スポンサードリンク

東京ディズニーランド(TDL)でスモークターキーレッグを食べてみた


東京ディズニーランド(TDL)の新たな名物グルメとして、
屋台で買って食べるスモークターキーレッグが人気のようです。
久々に東京ディズニーランド(TDL)へ行き、
ウエスタンランド付近を歩いていると行列の屋台を発見しました。
スイーツを売っているのかな?と思い覗いてみると、
何と見事なスモークターキーレッグが売られていて、
屋台の近くでは多くの人がスモークターキーレッグを頬張っています。

東京ディズニーランドスモークターキーレッグ1.JPG

東京ディズニーランドでスモークターキーレッグを販売しているのは、
チャックワゴンという屋台で、屋台のある具体的な場所は
カントリーベアーシアターの前の広場です。

TDLチャックワゴンのスモークターキーレッグは、一時販売中止され、
東京ディズニーシー(TDS)のみでの販売となっていたようですが、
2016年11月にハロウィーンメニューと並行して復活したようです。

日本では鶏肉を食べるのが一般的で、ターキーは馴染みが薄いですが、
本場米国ではクリスマスのチキンも七面鳥のターキーが主流です。
鶏肉と比べても脂肪分が低く高たんぱくヘルシーな食材として、
食事量の多いアメリカ人にはお馴染みの食肉素材なのです。

東京ディズニーランドスモークターキーレッグ2.JPG

そういった訳で、TDLチャックワゴンのスモークターキーレッグは、
まさにカウボーイ好みの西部ウエスタンなスナックと言えるでしょう。
しっかりとしたスモーク風味のスモークターキーレッグは、
ちょっと贅沢なハムのような風味でなかなかの美味しさです。

東京ディズニーランドスモークターキーレッグ包装紙.JPG

ちょっと塩分が強いので酒の肴のおつまみとしてもピッタリですね。
今回は、ランチでワッフルサンドを既に食べていたので、
こちらは自宅に持ち帰って晩酌の際のおつまみとしてテイクアウト。
最近の東京ディズニーランド(TDL)は、料理もバラエティーに富み
充実した飲食スペースが増えているように感じました。

チャックワゴンアメリカ料理 / リゾートゲートウェイ・ステーション駅舞浜駅東京ディズニーランド・ステーション駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0





いきなりステーキ中野店で牛ステーキを食べてきました


いきなりステーキ中野店へ行き、CABアンガス牛サーロインステーキと
ヒレステーキを食べてきました。
いきなりステーキ中野店の場所は、サンモール商店街の一本新宿側、
位置的にはブロードウェイ商店街の新宿側の飲み屋さん街の通りで、
西友ストアの入口階段のちょっと中野駅側の1階にあります。



いきなりステーキ中野店の店内は、他のいきなりステーキ店舗と同様、
カウンターでお肉の種類を選び、カットする実際の肉塊を確認してから、
ステーキとして焼いてもらう肉の重量と焼き加減をオーダーするシステム。

いきなりステーキ中野店オーダーカウンター.JPG

お肉の種類と分量と焼き加減を注文したら、あとは焼き上がるまで
カウンター式の客席で待つのみです。

いきなりステーキ中野店カウンター席客席.JPG

今回オーダーの一品目は、まずはCABアンガス牛サーロインステーキです。
米国CAB協会認定のアメリカンビーフ、アンガス牛のサーロインは、
やわらかくジューシーで適度な霜降りがあるので日本でも人気急上昇。
赤身肉の旨味と食べ応えもしっかりと味わえる人気のメニューで、
お値段の方も手頃でコストパフォーマンスも抜群です。

いきなりステーキ中野店CABアンガス牛サーロインステーキ1.JPG

いきなりステーキ中野店CABアンガス牛サーロインステーキ2.JPG

今回オーダーの一品目は、脂身が少なく、さっぱりとしたヒレステーキです。
癖のない赤身の旨味が食欲を誘い、脂身の苦手なヘルシー志向の女性に
特に人気のようです。
ダイエット中の方のタンパク質栄養補給にも最適ですね。

いきなりステーキ中野店ヒレステーキ1.JPG

いきなりステーキ中野店ヒレステーキ2.JPG

いきなりステーキのステーキには、付け合わせでカットしたオニオンが付き、
スイートコーンと共に、ちょっとした箸休めの役割を果たしています。
また、ステーキの肉塊の上にはガーリックソテーのスライスが
たっぷりとトッピングされているので、ニンニク好きの方も大満足♪

いきなりステーキ中野店ステーキミディアムレア断面.JPG

本格的でボリュームのある美味しいステーキを手頃な価格で提供してくれる
いきなりステーキは、お肉好きの日本人のための救世主と言えるでしょう。

アメ横のチキンマンでローストチキンをテイクアウト♪


アメ横B級グルメを巡る食べ歩きの3回目は、
お持ち帰りのお土産にも絶好のローストチキンで行ってみましょう♪
アメ横の飲食店は最近は非常に充実している上に国際色も豊かになって、
B級グルメ食べ歩きには絶好のスポットになっています。
ただ人気店はお昼時になると行列待ちしていることも多くて
時間がない時などは悩みの種ではありました。
そんな中で、気軽に美味しく食べられるランチスポットとしては、
モーゼスさんのケバブをお勧めしたところです。
また、アメ横の飲食店街のテイクアウトのお土産には
キムチ屋ソウルの韓国風煮込み豚足なんてのもあって、
手軽に楽しめるB級グルメ食べ歩きはますます楽しくなっていくのです♪
さて、そんなB級グルメ食べ歩きの聖地ともいえるアメ横には、
手軽なランチやお持ち帰りのお土産にもピッタリフィットする
ローストチキンのお店もあるんですよ。
お店の名前は、鶏料理のお店らしくChiken Man/チキンマンといって、
アフリカン・ビールとチキン料理のお店として六本木にも店舗を構える
フランス風味付きローストチキンのお店です。

Chiken Man/チキンマンのアメ横店はアメ横センタービルの並びにあり、
近くにはモーゼスさんのケバブの店舗もありますよ。
入口には「鶏」と白く染め抜かれた暖簾が下がっていますし、
ローストチキンが連なってグリルされているのが通りから見えるので、
お店の場所はすぐに分かると思います。
Chiken Man店頭.JPG
Chiken Man/チキンマンのトレードマークロゴは、結構特徴があって、
店頭にも飾られていますし、店員さんもロゴTシャツを着ているので、
それを目印にしても見つけやすいかもしれません。
Chiken Manロゴ.JPG
お店は店頭にベンチが置かれたこじんまりしたスタイルで、
店頭のベンチで軽食感覚で食べることももちろん可能ですが、
どちらかというとテイクアウト中心のスタイルだと思います。
気軽に覗けて気軽に買えるというのもB級グルメとしては高ポイントです。
メニューは一羽、ハーフサイズ、1/4サイズのチキンのみか、
1/4チキンとハーブライスかポテトの軽食セット、ポテトのみ、
というシンプルかつリーズナブルな構成になっていますので、
その時の気分やニーズに合わせサイズやセット内容を選べるのも嬉しい♪
チキンマン メニュー.JPG
わたしの場合、今回はお持ち帰り用の1/2サイズのローストチキンを購入。
皮がこんがり焼けたチキンはビールのお伴にもピッタリで、
内側はジューシーな鶏肉がとても美味しかったです♪
チキンマン ハーフサイズ.JPG
ところで、チキンマンのローストチキンは
フランス風の味付けということを謳っていますが
どこがフランス風なのかは食べてみた感じではちょっと不明。。
でも美味しければ何風でも関係ないですよね。
最近は街中でこういったローストチキンの軽食店を良く見かけますので、
見かけたらまたトライしてみようと思いました。
みなさんも上野アメ横にいったら、緑の丸いロゴが目印の
Chiken Man/チキンマンのローストチキンを試してみてください。
ちなみにChiken Man/チキンマンの六本木店はこちら、
イシワタビル6Fで、アメ横店とは違い、バースタイルの店舗です。
こちらは店内で一杯やりながらチキンを楽しむ感じのお店ですね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。