず飲み干し完食!
と相成りました。あ、勿論、わたしも当然、完食ですよ♪
どんな能書きよりも「百聞は一食にしかず」という感じで、
古くから長い間愛され続けている老舗ラーメン店には、
確かなプロの技に裏付けられた職人の技が堪能できますので、
ラーメン食べ歩きの際のメルクマールとする意味でも、
一度足を運んで味を確かめておくといいのではないでしょうか。



品達麺達七人衆きびの支那そばの味は看板倒れ


品達麺達七人衆の中で伝統の支那そばを提供している
と評判の「支那そば きび」に行ってきました。
B級グルメブームの到来で最近は駅近の飲食店街も
リニューアルしたり新規出店を募ったりと
様々な集客努力をするなどしています。
2009年末にオープンした高円寺ラーメン横丁の例のように
駅高架下の商業ビルスペースを改築した
新たな飲食店街の展開も盛んになっていますが、
JR品川駅大崎方面高架下のウイング高輪EASTに隣接する
品達もそのひとつといえるでしょう。
品達ラーメン麺達七人衆入口.JPG



品達はラーメン横丁的な品達ラーメン麺達七人衆と、
丼物店横丁的な品達どんぶり五人衆から構成されており、
ラーメン、丼物業界の有名店が出店しているようです。
品達ラーメン麺達七人衆エントランス.JPG

品達ラーメン麺達七人衆は、マー油とんこつのなんつっ亭、
熊本ラーメンのひごもんず、魚だし醤油味のせたが屋、
伝統の支那そばのきび、旭川ラーメンのさいじょう、
つけめんTESU、黒みそラーメンの初代けいすけ
の七店舗で構成されています。
品達ラーメン麺達七人衆各店舗紹介.JPG

今回は、エプソン品川アクアスタジアム水族館に行きがてら、
軽くブランチしたいな〜という腹具合でもあったので
お腹にもたれないあっさりラーメンを食べよう♪
という事で「支那そば きび」をチョイスしたのです。
「支那そば きび」は「びぜん亭」で修行したオーナーが
伝統の支那そばは守りつつ、常に新しい味を作り出し、
食べるほどに癖になる美味しさのラーメン店だそうです。
そのわりには昼時なのに他店のように席待ちの行列がなく
一抹の不安も感じますが、並んで食べる時間も惜しいので
ここは空いててラッキーとポジティブに考えましょう。
品達麺達七人衆支那そばきび.JPG

基本的に流行は追わず、油にも頼らないスープ作りで、
鳥・豚・野菜を生かすため、気温や湿度など気候により
スープの材料を取り除くタイミング、火力調整など
調理の際は細かい配慮を行っているとのこと。
もちろん、麺、食材もこだわりの厳選ということなので、
能書き通りならお味の方も期待していいですよね?
メニューを見ると「魚介ガッツリラーメン」とか、
「特製濃厚味噌つけめん」など最近のトレンドを意識した
流行り物的なラーメンメニューもありましたが、
店名に「支那そば 」を冠しているわけですし、
先ほどの能書き通りならまずはシンプルなラーメンでしょ!
という訳で、わたしはシンプルな醤油味の支那そばを
連れの相方はごまかしのきかない塩ラーメンを注文しました。
品達麺達七人衆支那そばきび無料カリカリ小梅.JPG

「支那そば きび」は注文の品を待つ間、サービスとして
無料のカリカリ小梅が2個、各人に供されますが、
食前の食欲増進効果と食後の口直しにそれぞれ一粒ずつ
というお店側の嬉しい気配りですね。
ラーメンのお味にも期待が大きく膨らむところですが…
まず「支那そば きび」の顔でもある支那そばからです。
品達麺達七人衆きび支那そば.JPG

お味の方はあっさりとしたシンプルな醤油味で
胃腸にも優しそうなほっとする味わいですが、
能書きに書かれていた素材や調理法へのこだわりが
窺えるような味の奥行き、コク、深みは感じません。
決定的に駄目なのがラーメンの命ともいえる麺で、
支那そばの定番である伝統の中華ちぢれ麺ですが、
小麦の風味は乏しく歯応えもボソボソな上に、
ゆで方が雑で部分的に麺同士が癒着しかかってます。
麺料理においてこういった調理の初歩的ミスは
プロとしてあり得ないというか致命的です。
これなら駅の立ち食いそば屋のラーメンとかと
変わらないんじゃないの?650円はボッタクリですね。
次に連れが頼んだ塩ラーメンですが…
品達麺達七人衆支那そばきび塩ラーメン.JPG

一言でいうと、昔からあるインスタントラーメンの
「サッポロラーメン 塩ラーメン」そのものです。以上!!
ちなみに、麺については支那そばと同じ麺ですが、
それを含めた全体の味わいがインスタントそっくり。
塩ダレというごまかしの効かない味付けだけに
スープの実力がモロに出てしまっているのでしょうが
味に深みが全く感じられないこの薄っぺらさは、
能書きまみれの看板に偽り有り!と言わざるを得ません。
伝統の支那そば云々とウンチクを語るのであれば
せめて高崎市支那そばなかじまくらいの味の深みは出してほしいです。
高円寺ラーメン横丁蒙古タンメン中本でも感じたのですが、
支店を多店舗展開する有名ラーメン店については、
果たして本店の味をそのまま継承できているのか
大いに疑ってかかった方がいいと思いますね。
調理に携わる従業員教育がきちんとできているのか、
という問題と同時に、フランチャイズ化することで
オーナーが既に調理現場から退いてしまっている場合、
本店の味自体が以前のレベルではない似て非なるもの
に成り下がってしまっている可能性が大だからです。
ラーメン屋という商売にどのような姿勢で臨むかは
それぞれのお考えで自由だとは思うのですが、
自腹でお金を払って食べる客の舌は馬鹿じゃないし、
お店のブランドや安っぽいコピーやイメージ戦略だけで
生き残っていけるほど飲食業界は甘い世界ではないと
後で後悔しないうちに早く気付くべきと思いますが。
ウンチクはいいから値段相応のモノ食わしてくれや〜。

高崎に旨いラーメン屋出現!支那そばなかじまの絶妙な職人技


我が故郷、群馬県高崎市においしいラーメン屋ができた!
と聞き、GWの里帰りのついでにラーメンを食べてきました。
支那そばの名店、東京浜田山の支那そばたんたん亭の系列
目黒の支那そばかづ屋で修行し店長をも務めたオーナーが
故郷群馬に2008年12月に開業した支那そばなかじまです。
群馬県はそばうどんは有名ですがラーメン不毛の地であり、
ご当地ラーメンというものが無いにも関わらず、
佐野ラーメン、新潟ラーメンなど近隣県の地元ラーメンも
全く進出してこないので、群馬県のラーメン屋といえば
昔からやっている中華料理屋、個人経営のラーメン屋、
大手資本のチェーン店くらいしかありませんでした。
しかし、地鶏、国産豚の産地としての群馬の評価が高まり
質のよい鶏ガラ、豚骨の産地として見直される中で、
東京の有名店で修行後に地元群馬でらーめん店を開業する
という人が現われ、群馬にもおいしいラーメン店が
徐々にではありますが増えつつあるようです。
支那そばなかじまは高崎市飯塚町の問屋町内にあり
幹線道路を挟んだ向かいにはウニクス高崎という
広い駐車場のある大きなショッピングセンターがあるので
車で来店の際の駐車場も全く心配がいりません。
高崎支那そばなかじま店頭.JPG



高崎市支那そばなかじまでオーダーしたメニューは、
オーソドックスな支那そば+味付け玉子の味玉そば。
高崎支那そばなかじま味玉そば.JPG

修行先の目黒かづ屋や総本山浜田山たんたん亭、
それらの本家からのれん分けされた系列店のラーメンは未食ですが、
支那そばなかじまは流石に支那そばを名乗るだけあり、
ラーメンスープは魚介風味の和風だしが見事に溶け込み
脂に頼らず丁寧に煮出した素材の旨みが凝縮されている
と実感できる素晴らしい出来栄えです。
麺は店内で毎日打つ小麦粉の配合にもこだわる自家製麺で
自己主張のある突出した風味は感じませんが、
その優しい風味となめらかな舌触りは、
あくまでもスープとのバランスを考えてのものなのでしょう。
チャーシューは煮豚ではなくオーブンで焼く焼き豚ですが、
こちらもスープや麺とともに全体のバランスを考えたもの
といえる上品な味わいだと思います。
高崎支那そばなかじまわんたんそば.JPG

高崎市支那そばなかじまの一番人気メニューは
修行先かづ屋譲りの皮も自家製で肉汁たっぷりの
ワンタンがゴロゴロと沢山入ったわんたんそばです。
実家近くとはいえそう頻繁に来店できる訳でもないので
同伴した家族と分担してわんたんそばもオーダー。
わんたんそばのワンタンは胡椒の風味のきいた
肉汁あふれるあんが詰まった大ぶりのワンタンが
ラーメン一杯につき5個も入っていてお得感があります。
高崎支那そばなかじまわんたん.JPG

感心するのは、ワンタンの大きさや分量の多さのわりには、
食べ進むうちにスープに雑味が溶け出してくる感じもなく
ラーメン全体としての味のバランスを崩すこともありません。
ワンタン麺に限らずラーメンは具材を多く入れた場合、
見た目の豪華さとは裏腹に全体の味のバランスが崩れて
何だか訳の分からない食べ物になってしまう事がありますが
こういった点からも支那そばなかじまのラーメンは
全体の味の統一感とバランスが非常に良く考えられていて
職人の丁寧な仕事とプロの技が感じられるものでした。
滅多に来店できないということでこの際調子に乗って
角煮ごはんまでもオーダー(汗)。
食欲旺盛な方はラーメンのサイドメニューにどうぞ(笑)。
高崎支那そばなかじま角煮ごはん.JPG

支那そばなかじまの本家かづ屋の総本家たんたん亭は
店舗をフランチャイズやチェーン化するのではなく、
弟子に暖簾分けする形で系列店を増やしていくという
吉村家を筆頭とする横浜家系のスタイルといえます。
(暖簾分けされた各店はそれぞれ独立採算制なので
厳密には経営形態上は系列店とは言えず、あくまでも
ラーメン店としての分類上のくくりです。)
私の経験上では、ラーメン店の店舗展開はチェーン化より
のれん分け形式の方が各店舗の運営がサラリーマン化せず
味のレベルが高く保たれる確率が高いと考えます。
支那そばなかじまも店主の独立事業主としての覚悟と
プライドが一杯のラーメン丼の中に結実した珠玉の味覚で
店外まで行列しても食べたいというのが頷ける優良店です。
同行した老齢の母親がこのラーメンを一口食べて漏らした
「ああ、昔食べた支那そば、ラーメンの味だねぇ。。」
という一言が、どんなウンチクや能書きを並べるよりも
支那そばなかじまの味を最も端的に現す言葉と言えるかもしれません。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。