スポンサードリンク

野方・花道の味噌ラーメンの麺と具のボリュームに感激♪


みそラーメン店のニューフェイスとして人気が高い、
東京都中野区野方の味噌麺処「花道」に行ってきました。
味噌ラーメン専門店ともいえる「花道」の店舗は、
西武新宿線野方駅の北口商店街の奥の方、
新青梅街道に突き当たるちょっと手前付近にあります。



味噌ラーメン専門店「花道」の店主のラーメン修行歴は、
あの蒙古タンメン中本もラーメン修行先に含まれているようですが、
花道は中本と違い、ジャンクフード臭のない丁寧な仕事が評判であり、
2011年春の時点では、店頭に空席待ちの行列ができる人気店です。

野方の味噌麺処「花道」店頭.JPG

花道の味噌ラーメンの調理は札幌みそラーメンスタイルです。
注文を受けてから、もやし、にらなどの野菜を、ラード、にんにく、
味噌を加えてスープと煮込むという伝統的な調理法ですね。
また、花道のラーメンに使われているモヤシは、
埼玉県和光市の「やまともやし」というこだわりのモヤシです。

野方「花道」のやまともやし.JPG

薬剤を一切使わず水だけで栽培して育てたモヤシのため、
甘みが強くモヤシ本来の風味を楽しめるというもので、
花道はその素材の持ち味を活かすべく、半生状態で提供しています。
また、花道ではそのモヤシの大盛りが無料で選択できるうえに、
刻みニンニクの増量も無料でオーダー可能という太っ腹です。
ということで、花道の味噌ラーメンのモヤシ大盛りニンニク追加を
とくとご覧いただきましょう〜♪(味付け玉子もトッピング)

野方「花道」味噌ラーメン.JPG

野方「花道」味付け玉子.JPG

野方「花道」味噌ラーメン味付け玉子黄身.JPG

この山盛りのもやし炒めのトッピングをとくとご覧ください。
そして、花道の味噌ラーメンのもうひとつの特徴といえば、
ボリュームたっぷりの具材です。
まず分厚い厚切りのチャーシュー。
厚さ1pはあろうかという大ぶりのチャーシューが2枚も乗り、
焼豚の分量としては他店のチャーシュー麺並みはあると思います。

野方「花道」味噌ラーメンのもやし炒め.JPG

野方「花道」味噌ラーメンの厚切りチャーシュー.JPG

花道の味噌ラーメンの具の特徴のもうひとつとして挙げられるのは、
1p角四方もある極太の味付けシナチクメンマです。
これほどの太さのメンマはちょっとお目にかかれないボリュームですよ♪

野方「花道」味噌ラーメンの厚切りメンマ.JPG

花道の味噌ラーメンは、調理法は札幌ラーメンスタイルですが、
麺は札幌ラーメンで特徴的な西山製麺風の中太ちちじれ麺ではなく、
サッポロラーメンの倍近くある太麺です。
黄色みが強いのは札幌ラーメンと同様ですが、太さが倍近くあるので、
ガッツリした食感で食べ応えがありますよ。

野方「花道」味噌ラーメンの極太麺.JPG

スープは味噌臭さのないマイルドでコクのあるスープです。
とんこつスープに隠し味的に味噌の甘みと旨みと風味が加わっている
という感じで、味噌ラーメンが苦手な人にもお勧めのスープです。

野方「花道」味噌ラーメンのスープ.JPG

とにかくボリューム満点、仕事・接客も丁寧なので、
行列も納得の満足度の高いラーメン店だと思います。
つけめんも人気があるらしいので、夏の再度訪問を誓った私でした。



中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天は味とボリュームは満足ですが…


あのトンコツラーメンの名店武蔵野市武蔵境駅のきら星が
東京中野駅の南口にセカンドブランドの支店をオープン。
その名は「釜炊き豚骨ラーメンきら星満天」です。
釜炊き豚骨ラーメンきら星満天の店舗は、中野駅南口改札を出て
中野通りを渡って左折した一本目の路地を右折してすぐの場所です。

2011年1月にリニューアルオープンした丸井中野店のすぐ手前で、
COCORO no AKARIたまごのプリンを買いにいくついでに立ち寄り
きら星満天自慢の釜炊き豚骨ラーメンを食べてみました。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天.JPG

釜炊き豚骨ラーメンきら星満天の店舗に入ると、
まずトンコツラーメン店独特の豚骨臭が店内に漂っています。
これは、博多長浜スタイル豚骨ラーメン店の雄 御天に共通する香り。
店内には製麺機を擁する製麺室が設けられており、
独特の中太ちぢれ麺は店内で打たれる自家製麺のようです。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天店内製麺室.JPG

テーブル上には定番薬味調味料の他に秘伝にんにく醤油もあります。
但し、博多長浜スタイル豚骨ラーメン店では定番お馴染みの薬味
激辛の辛し高菜は、品質管理上の観点からテーブル上には置かず、
店員さんにオーダーして冷蔵庫から壺容器を出してもらうシステム。
でも、無料なので安心して遠慮なくオーダーしてくださいね。
もちろん辛党の私は迷わず店員さんに頼んで出してもらい、
たっぷりとラーメンにトッピングして激辛辛し高菜を味わいました。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天卓上秘伝にんにく醤油.JPG

本店の満天と同様、中野の支店、きら星満天も
大量の豚骨を羽釜で長時間炊きだして豚のエキスを濃縮させた
濃厚なトンコツスープが特徴の豚骨ラーメン店です。
豚のゲンコツと豚頭を骨の髄が溶け出すまで徹底的に炊き出し
豚皮を加えてコラーゲンも豊富な豚骨スープに仕上げています。
ラーメンのジャンル的にはドロ系ラーメンに分類される事が多く、
同じく中野の無鉄砲と並び称されることも多いようですが、
同じ濃厚トンコツラーメンでも無鉄砲とは味わいが異なります。

きら星満天釜炊き豚骨ラーメン.JPG

無鉄砲は超ド級濃厚トンコツラーメンスープにもかかわらず
豚骨臭を全く感じないという独自の特徴を持っていますが、
きら星満天の場合は一般的博多長浜スタイルの豚骨ラーメン同様、
豚骨臭もスープの風味や旨みへと昇華させたスタイルです。
ラーメンの具もネギやきくらげといった博多長浜スタイル。
そこに自家製中太ちぢれ麺と生キャベツのトッピングということで、
横浜家系ラーメンと博多長浜豚骨ラーメンのコラボというのが
きら星満天の説明としては最も分かり易いような気がします。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天自家製中太ちぢれ麺.JPG

実際、ラーメンスープも豚骨臭、豚骨の風味や旨みが効いた
横浜家系ラーメンという感じの味わいです。
横浜家系ラーメンスープの味わいは豚骨ラーメンとの共通点が多く
せい家が博多長浜スタイルの細麺をメニューに導入しているように
相性がいいのでお互いのいいとこ取りも可能なのです。

 ⇒ 家系ラーメンせい家の細麺替え玉制導入!ラーメン一杯で二度美味しい♪

そういった意味で、せい家の場合は横浜家系から博多長浜スタイルへ
きら星満天の場合が博多長浜から家系スタイルラーメンへの
それぞれのアプローチであるといえるのではないでしょうか。

きら星満天釜炊き豚骨ラーメンチャーシュー.JPG

なお、きら星満天の釜炊き豚骨ラーメンは、本店のきら星とは違い
スープへの煮干し餡のトッピングは採用しておりません。
TRYという雑誌のレビュー記事で、レイラという女性ラーメン評論家が
「羽釜でガンガン炊き上げたヘビー級の豚骨に
『きら星』らしさが光る煮干し餡。」と評論をしていますが、
このレイラという女性ラーメン評論家は、きら星満天の記事に限らず
明らかに実際に自分では食べずにラーメン店の評価をしていると分かる
イメージで言葉を弄ぶだけのいい加減、デタラメな論評が殆どなので、
こういったエセ・ラーメン評論家の戯言レビューは信用してはいけません。

きら星満天釜炊き豚骨ラーメンスープ表面.JPG

さて、きら星満天ならではのメニューのひとつは鳥のから揚げ。
外側の皮はカリッと揚がり内側は肉汁が滴るジューシーさで、
ラーメンのサイドメニューとして若い人を中心に人気のようです。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天唐揚げセットの鳥から揚げ.JPG

釜炊き豚骨ラーメンとお得なセットの「唐揚げセット」もあり、
今回の来店ではその唐揚げセットを頼んでみたのです。

中野の釜炊き豚骨ラーメンきら星満天鳥唐揚げ.JPG

また、きら星満天は自家製中太ちぢれ麺の替え玉がたったの100円。
太い麺は茹で上がるのに時間がかかり、その分光熱費も嵩むので
そもそも替え玉システムをとっていないお店が殆どです。
新たに替え玉制を導入したせい家でも替え玉は細麺のみ。
そういった意味では、きら星満天の替え玉制採用は画期的であり
お値段も100円と信じられない格安激安価格です。
ひとつ注文を付けておくと、ラーメンスープ温度がちょっとぬるい。
余分な脂分を付け加えないので温度が下がるのも早いのでしょうが、
それなら丼を湯せんして温めておくとかの工夫が欲しいところです。
現状のままだと替え玉を頼む頃にはラーメンスープが冷めてしまい
替え玉投入後はちょっと間の抜けたラーメンになってしまいそうです。
そこのところだけはちょっと惜しいなと感じておりますので、
是非とも改善を望みたいと強く思いました。

ご当地らーめん藤枝朝ラーメンを温製冷製の両方で食べてみた


クラブツーリズムの格安激安日帰りバス旅行に参加し、
河津桜祭り・イチゴ狩り・御殿場イルミネーションを見に行く途中、
立ち寄った足柄インターサービスエリアの売店で、
中華そば藤枝朝ラーメンというご当地ラーメンを見つけました。

 ⇒ 朝ラー通は、温で1杯・冷で1杯、計2杯を食す!藤枝 朝ラーメン 温冷2食入り志太系中華そば 平打ちストレート麺

この中華そば藤枝朝ラーメン、藤枝朝ラー文化研究会公認の品
ということで、何か由緒正しき雰囲気を漂わせております。

ご当地らーめん中華そば藤枝朝ラーメン.JPG

朝食にラーメンを食べるという、いわゆる朝らーめんは、
東京駅一番街B1ラーメンストリートの六厘舎TOKYOが朝限定で出す
朝つけめん「朝つけ」が有名ですが、ルーツは藤枝なのでしょうか。
藤枝朝ラーメンについて語るには、まず静岡県志太地区における
朝ラーメン文化について知っておかねばなりません。
静岡市の西隣りに広がる志太地区は、朝ラーメン(通称 朝ラー)
という独自の食文化が根付いている地域であります。
静岡県志太地区では、昔よくあった街のそば屋が作るラーメンを
朝から食べるという習慣が古くから存在しました。
毎日食べるラーメンなので、一度食べたら忘れられない味というより
忘れかけた頃にまた食べたくなるという優しい味わいが特徴で、
温かいスープのラーメンを食べた後に冷たいラーメンを食べる
という一度で2杯のラーメンを食べるのも藤枝朝ラーメンの特徴です。
足柄インターサービスエリアの売店で見つけた藤枝朝ラーメンも、
温製ラーメン冷製ラーメン双方でいただくことが前提です。
それではさっそくご当地らーめん藤枝朝ラーメンいってみましょう♪

ご当地らーめん中華そば藤枝朝ラーメン温製.JPG

ご当地らーめん藤枝朝ラーメンの麺は細い平打ちストレート麺で、
麺とスープは温製ラーメン冷製ラーメン共通のものです。
麺はそうめん・ひやむぎに近いコシの弱い滑らかな口当たりで
非常に優しい味わいの女性的風合いを感じさせる麺です。
スープも和風魚介ダシの非常にあっさりさっぱりした味わいで、
温かいスープでいただく藤枝朝ラーメンはある意味かけそばに近いもの。
これなら朝から毎日食べても胃もたれもなく飽きることはないでしょう。

ご当地らーめん中華そば藤枝朝ラーメン温製麺.JPG

藤枝朝ラーメンの冷たいラーメンは、本来はつけめんスタイルではなく
冷たいラーメンスープに麺を入れて食べるのが本流のようです。
が、私が藤枝朝ラーメンを試した際は季節がまだ寒かったこともあり、
つけ麺スタイルにして食べてみました。

ご当地らーめん中華そば藤枝朝ラーメン冷製つけめん.JPG

つけ麺の場合、茹でた麺を水洗いして締めて食べることになるので、
ある程度コシの強い麺である必要があります。
麺が温かいままで食べる「あつもり」スタイルのつけ麺にしても、
麺にコシの強さが求められるのは同様です。
そういった点では、コシの弱い口当たりの滑らかさが特徴の
藤枝朝ラーメンをつけ麺スタイルで調理したのは失敗だったようです。
茹で上げた麺を水洗いして締めたことにより、旨みが抜けてしまい
麺の優しい滑らかな口当たりまで失われてのびた素麺のような
間の抜けた麺料理になってしまいました。

ご当地らーめん中華そば藤枝朝ラーメン冷製つけめん麺.JPG

藤枝朝ラーメンを冷たいラーメンとして食べる場合は、
冷たいラーメンスープに麺を泳がせて食べるという
ご当地ならではの食べ方が良いと思います。
一度、本場静岡県志太地区を訪れて、ご当地らーめんである
藤枝朝ラーメンを食べてみたいものです。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。