スポンサードリンク

モス期間限定メニュー塩糀(しおこうじ)バーガー雅を食べてみた


モスバーガーの期間限定メニュー塩糀(しおこうじ)バーガー雅
(長芋&かんずりソース仕立て)を食べに行ってきました。
モスバーガーの期間限定塩糀(しおこうじ)バーガー雅(みやび)は
テレビ番組「スッキリ!!」とのコラボメニュー第4弾であり、
第1弾の「テリー伊藤のモスザクザクラー油バーガー」を食べて以来
2年ぶり2度目のチャレンジということになります。

モス塩糀(しおこうじ)バーガー雅ポスター.JPG

さて、Mossの期間限定塩糀(しおこうじ)バーガー雅(みやび)ですが、
今話題で旬の調味料、塩麹をソースに使用していることが特徴です。
また、サイコロ状角切りの長芋と枝豆をマヨネーズソースで和え
具に挟むことにより、初夏らしいさっぱりした風味を演出する
という季節感のあるコンセプトのハンバーガーのようであります。
モスのハンバーガーはどのメニューも基本的に具だくさんなので、
食べる時に具がこぼれ落ちても汚れないよう包み紙にも工夫が。
袋状に閉じた包装パックの先をめくって底は閉じたまま食べるのです。

モス塩糀(しおこうじ)バーガー雅包み紙.JPG

包み紙を開けるとモス塩糀(しおこうじ)バーガー雅の姿が顔を出しました。
バンズとパティの間を彩るトマトの赤、山芋の白、枝豆のグリーンに
塩麹かんずりソースのブラウンの茶色がグラデーションを加えております。

モス塩糀(しおこうじ)バーガー雅.JPG

この塩麹ソースは、塩糀(しおこうじ)、西京味噌、かんずりを合わせた
塩糀(しおこうじ)バーガー雅のために開発された特製ソースであります。
西京味噌の甘さと「かんずり」のピリ辛さを塩麹がマリアージュする
という匠のブレンド手法を用いているとかいないとか。。

モス塩糀(しおこうじ)バーガー雅の具.JPG

モスの期間限定メニュー塩糀(しおこうじ)バーガー雅を食べた感想は
夏らしくシャッキリした食感の冷製ソースのせいか爽やかな食べ心地。
甘辛いソースですが突出した味わいはなく穏やかな風味だと感じます。
ザクザクラー油バーガーのようなパンチのある味わいではありませんが、
和風の優しい味わいで初夏の季節を感じたい方にはお勧めのバーガーです。



広尾ホームワークス/Homework'sで絶品ハンバーガーを堪能する


東京は渋谷区広尾にある本格ハンバーガー店の老舗、
ホームワークス/Homework'sへ行ってきました。
グルメバーガーの草分け的存在であるホームワークスは、
広尾商店街の突き当たり、聖心女子学院裏口の手前にあります。


1985年にオープンし25年以上の歴史を誇る老舗である
広尾のグルメバーガーとサンドウィッチレストラン
ホームワークス/Homework'sは、お洒落な街の広尾らしく
オープンカフェスタイルのガラス張りの店舗です。

Homework'sホームワークス店頭.JPG

Homework'sホームワークスガラス張り店内.JPG

気候もいい季節だったので店頭のテラス席に陣取って
広尾の街並みと開放的な店内の両方を楽しむことにしました。

Homework'sホームワークステラス席.JPG

Homework'sホームワークス店内.JPG

ホームワークス/Homework'sのハンバーガーの特徴は、
素材の味を活かしたシンプルな味わいです。
在日アメリカ人の間では「ホームシックにかかったら
ホームワークスに行け」と言われているくらいで、
評価の高い本格グルメハンバーガーを提供しているのです。
今回のお目当ては日本では珍しい七面鳥肉を使ったパティの
クランベリーターキーバーガーと、バーガーの定番ともいえる
マッシュールームバーガーだったのですが、
ターキーバーガーはメニューから削除されていたのと
マッシュールームバーガーは売り切れでどちらも頼めず仕舞い。
そこで、同じキノコ繋がりでシメジガーリックバター味の
ディープフォレストバーガーという珍品をオーダー。
相方は当日お勧めメニューのグリルドチキンバーガーにしました。

広尾ホームワークス/Homework'sの本格ハンバーガーは、
パティと野菜がそれぞれバンズの半分に乗った形で供されます。
こちらはシメジガーリックバター味ディープフォレストバーガー。

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガー.JPG

野菜はレタス、オニオン、トマト、クレソンとシンプルな形。

Homework'sホームワークスハンバーガー野菜.JPG

パティ部はしめじ、舞茸などの森のきのこ達が、
ガーリックバターで炒められてテンコ盛り状態ですよっ!
うーん、正にディープフォレストなバーガーですこと♪

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガーパティ.JPG

ちなみに広尾ホームワークス/Homework'sのバーガーパティは
Jr.110g、Reg.150g、Super220gと3種類の重さがチョイス可能。
この日のオーダーはJr.サイズの110gをオーダーしましたが、
日本人の胃袋には充分なボリュームだと思います。
バンズはホワイトかグラハムをチョイス可能で、表面を焼くか
そのままかと、細かいオーダーに応えてくれるのも本場流です♪

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガースタック.JPG

さて、お次は当日おススメのグリルドチキンバーガー。
欠品中のターキーバーガーとは鳥類繋がりでオーダーしました。

Homework'sホームワークスグリルドチキンバーガー.JPG

チキンはうっすらと焦げ目のついたチキンの胸肉であります。
鶏胸肉というと一般的にはパサついた食感と思われますが、
このグリルドチキンは淡白ながらも瑞々しくてジューシー♪

Homework'sホームワークスグリルドチキン.JPG

素材自慢の広尾ホームワークス/Homework'sならではの
絶品本格チキンバーガーに仕上がっていて驚きでした。

Homework'sホームワークスグリルドチキンバーガースタック.JPG

せっかく来たのにハンバーガーだけではちょっと寂しいので、
サイドメニューでフレンチフライポテトもオーダー。
オーソドックスにカリッと揚がって美味しいですよ。

Homework'sホームワークスフレンチフライポテト.JPG

広尾ホームワークス/Homework'sは広尾商店街という立地ながら、
お値段の方も1,000円前後と非常にリーズナブル。
ソフトドリンク無しでバーガーのみのオーダーでもOKなので
洒落た雰囲気で本格的なハンバーガーが手軽に楽しめる優良店です、
本格サンドイッチも美味しそうなので、再訪してチャレンジしたら
写真付きでご紹介したいと思いますので楽しみにしていてくださいね。

Bubby's 横浜で本場ニューヨークのアメリカンハンバーガーを体験♪


ハンバーガーとパイの本場アメリカのニューヨーク・トライベッカの人気店
Bubby's(バビーズ)は、全米の伝統的家庭料理を提供するカフェ&レストラン。
1990年にパイ専門店としてスタートして以来、数多くの出店以来を断り続けた
というBubby's(バビーズ)ですが、横浜開港150周年の記念イベントとして、
2009年6月から2年間「バビーズ横浜」として桜木町駅前に期間限定オープン♪
本場ニューヨークスタイルのBubby's本格ハンバーガーとパイを食べるなら、
期間限定オープン中の今しかない!ってことで行って参りました。



バビーズ横浜はランドマーク側桜木町駅前広場のJR桜木町駅高架下にあります。
上の地図だと駅舎の弁天橋方面にある表示となっていますが、実際は横浜方面。
Colette・Mareみなとみらい入口の左手前です。

Bubby'sバビーズ横浜.JPG

お店の外観はもう本格的アメリカンダイナーの香りがプンプンと漂い
期待に胸と胃袋の蠕動が大きく波打ちます♪

Bubby'sバビーズ横浜入口.JPG

バビーズ横浜の店内は外観に違わず古き良きアメリカの香りが充満しており、
港町横浜の異国情緒と相まって、気分はニューヨーカーのアメリカン。

Bubby'sバビーズ横浜店内壁面ディスプレイ.JPG

ナーイストゥミーチャ、ハワユドゥーイン?とブロークンな英語で
思わずスタッフのお兄さんに話しかけるのをこらえるのに必死な私です。

Bubby'sバビーズ横浜店内.JPG

さて本日のバビーズ横浜における我らのオーダーはというと、
ニューヨークスタイル本格アメリカンハンバーガーの定番メニューともいえる
ベーコンチーズバーガーにしてみました。

Bubby'sバビーズ横浜ベーコンチーズバーガープレート.JPG

スモークの効いた本格ベーコンにトローりとトロける熱々のチーズ、
そしてハンバーガーパティは肉汁あふれるジューシーさとくれば、
これはもう至福の時間が約束されたも同然であります。

Bubby'sバビーズ横浜ベーコンチーズバーガー.JPG

Bubby'sバビーズ横浜ベーコンチーズバーガーのアップ.JPG

付け合せのフライドポテトがジャガイモの風味を残していてこれまた旨い♪

Bubby'sバビーズ横浜付け合せフライドポテト.JPG

もう一品は日替わりスペシャル限定メニューのフィッシュバーガーに決定。
フィッシュバーガーって意外に美味しい物に出逢えないので期待大です。

Bubby'sバビーズ横浜フィッシュバーガー.JPG

バビーズ横浜の日替わり限定メニューのフィッシュバーガーは、
フィッシュフライがゴロンと大きく分厚くボリューム満点♪
白身魚の上品な風味が嬉しい魚くんも納得確実の逸品でありました。

Bubby'sバビーズ横浜フィッシュバーガーフライドフィッシュ.JPG

さて、食後にはBubby'sの顔とも云えるアップルパイをデザートで頂きます。
Bubby'sは元々はパイ専門店としてスタートしたお店でありますから、
バビーズ横浜へ行ってアップルパイを食べないなんてことは許されません。

Bubby'sバビーズ横浜アップルパイ.JPG

バビーズ横浜のアップルパイは青森県産の厳選された紅玉(Jonthanジョナサン)
を使用するという、素材にこだわった100%ホームメイドのパイです。
酸味の効いた甘味、さわやかな芳香、しっかりとした身と多汁な口当たり
が特徴の紅玉は最もアップルパイに適したリンゴなので、
このりんごを使ったバビーズ横浜のアップルパイは、酸味がしっかりとした
これぞアップルパイ!といえる絶妙な味わいですよ。

Bubby'sバビーズ横浜アップルパイ断面.JPG

バビーズ横浜は期間限定オープンなので、ニューヨークスタイルのアップルパイ
絶対に食べ逃さないようにしてくださいね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。