スポンサードリンク

人形町ネパール料理店カイラス・ヴィラ/Kailash Villaでカレーを食べてみた


東京人形町にあるネパールインドレストランカイラス・ヴィラ/Kailash Villaで
インドネパール風カレーランチを食べてみました。
2014年のお正月休みに日本橋七福神めぐりをした際に、
途中でお腹が減ったので人形町界隈でランチを食べるお店を探していたところ、
美味しそうなネパールインドレストランのメニューを発見しました。


東京都中央区日本橋人形町3-7-11 三福ビル 2F
人形町カイラス・ヴィラ入口.JPG

人形町カイラス・ヴィラ店頭メニュー.JPG

カイラス・ヴィラ/Kailash Villaの店舗の入る三福ビルの壁面を見上げると、
カイラス・ヴィラ/Kailash Villaの看板が大きく掲げられ、
そこには〜お客様は神様です〜と書いてございます。

人形町カイラス・ヴィラ看板.JPG

瞬間的に何か自分が神様になったようなとてもいい気分になり、
「神のご加護を」とか「神は偉大なり」などと訳の分からない言葉を
まるで呪文のようにつぶやきながら、ビルの階段を上っていくと、
カイラス・ヴィラ/Kailash Villaの入口に到着〜♪

人形町カイラス・ヴィラ店舗入口.JPG

人形町ネパール料理店カイラス・ヴィラ/Kailash Villaの店内は、
上品なバーガンディー色でまとめられた落ち着いた上品な雰囲気で、
いくつかのボックス席が用意されています。
女の子でも安心して快適にゆっくりとお食事ができる雰囲気ですね。

カイラス・ヴィラKailash Villa店内1.JPG

カイラス・ヴィラKailash Villa店内2.JPG

カイラス・ヴィラKailash Villa店内3.JPG

今回、我々はいくつかあるランチセットメニューの中から、
マトンカレーセットと日替わりカレーセットをオーダーしてみました。
(メニューの値段は2014年1月時点のものです)

人形町カイラス・ヴィラ日替わりカレーセットメニュー.JPG

人形町カイラス・ヴィラマトンカレーセットメニュー.JPG

マトンカレーセットにはミニサラダとスープがついていて、
ちょっと贅沢な気分に浸ることができました〜♪

人形町カイラス・ヴィラランチセットサラダ&スープ.JPG

人形町カイラス・ヴィラのランチセットはナンかライスの選択制。
ナンをチョイスして到着を待つと、さっくりと焼き上げらたナンが到着。
カイラス・ヴィラのナンは油脂分が少な目のあっさり淡泊な焼き上がりで、
小麦の風味とその甘みを生かす塩加減もなかなかよろしい逸品です。

人形町カイラス・ヴィラランチセットのナン1.JPG

人形町カイラス・ヴィラランチセットのナン2.JPG

人形町カイラス・ヴィラ日替わりカレーセットの本日のカレーは、
チキンとゴマのカレーでございます。

人形町カイラス・ヴィラチキンとゴマのカレー.JPG

比較的マイルドなカレールーの中にチキンの角切りがゴロゴロと入り、
振りかけられた白ゴマの風味が良いアクセントになっておりました。

人形町カイラス・ヴィラチキンとゴマのカレーの具.JPG

一方、マトンカレーの方はといいますと、マトン羊肉の風味を生かす
スパイシーでコクのある辛口となっており、カレーを食べ進むうちに
自然と汗がしたたり落ちるというある意味でスーパーサーモジェニックな
新陳代謝促進機能に優れたホットなカレーとなっておりました。

人形町カイラス・ヴィラマトンカレー.JPG

人形町カイラス・ヴィラマトンカレーの具.JPG

食後のドリンクにはそれぞれチャイとラッシーを楽しんで終了です。

人形町カイラス・ヴィラランチセットのチャイ.JPG

人形町カイラス・ヴィラランチセットのラッシー.JPG

人形町カイラス・ヴィラは人形町の中心部にありながらも
ランチセット1,000円前後というリーズナブルな激安価格で
本格的なインドネパール風カレーが楽しめるレストランです。
お正月も比較的早くから営業していますので、日本橋七福神めぐりの際など
お腹がすいたら訪れてみてはいかがでしょうか。



横浜中華街の保昌で話題の牛バラ肉カレーライスを食べてみた


横浜中華街の中華料理店の出すカレーライスのメニューが
何故か人気を博し密かなブームとなっているようです。
そこで横浜中華街のカレーライスブームの火付け役ともいえる
広東料理店保昌(ほしょう)へカレーライスを食べに行ってきました
横浜中華街の広東料理店保昌(ほしょう)の店舗は、中華街の中心部
香港路という狭い路地の真ん中あたりにあります。

横浜中華街広東料理保昌入口.JPG
神奈川県横浜市中区山下町138


横浜中華街の広東料理店保昌(ほしょう)の店内は、
一階部分が厨房とテーブル席が3卓ほど。
2階席は畳張りの座敷に円卓となっております。
この日は2階席で他のお客様と相席で座ることとなりました。

横浜中華街保昌2階座敷円卓.JPG

横浜中華街保昌(ほしょう)の名物カレーライスメニューは、
牛バラ肉カレーご飯というビーフカレーです。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレーご飯.JPG

カレールウには歯応えを残して炒めて甘みを出した玉ねぎが
これでもかというくらい入っております。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレー玉ねぎの具.JPG

保昌のカレールウは粉の風味を強く感じるトロミの強い食感で
まったりモッチリとした懐かしい食感でありました。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレールウ.JPG

辛さを殆ど感じずデミグラスソースのような味わいのルウの中に
牛バラ肉煮込みの肉塊が贅沢にゴロゴロと入っています。
唯一、牛バラ肉の煮込みに八角的な中華の香りを僅かに感じました。

横浜中華街保昌カレーライス具牛バラ肉.JPG

保昌のカレーライスには中華スープがセットで付いてきます。
こちらはオーソドックスな塩味の中華スープであります。

横浜中華街保昌中華スープ.JPG

グルメサイトのサービスクーポンで食後のデザートに
杏仁豆腐をサービスしていただきました。

横浜中華街保昌杏仁豆腐.JPG

中華街がカレー街と化すほどのカレーライスブームは、
元々は中華料理店従業員のまかない料理が発祥との事です。
庶民的なカレーライスなら値段を気にせず楽しめますので、
中華街で食べるお店やメニューに困ったら、
保昌のカレーライスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ダクシンでスパイスの効いた本格南インドカレー料理を食べてみた


日本橋馬喰町にある南インド料理店ダクシンへ行き、
スパイスの効いた本場南インドのカレー料理を食べてきました。
日本橋ダクシン/DAKSHINは、南インドで薬膳効果があるとされる
伝統的なアユール料理を味わえるレストランです。

ダクシンDAKSHIN入口.JPG
東京都中央区日本橋馬喰町1-12-1


ダクシン/DAKSHINの店舗は一階と二階の2フロアーに分かれ、
二階席の方が落ち着いて食事を楽しむことができます。

ダクシン店内2階席.JPG

ダクシンではインドから空輸したフレッシュで貴重なスパイスを
ふんだんに配合したオリジナルのマサラが特徴のひとつです。
ダクシンでは日曜祭日にはランチメニューがないという事です。
せっかく来たので、単品アラカルトで南インドのアユール料理の
真髄とやらを体験してみましょう。
ダクシンでは日曜祭日にランチメニューはやっていないのですが、
グルメサイトのサービスクーポンは使用可とのことです。
早速、ラッシーとチャイのサービスドリンクをオーダー。

ダクシンのチャイとラッシー.JPG

驚くべきはダクシンのチャイのサーブの仕方。
客の目の前で店員スタッフの方が、頭上に高く持ち上げた器から
もう片方の手で腰より低く構えた器に注ぎ落す事を三度ほど繰り返し
ラテのように泡立ててから供してくれるのです。
このようなチャイのサーブの仕方は初めて見た驚きの手法でした。

ダクシンの泡立ったチャイ.JPG

さて、ダクシンでのアラカルトメニューのトップバッターは
お店お勧めメニューの中から、ラムティッカという名前の
ラム肉と玉ねぎの香辛料炒めをチョイス。

ダクシンラムティッカ1.JPG

ダクシンのラムティッカはスパイシーな中にも奥行ある味わいで
柔らかいラム肉のジューシーな旨みが後を引く美味しさです。

ダクシンラムティッカ2.JPG

次にカレーですが、南インド料理専門店ということなので、
ココナッツミルクを使った野菜カレーアビヤルを注文してみました。
ダクシンのココナッツ風味野菜カレーアビヤルは、甘さは感じず、
ココナッツの風味を残しながらもスパイシーという複雑な旨みです。
タイカレーのココナッツ風味ともまた一味違う濃厚な風味で、
南インドアユール料理の底力を感じさせる一品でした。

ダクシンココナッツ風味野菜カレーアビヤル.JPG

カレーに合わせるご飯物はプレーンなナンをチョイス。
しっかりと焦げ目のついたナンは食感も香ばしく、
やはり南インド地方のカレーにはナンがベストマッチと思いました。

ダクシンのプレーンナン.JPG

もう一品のご飯ものはダクシンお勧めのマトンビリヤニをチョイス。
ダクシン秘伝のオリジナルマサラで味付けしたマトンがたっぷり入った
インディカ米の炊き込みご飯がマトンビリヤニです。

ダクシンのマトンビリヤニ1.JPG

ダクシンのマトンビリヤニ2.JPG

ダクシンのマトンビリヤニにはちょっと酸味が効いてスパイシーな
ヨーグルトサラダが付け合わせとしてついていて、
ヨーグルトサラダをマトンビリヤニにかけて食べると
味わいが変わってまた別の美味しさが味わえました。

ダクシンのマトンビリヤニとヨーグルトサラダ.JPG

伝統的な南インド地方のアユール料理が味わえる馬喰町ダクシン。
スパイスの効いたインド料理で爽やかに汗をかきたい方には
お勧めできる本格派の南インド料理店です。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。