スポンサードリンク

高幡不動アンジュナでインドカレーランチプレートを堪能する


高幡不動にアンジュナというインドカレーの名店がありまして、
高幡不動尊金剛寺のあじさいまつりに出かけて行く度に、
ランチはアンジュナでインドカレー♪が定番になっています。
そこで、今年も高幡不動尊あじさいまつり2012の帰り道のランチに
高幡不動駅前のインドカレー店アンジュナに行ってきました。


アンジュナ店頭2012.JPG

あじさい祭の最中ということもあってかアンジュナの店内は
隣りの多国籍居酒屋チャッポラの客席を開放しての大盛況ぶり。
今回は一年ぶりの再訪ということで、ランチセットの中でも
デラックスなアンジュナプレートを注文してみました。
アンジュナプレートはお好みのカレー2種類とナン+ライス、
タンドール料理(チキンティッカ・シークカバブ)、サラダ、
ドリンクで1,150円というお値打ち価格のお値段です。
なお、ナン×2、ライス×2にも変更可能。
別料金でバターライス、カレー大盛りもオーダーできます。
アンジュナプレートのカレーは辛口から甘口まで8種類あり、
今回はまず本日のカレー(夏野菜とチキンのカレー)と
キーマカレーのセットをひとつ。

アンジュナプレート2012-1.JPG

もうひとつはマトンカレーと季節の野菜のカレーのセットで
ライスはバターライスのオプションにアップグレードしました。

アンジュナプレート2012-2.JPG

アンジュナのカレーは、スパイスの香りが鮮烈なのはもちろん
カレーの種類ごとにルーのベースの風味が全く異なり
それぞれの具の持つ旨みを最大限に引き出していることが特徴です。

アンジュナプレートキーマカレー.JPG

アンジュナプレート夏野菜とチキンのカレー.JPG

時々、ルーのベースの味は一緒で、具材のバリエーションだけで
多くの種類のカレーを出しているインドカレー店を見かけますが
そういったお店とは一線を画する本格派インドカレー店なのです。

アンジュナプレートマトンカレー.JPG

アンジュナプレート季節の野菜カレー.JPG

チキンティッカ・シークカバブといったタンドール料理も
スパイスの味と香りが非常に良く肉の内部に染みこんでいて
素材の味と一体化するとともにしっとりと柔らかい絶品の食感です。

アンジュナプレートタンドール料理.JPG

ナンはしっとりとしながらも淡白で上品な味わいで
カレーのスパイスの香りや味わいを邪魔することはありません。

アンジュナプレートナン.JPG

アンジュナのカレーは、私のインドカレー店ランキングにおいて
迷わず第1位の座を独占し続けているインドカレー店であります。

アンジュナプレートラッシー.JPG

問題は高幡不動という立地の関係で、年に一度のあじさいまつりの
ついでにしか立ち寄る機会がないということです。
近所にあったら絶対に通って常連になりたい超お勧めカレー店が
高幡不動駅前のインドカレー店アンジュナ/ANJUNAなのです。
あじさいまつり開催中は入店待ちの行列が出来る人気店なので
お早めの来店をお勧めいたします。



祖師ヶ谷大蔵ティフィン・デ・ココで北インドカレーを食べてみた


祖師ヶ谷大蔵のインドカレー店TIFFIN de CoCoへ行ってきました。
TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココは元々は町田市の鶴川駅で
店舗を構え、拘りのインドカレーを提供するカレーの名店ですが、
満を持して同じ小田急線沿線の世田谷区祖師ヶ谷大蔵駅北口駅前に
無添加・無着色のインドカレーを提供するべく進出してきたのです。
ティフィン・デ・ココ祖師ヶ谷大蔵駅前店は駅北口を出てすぐです。


TIFFIN de CoCo祖師ヶ谷大蔵駅前店入口.JPG

駅北口の公園にあるウルトラマン像の手前のビルの2階にありますので、
探しても見つからない時は公園のウルトラマン像を目印にして
像の向こう側から駅前の方を眺めてみてください。
ティフィン・デ・ココのお店がすぐに分かりますよ。

祖師ヶ谷大蔵駅前ウルトラマン像.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココ祖師ヶ谷大蔵駅前店の店内は
ウッディーな木目調を基調とした喫茶店風のゆったりした店内で
落ち着いて寛げる雰囲気でなかなか居心地が良いです。

ティフィン・デ・ココカウンター席.JPG

TIFFIN de CoCo祖師ヶ谷大蔵駅前店内.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのランチセットメニューは
色々な種類がありますが、あまりお腹が空いていなかったので、
カレー1種類のこころ(CoCoRo)のおもてなしセットをオーダー。
付け合せにはサラダとチキンティッカがついてくるセットです。

ティフィン・デ・ココのサラダ.JPG

ティフィン・デ・ココのチキンティッカ.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのランチセットメニューは
カレーの種類をチキン、シーフード、キーマ、野菜という
4種類のカレーの中から選ぶシステム。
個人的にはカレーの種類の選択肢がもっと多いといいなと感じます。
だって、私の大好きなマトンカレーが入っていないんですもの。
ともあれ、気を取り直してキーマカレーのセットを注文しました。

ティフィン・デ・ココのキーマカレーセット.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのキーマカレーは、
グリーンピースとシャキシャキの大根がトッピングされております。

TIFFIN de CoCoキーマカレー1.JPG

TIFFIN de CoCoキーマカレー2.JPG

連れが頼んだのはオーソドックスなチキンカレーセットです。
ランチセットメニューはライスかナンのどちらかを選べますが
ナン好きの私達は両人ともナンを選択いたしました。

ティフィン・デ・ココのチキンカレーセット.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのチキンカレーは、
バタークリームがかけられたチキンバターマサラタイプのカレー。
大きな鶏肉の塊がゴロゴロとカレーの具に入っておりました。

ティフィン・デ・ココのチキンカレー1.JPG

ティフィン・デ・ココのチキンカレー2.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのカレーを食べてみて、
とてもまろやかでコクのある味わいだなと思いました。
スパイシーで刺激的な辛いだけのインドカレーとは違います。
TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのカレーのコンセプトは、
北インドのパンジャーブ地方の本格的なインドカレーとナンを
無添加・無着色のこだわりの製法で提供することにあります。
バリエーション豊富なメニュー全てに、調理法からスパイスの配合、
スパイスを入れる順番までこだわっており、22種類あるカレーは
全てルーのベースが異なるため、スパイスと素材が融合して織りなす
カレーの種類ごとの味の違いを楽しむことができます。
TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのインドカレーは、
素材を活かした優しく深い味わいが特徴で、小さいお子様から
おじいちゃんおばあちゃんまで、家族全員で美味しく食べられる
ただ辛くてスパイシーなだけのインドカレーとは一線を画した
本格的なインドカレー料理なのです。

ティフィン・デ・ココのナン.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのナンは北インド地方らしく
バターの風味を感じるしっとりとした食感ですがしつこさは感じず
カレーと同様に胃腸に優しい感じの味わいです。
食後のデザートは濃厚ながらも爽やかな味わいのヨーグルトです。

ティフィン・デ・ココのデザートヨーグルト.JPG

ランチセットのドリンクは互いの定番、ホットチャイとラッシーです。

ティフィン・デ・ココのラッシーとチャイ.JPG

TIFFIN de CoCo/ティフィン・デ・ココのカレーは、拘りの製法だけあり
本格インドカレーながらも、まろやかでコクが深く優しい味わいなので
日本人の味覚にもすんなりと受け入れられる味だと感じました。
辛さの調節もできるので、お年寄りから小さな子供まで幅広い年齢層で
家族みんなで楽しめる本格インドカレー料理店だと思います。
お店の雰囲気もいいので、ゆったりと食事が楽しめる居心地のいいお店。
ご家族連れや、仲間内でのパーティーなど使い勝手のいいお店です。

ビリヤニというドライカレー風炊き込みご飯弁当をテイクアウトする


ビリヤニというドライカレー風パキスタン炊き込みご飯弁当を
テイクアウトして食べてみました。
代々木公園パキスタンバザールへパキスタンカレーを食べに行った際、
パキスタンカレー店の出店屋台で見つけて買ってみたのです。
代々木公園パキスタンバザールでカレーセットを食べていると
周りの人が食べているドライカレー風のご飯弁当が気になり、
思い切って尋ねてみるとビリヤニだと教えてくれました。
ビリヤニはアリババとシディークの出店屋台で売っていましたが、
アリババのビリヤニは出来上がりにまだ時間がかかるという事で
シディークのラムビリヤニに決定。
限定200食でお値段は500円とお手頃価格でございます♪

パキスタン料理シディークの出店.JPG

シディークラムビリヤニ看板.JPG

ビリヤニとはスパイスで炊かれたパキスタン炊き込みご飯であり
シディークのラムビリヤニは子羊の肉の塊がゴロゴロと入った
ラム好きにはたまらない外観をしています。

シディークラムビリヤニ弁当.JPG

ライスの色合いが日本でいうドライカレー風で、
ライスは米粒が細長いインディカ米を使用していますね。
インディカ米は炊き上がり後も米粒がパラパラしているので
粘り気のあるジャポニカ米に慣れた日本人には馴染みにくい
という傾向もありますが、こういった外国の料理の場合、
やはり現地の食材であるインディカ米の方が合うと思います。

シディークラムビリヤニのインディカ米ライス.JPG

ビリヤニの具のラムも大きな肉塊の見た目にもかかわらず、
非常に柔らかくて風味のある味わいでありました。

シディークラムビリヤニの具の肉塊.JPG

そんなラムの肉塊がゴロゴロと入っているのですから
マトンカレーを必ず頼んでしまう私のようなラム好きの人は
ラムビリヤニに是非トライしてみるべきでしょう。
味付けは特に辛くもなくマイルドなスパイシーさですので
辛い味が苦手の方も大丈夫だと思いますよ。

シディークラムビリヤニの具とライス.JPG

パキスタンカレー店の出店屋台ではこのビリヤニ以外にも
美味しそうなパキスタン料理が沢山並んでいて目移りしました。
インドカレー店とはまた違ったバリエーションで興味深く
B級グルメ食べ歩きライターの食べ比べ心が大いに刺激されます。
これを機会に実際の店舗へ食べに行きたいと強く思わせる
代々木公園パキスタンバザールでの食べ歩き体験でした。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。