スポンサードリンク

博多一風堂の豚骨ラーメンのスープ塩分過多に疑問あり!


博多一風堂は福岡博多スタイルの白濁豚骨スープラーメンの名店として
既に老舗の風格を漂わせる存在です。
長浜スタイルのとんこつラーメンを東京に広めたのは一風堂ではないか
と言われるほどの影響力を持ち、都内に支店網を張り巡らせています。
とんこつラーメンフリークの私としては以前から興味津々でしたが、
なかなか食べる機会がありませんでした。
そんな中、下北沢のカレー店パンニャのレシピを考案・共同開発したという
恵比寿の「bar まはから」を訪れたところ定休日で閉店だったため
恵比寿を散策していたら、たまたま一風堂恵比寿店を見つけました。

東京都渋谷区広尾1-3-13 ハイネス恵比寿


博多一風堂恵比寿店.JPG

一風堂恵比寿店は1995年にオープンした東京1号店だそうです。
店内はレトロな雰囲気が漂い店員教育も行きとどいているようです。
一風堂のとんこつラーメンには、オーソドックスな長浜スタイルの
白丸元味750円と、豚骨スープのコクと風味をさらに追求した
赤丸かさね味がありますが、まずは白丸元味をオーダー。

博多一風堂豚骨ラーメン.JPG

博多一風堂のテーブル上は、博多トンコツラーメン店らしく
ごま、紅しょうが、辛子高菜などのトッピングは取り放題です。
生ニンニクをクラッシャーでつぶせるのも一風堂の特徴ですね。

博多一風堂恵比寿店卓上薬味.JPG

博多一風堂の豚骨ラーメンはスープに豚骨臭や脂分は感じられず
意外とあっさり風味ですが、塩分が相当強く感じられます。
博多スタイルの豚骨ラーメンは、塩分ではなく豚骨そのものの味で
麺を食べさせるスタイルなため、これは意外でした。
スープの煮出しが足りないのを塩分で誤魔化しているのでは?
と勘繰ってしまいます。
それから具のチャーシューもハムのような加工肉の食感で
肉の旨味というものが全く感じられませんでした。

博多一風堂豚骨ラーメンスープ.JPG

豚骨ラーメンで一世を風靡して全国展開している一風堂ですが、
この味わいには期待が大きかった分、ちょっと失望しました。
豚骨ラーメンの名店豚骨博多ラーメン・御天の味わいには遠く及びません。
チェーン展開をするとレシピがマニュアルとして画一化してしまうので
どんな名店も味が落ちてしまうのでしょうか。
そういえば、ご当地九州福岡の博多では、博多ラーメンを語る際、
一風堂など誰も名前に出さんたい!誰も食べにも行かんとね!
と言っていたのを思い出しましてしまいました。

博多一風堂は、2010年7月31日まで、ありがとう!25周年として
替え玉25円のキャンペーンセールをやっていました。
博多一風堂の味が好きな方は、替え玉がお得にできるので
とてもお得なキャンペーンだったとは思います。
しかしそれよりも、まずはデフォルトの値段と味のレベルを一致させないと
いずれは現在の多店舗展開が経営の足を引っ張る事になるのではないでしょうか。
いくらブランド力があっても、不味いラーメンを出して経営が成り立つほど
昨今の日本の経済状況は甘くはないと思います。
ラーメンバブルの時代はとっくの昔に過ぎ去ったのですから。



九州とんこつ博多ラーメン長浜やは激安ラーメンチャーハンセットが偉い!


日曜日の浅草橋に劇団の公演を見に行った際、
昼食をどこで食べようか非常に迷いました。
迷ったというより、お店を探すのに困ったが正確です。
というのも日曜日の浅草橋周辺の飲食店は定休日が多く、
ハヤシ、カレー、オムライスの三色ライスで有名な一新亭や
本場中国の本格中華料理が手軽に楽しめる水新菜館、
昔ながらの極上しょうゆラーメン「中華そば幸貴」など
お目当てのお店が軒並み定休日で休業状態なのです。
美味しいお店はないかな…と江戸通りを浅草方面に歩くと
知らないうちに蔵前まできていました。
蔵前といえば背油しょうゆラーメンで有名な元楽総本店がある
と期待して訪れるとまたしても日曜日定休日で休業です。
空腹と蒸し暑さに加え絶望感に追い打ちをかけられ
フラフラになりながら通りを歩いていると目に飛び込んできたのは
黄色い看板に「九州とんこつ博多ラーメン長浜や」の文字。
九州とんこつ博多ラーメン長浜や蔵前店.JPG

日曜日にかかわらず元気に営業中で、ドアの張り紙には
ラーメン500円、チャーハンとセットで650円の激安価格。
これはもうここで決まり!と即決で突入したのでした。


「九州とんこつ博多ラーメン長浜や」はチェーン店で、
蔵前以外にも多数店舗展開をしているようです。
九州博多長浜スタイルの豚骨ラーメンチェーンでは
博多天神や豚骨ラーメン博多風龍が一杯500円の価格設定で
この「長浜や」も同様のスタイルのチェーン店のようです。
九州とんこつ博多ラーメン長浜やラーメン.JPG

「長浜や」のとんこつラーメンは白濁豚骨スープではあるものの
豚骨臭やコッテリ感の少ないライトな万人向けの味わいで
博多天神や豚骨ラーメン博多風龍と似た風味です。
博多長浜とんこつラーメン御天のような本格的味わいではありませんが、
一杯500円のラーメンに御天の味わいを求めるのは無粋というもの。
ここはワンコインで気軽に博多豚骨ラーメンを楽しめる
そのコストパフォーマンスを評価すべきでしょう。
しかもラーメンとチャーハンのセットで650円の激安価格。
半チャンラーメンでなく全チャンラーメンで650円ですよ!
(2010年5月下旬時点の価格)
九州とんこつ博多ラーメン長浜やラーメンチャーハンセット.JPG

チャーハンのお味もインスタントっぽいとか冷凍食品っぽいとか
粗を探せば色々あるでしょうが、この値段なら全く文句なしですよ。
九州とんこつ博多ラーメン長浜やチャーハン.JPG

「長浜や」は庶民の味方、偉いの一言です。
もし近所にあったら定期的に通ってしまいそうですね。
博多長浜ラーメンスタイルなので、卓上の薬味
ゴマ、紅ショウガ、辛し高菜はもちろん食べ放題です。
九州とんこつ博多ラーメン長浜や卓上.JPG

超本格派豚骨博多長浜ラーメン御天は骨の髄まで博多たい!


東京で本場福岡博多以上の本格的長浜ラーメンを食べさせてくれる
と評判の豚骨ラーメンの名店として名高いのは、杉並区井草にある
博多長浜ラーメン 御天(ごてん)でしょう。


最初に御天の豚骨ラーメンを食べたのは、今から10年以上前ですが、
店外にまで漂う強烈な豚骨臭にまずノックアウトされ、
店内に入るや店外以上に強烈な豚骨を炊く臭気に気絶寸前となり、
出されたラーメンのあまりの濃厚さと豚骨の芳しい香りに半失神し、
食後は帰宅する車中にまで漂う豚骨の残り香に朦朧とする〜
というあまりのハードパンチャーぶりに、御天のラーメンなるもの
果たして美味いのか不味いのか全く判断できずに困惑したものです。
要は本格博多長浜ラーメン特有の豚骨スープに慣れていなかった訳で、
不思議なことにラーメンの味が美味いのか不味いのか分からないまま、
暫くすると何故か舌が御天のラーメンの味を再び味わうことを欲し、
三度目に食べた時点で完全に豚骨ラーメンに病みつきになるという、
恐ろしいほどの中毒性に愕然としたのでした。
博多長浜ラーメンの御天は代々木(千駄ヶ谷店)に支店を構えていて
都心からのアクセスは千駄ヶ谷店の方が便利です。
今回は井草本店が改装工事中ということもあり、新宿へ出たついでに
博多長浜ラーメン御天千駄ヶ谷店で豚骨ラーメンを食べてみました。


豚骨博多長浜ラーメン御天店頭.JPG

赤いのぼりが目印の博多長浜ラーメン御天千駄ヶ谷店ですが、
店外では、井草本店のような強烈な豚骨臭を感じません。
風向きのせいなのか、それともスープは本店で炊いているのか、
100メートル離れても強烈に匂う御天の豚骨臭がなくて拍子抜け。
豚骨博多長浜ラーメン御天入口.JPG

でも店内に入ると、やはり博多長浜ラーメン豚骨スープ特有の
あの何ともいえない豚骨臭が強烈に漂っていました。
御天の博多長浜ラーメン豚骨ラーメンは本場福岡博多の長浜でも
滅多にお目にかかれないほどの濃厚な豚骨臭と風味が特徴で、
博多長浜ラーメンの特徴である小麦の風味の利いた極細麺も
ゆで方を、粉落とし、ハリガネ、バリカタ、カタ麺、普通、ヤワ麺
と六段階に指定できる本格派の博多長浜豚骨ラーメンです。
博多長浜ラーメン御天豚骨ラーメン.JPG

卓上には博多長浜豚骨ラーメンお約束の紅ショウガ、ゴマの他に
激辛辛し高菜があり、ラーメンに味のバリエーションを加えます。
ただし、御天の辛し高菜はむせ返るほど本当に激辛なので、
入れすぎると大変な事になりますから加減して入れてくださいね。
豚骨博多長浜ラーメン御天卓上薬味激辛辛し高菜.JPG

豚骨スープは席に運ばれてきた瞬間からカゼイン膜が張り出す
というほどの濃厚さで、豚骨の骨の旨みに溢れています。
ただ、今回食べた御天千駄ヶ谷店の豚骨スープの濃度は、
井草本店ほどの濃厚さや濃度は感じられず、ややあっさり目というか
万人受けのしやすい食べやすい風味だったような気がします。
博多長浜ラーメン御天豚骨ラーメンスープ.JPG

店舗の立地状況によって客層を考え味を変えているのかもしれませんが、
そうはいってもやはり超本格博多長浜豚骨ラーメンの御天ですから、
豚骨独特の香りと味わいはしっかりとしたものがあります。
豚骨臭溢れる本場博多さながら、いやそれ以上ともいわれる
本格派豚骨長浜ラーメンを食べてみたいなら、迷わず御天です。
御天のラーメンは、まさに骨の髄まで博多たい!
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。