スポンサードリンク

子ぐまの絶品関西風お好み焼き&やきそばを体験!


子ぐまは東急田園都市線のたまプラーザ駅にある
行列必至の人気の大阪風お好み焼・鉄板焼屋さんです。
たまプラーザ駅の改札を出たら右側のバスターミナル方向へ〜
東急たまプラーザ店の前の坂を下って二つ目の信号の交差点を
左に曲がった商店街の中ほどに子ぐまはあります。
「インドのとなり」というカレー屋さんが商店街入口の目印です。

子ぐまの入口は山奥のログハウスみたいな外観で、
店内も木目を基調にしたアットホームな雰囲気で和めます。
店長とお母さんが中心の家族経営方式のお店で、
家庭的な雰囲気がとっても居心地がいいですよ♪
子ぐま店頭入口.JPG
子ぐまはお好み焼き屋さんなので、まずはお好み焼をたのまなきゃね
ということで、季節は冬だったので旬の味覚を楽しもう♪
と牡蠣入りの季節限定お好み焼をオーダーしてみました。
子ぐまのお好み焼は粉は少なめでキャベツがたっぷり入っています。
食感は軽めでサクッと食べられるので胃にもたれないのが嬉しいです。
子ぐまお好み焼き焼き始め.JPG
子ぐまの嬉しいところは、テーブル毎の鉄板で焼かれるお好み焼きを
店長のお母さんが全て最初から最後まで焼いてくれること。
お客さんに自分で焼かせるお好み焼き屋さんも多いけど、
素人だとなかなか上手く焼けなくてイライラすることも多い中、
店員さんがプロの腕前で最初から最後まで焼いてくれるのは嬉しいです。
子ぐまお好み焼きターンオーバー.JPG
ひっくり返すとこんな感じ。きれいに焼き色がついていて、
焦げ目もいい感じで、焼き上がりへの期待も膨らむ一方です。
仕上げにはマヨネーズと特性ソースをまんべんなくかけて、
たっぷりのアサツキをちらして見事焼き上がりの感性です。
あ〜もうたまりません♪
子ぐまお好み焼き牡蠣入り.JPG
お好み焼き以外には、子ぐま名物といわれている
男爵焼きとやきそばをオーダーしました。
男爵焼きは、つぶしたてのじゃがいもを鉄板で焼いて食べる
というシンプルなものですが、素朴な男爵芋の風味が絶妙♪
店長が札幌ラーメン横丁での修行時代の経験から持ち帰ったもの
ということですが、香ばしくてジャガイモ本来の甘味があって
ジャガイモの本当の美味しさを堪能できる逸品ですよ。
子ぐま男爵焼き.JPG
上の画像は湯気でレンズが曇ってしまいましたが、
美味しさの雰囲気を味わってもらえたら嬉しいです♪
さて、もう一品の焼ソバの方ですが、子ぐまの焼きそばは、
麺の食感が普通の焼そばとはちょっと違って独特なんです。
札幌ラーメン横丁での修行経験から、札幌独特の腰の強い麺を
ラーメン同様に茹でてから焼ソバとして調理しているそうで、
パスタのアルデンテのようにヌルヌルモチモチとしていて
しっかり腰があって味わいも最高なんですね。
そういえば、以前、北海道で
「焼きラーメン」というものを食べたことがありますが、
何かそれを彷彿とさせる味わいですね。
子ぐまやきそば.JPG
子ぐまのやきそばは厨房で調理したものを客席の鉄板に乗せ
それを箸で取り分けていただくというスタイル。
子ぐまはとにかく調理を全てお店の人がやってくれるので、
お客さんが焼き加減を失敗しちゃった!というハズレがないので
安心して絶品の焼き加減を楽しめますよ。
店長のお母さんの人柄も最高で、本当に雰囲気のいいお店です。
そんなお店なので、子ぐまは週末は1時間待ちとかは当たり前
という行列待ちの状態のようです。
土日祭日の昼間も予約で一杯で入店できないことも多いので、
予約をしてから出かけた方が無難かもしれません。
子ぐまの電話番号は 045-904-1118です。
関西風お好み焼きなのでソースは全般的に甘めの味付けですが、
お店の雰囲気同様、とっても優しいほっとする味つけですよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。