スポンサードリンク

家系ラーメンせい家の細麺替え玉制導入!ラーメン一杯で二度美味しい♪


ワンコインのたった500円で横浜家系ラーメンが食べられるお店
として、B級グルメライターの私が以前より大推薦するラーメン屋
「せい家(や)」でありますが、またしても新機軸を発表です。
横浜家系の本格とんこつしょうゆラーメンといえば、
豚鶏ガラの旨みを出し切った濃厚とんこつしょうゆスープの相性から
独特のちぢれ太麺がトレードマークでした。

高円寺せい家らーめん.JPG

高円寺せい家らーめん中太麺.JPG

しかしせい家はその常識と家系のタブーに挑戦状を叩きつけたのか、
博多スタイルの細麺もバリエーションに加えることにしたのです。

高円寺せい家らーめん細麺.JPG

横浜家系ラーメン店のせい家では、ラーメンオーダー時に
従来の太麺か新発売の博多スタイルの細麺かチョイスが可能。
お値段の方は太麺・細麺とも値段は同じですから、
ラーメンは超激安の500円で本格家系ラーメンを楽しめます♪
また、せい家では、今回の博多スタイルの細麺導入に伴い、
博多スタイルの替え玉制も取り入れることになりました。
替え玉として注文できるのは細麺のみとなりますが、
150円でこのボリュームの替え玉が食べられます。

高円寺せい家らーめん替え玉.JPG

個人的には、細麺の方がスープに絡みやすく、
多くのスープを持ち上げるので、最初から細麺を頼むと
ちょっとしょっぱいかな〜と感じます。
そこで、お勧めの食べ方は、最初は太麺をオーダーし、
スタンダードな家系ラーメンの味わいを楽しんでから
替え玉で細麺を頼み博多豚骨ラーメンのテイストを味わう
というのが個人的にはお勧めです。

高円寺せい家らーめん替え玉後.JPG

家系の濃厚とんこつしょうゆラーメンスープと細麺は
想像以上に相性が良く、博多豚骨ラーメンの味わいに
非常に近いものを感じます。
せい家なら、ラーメン500円+替え玉150円の計650円で
家系ラーメンと博多豚骨ラーメンの両方を楽しめて
しかもお腹いっぱい大満足ということになりますので、
まさにラーメン一杯で二度美味しい♪
ますます庶民の味方のラーメン店「せい家」万歳ですね。



旭川空港ビル内の旭風らーめんで旭川ラーメンを食べてみた


旭川空港で富良野行きバスの時間待ちをすることになり、
せっかくなので旭川ラーメンを食べてみようということに。
旭川空港ビルの中に旭風らーめんというラーメン屋を見つけ
早速旭川ラーメンを食べに行ってきました。
旭川ラーメンの特徴といえば、何といっても魚介ダシの風味。
アジ干し、根昆布、カツオ節、煮干などでとる魚介出汁と、
豚骨、鶏ガラ、人参、玉ねぎなどからとる動物系だし
この2つをブレンドしてつくる、現在首都圏でも主流となった
豚骨魚介だしスープラーメンのいわば原形といってもいいでしょう。

 ⇒ 旭川ラーメン老舗の自慢の味を詰め合わせました♪【送料込】旭川ラーメンのれんの味5店10食セット

旭川空港内旭風らーめんのメニューには、観光客目当ての
カニなどを入れた壺の容器で出されるラーメンもありますが、
ここはやはりオーソドックスな旭川ラーメンということで、
シンプルな醤油ラーメンをオーダーしてみました。

旭川空港ビル内旭風らーめん旭川醤油ラーメン.JPG

旭川空港ビル内旭風らーめんの醤油ラーメンは、
スープ表面にラードが膜を張る極寒の北国の地らしいルックスです。
スープが濁っているのは、表面を覆うラードのせいもありますが、
豚骨・鶏ガラなど動物系素材を強火で長時間煮混んでいるからで、
この濃厚さが札幌ラーメンとも共通する北国ラーメンの特徴ですね。

旭川空港ビル内旭風らーめん旭川醤油ラーメンスープ.JPG

旭川ラーメンのもうひとつの特徴は加水率の低い麺にあります。
時間の経過とともにスープの味を吸い込み味わいの一体感を増す
その反面、伸びやすいのでささっと食べる必要がある麺です。
だからこそ、旭川ラーメンには具沢山のメニューは似合わない。
麺とスープのコンビネーションを楽しめるシンプルメニュー
これが旭川ラーメンを楽しむコツともいえるでしょう。

旭川空港ビル内旭風らーめん旭川醤油ラーメン麺.JPG

さて、旭川空港ビル内旭風らーめんの醤油ラーメンのお味の方は、
煮干系の魚介だしの風味が前面に出た、ある意味でレトロというか
昔懐かしい郷愁を誘うような中華そば・支那そばの風味です。
魚介だしの風味を動物系スープのコクががっしりと支える感じで、
見た目ほどのくどさはなく、あっさりした感じでいただけます。
味の傾向は東京中野の無化調喜多方ラーメン麺や七彩のらーめんと
非常に近い味の雰囲気を感じたものです。
この辺りは、同じ寒さが厳しい地域のご当地ラーメンということで、
ラーメンの味や風味に共通項が生じるのかもしれませんね。
旭川空港を利用する際は是非、旭川空港ビル内の旭風らーめんで
伝統的な中華そば・支那そば風味の旭川ラーメンを試してみましょう。

都立家政「麺や七彩」で無化調喜多方ラーメンの真髄を味わう


清湯系しょうゆラーメンのひとつの源流ともいえるのが
「蔵のまち」福島県喜多方市の喜多方ラーメンです。

 ⇒ 喜多方ラーメン食べ比べ(生麺)【送料無料】

その喜多方らーめんの技法を元に化学調味料を一切使用せず、
無化調でやそしい味わいに仕上げた喜多方ラーメンの名店が
東京都中野区鷺宮の都立家政にある「麺や七彩」です。
自宅からも自転車で行ける距離なので行ってきましたよ〜♪


無化調喜多方らーめんの名店「麺や七彩」の店舗は
西武新宿線都立家政駅前北口方面の商店街の中にあります。
入口はビルの半地下になっており、階段には席待ち用の椅子が。
内部はカウンターのみ10席程度のこじんまりした店舗です。
ラーメン本とかでも評判の店らしく開店と同時に行列してます。

中野都立家政麺や七彩入店待ち行列.JPG

無化調喜多方らーめん「麺や七彩」は変わった営業形態で、
11:30からの昼の部は喜多方らーめん「麺や七彩」として営業し、
18:00からの夜の部は「TOKYO味噌らーめん江戸甘」として営業します。
昼と夜で店名が変わっても従業員スタッフは同じで、
メニュー構成のみが変わるという面白い営業形態なのです。
そんな「麺や七彩」「TOKYO味噌らーめん江戸甘」ではありますが、
2011年3月21日現在は、東日本大震災の影響で昼夜の時間帯を問わず
「麺や七彩」「TOKYO味噌らーめん江戸甘」双方のメニューが
注文可能で食べられるようになっています(一分メニューは休止中)。

中野都立家政麺や七彩店頭掲示メニュー.JPG

今回は、オーソドックスな醤油味ラーメンを食べたいと思い、
「麺や七彩」無化調喜多方ラーメンしょうゆ味をオーダーします。
「麺や七彩」無化調喜多方ラーメンには塩味もあるのですが、
喜多方らーめんの真髄はしょう油味にあると思い決断しました。
「麺や七彩」無化調喜多方らーめんは、麺の量を選べるのですが、
普通盛り150g、中盛り200g、大盛り250g全て670円と同じお値段。
特盛り300gが100円増しという嬉しい価格設定です(2011年3月現在)。
細かい麺量設定で同価格というのは正に顧客本位のサービスですね。
入店待ちの行列時からオーダー、麺量をスタッフが聞いて回るなど、
入店後の待ち時間を短縮する配慮が感じられて嬉しいです。

中野都立家政麺や七彩店頭.JPG

そういった従業員スタッフの細かい気遣い心遣いもあってか、
行列の待ち時間もさほど長く感じることなく店内へ案内されました。
店内には煮干系の魚介出汁の懐かしい香りが漂い期待感が高まります。
今回は喜多方らーめん醤油味中盛りに味付け卵100円をトッピング。
出てきたラーメンの芳しいお姿はこちらになります。

中野都立家政麺や七彩喜多方らーめん醤油味.JPG

味付け玉子の卵黄の半熟加減もいい感じですね♪
思わず生唾をゴクンと飲み込んでしまうのを押さえられません。

中野都立家政麺や七彩味付け玉子.JPG

麺や七彩の喜多方らーめんの具は、チャーシュー、ネギ、メンマ。
焼豚は部位の異なる2種類が一枚ずつ乗せられており、
恐らくバラ肉、腿肉のチャーシューだと思われます。

中野都立家政麺や七彩喜多方らーめんチャーシュー.JPG

たっぷりの輪切りの長ネギに味付けされた歯応えある細切りメンマ
という中華そば系ラーメンとしては王道の組み合わせが嬉しいです。
麺は喜多方らーめん独特の加水率の高い中太の平ちぢれ麺ですが、
しっかりとボリュームと歯応えがあり旨みがしっかりと感じられる
高加水率の麺としてはベストの出来ともいえる秀逸な麺です。

中野都立家政麺や七彩喜多方らーめん平打ちちぢれ麺.JPG

麺や七彩のラーメンスープは雄の丸鶏やモミジの他に、
昆布と3種類の煮干などを使用することで化学調味料不使用ながら
喜多方らーめん独特の旨みを再現しているそうです。
その上で、タレのかえしには香り豊かな無濾過の醤油を使用し、
ちょっと田舎っぽくてほっとする懐かしくも優しい味わいの
心温まるバランスの良い醤油らーめんの味わいを実現しています。

中野都立家政麺や七彩喜多方らーめん醤油味スープ.JPG

スープの表面にはラードのような油膜も浮かんでおりますが、
スープの保温性を高め絶妙なコクを加味しているものの
決して脂っこさやしつこさを感じさせるものではありません。
麺や七彩の喜多方醤油らーめんは、決して派手なインパクトや
突出したコクやキレのある味わいとは云えないかもしれませんが、
一口啜った瞬間から非常に心温まる満足感を感じる味わいです。
とにかく、麺・具・スープ・タレり一体感が丼の中に結実していて
ある意味、醤油ラーメンの理想系といっても良いでしょう。
主張しすぎない煮干の味わいが全体を優しくオーガナイズしており、
同じ福島県内の白河らーめんの名店町田の一番いちばん
非常に多くの共通点を感じるご当地ラーメンの名店といえます。
店員さんの接客態度も奢ったところがなく気持ちいいの一言。
また食べに行きたいと思わせる優良店としてお勧めいたします。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。