スポンサードリンク

鹿児島名物とんこつベースの霧島神話豚カレーを食べてみた


鹿児島県の西之表市、種子島へ行った帰りに、
鹿児島空港の売店で鹿児島ならではの土産を探したら
ありましたよ〜♪
鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレー。

鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレー.JPG

そもそも霧島神話豚とはどんな豚なのでしょう。
美味しい豚肉といえば「黒豚」が代名詞であり、
鹿児島はその黒豚の原産地ですよね。
でも黒豚が各地に普及するにつれ、鹿児島ならではの
霧島名物のブランド豚をつくりたい!
霧島でしか食べられない黒豚に負けない肉質の
ブランド豚を作りたいという豚肉生産者の思いから
鹿児島霧島名物の霧島神話豚が産まれたようです。
霧島神話豚は独自の豚種配合で誕生した品種で、
1.黒豚バークシャー種(六白)、
2.きりしま島豚(奄美在来種の島豚で、元来の黒豚
3.黒豚にもひけをとらない上質な脂身を持つ)、
赤毛豚デュロック種(良質な赤身と霜降りを持つ)
という三元配合により産まれた豚です。
肉質の特徴は、コレステロール値が少なく癖がない、
脂身はヘルシーでべとつかず黒豚に負けない上質さ
という3種の特徴をいいとこ取りした形になっています。
霧島神話豚は山深い高台にある向井農場という
自然環境に恵まれた場所で生産頭数限定で飼育され、
飼料にもさつまいもを始めとする自家製野菜を与える他、
木炭かす・もくす、ブルーベリー、黒酢のもろみなど
こだわり抜いた材料を吟味して手塩にかけて育てます。
そんな霧島神話豚が材料に使われているという
この鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレー。
レトルトパックで手軽にいただけますよ〜♪

鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレーライス.JPG

お味の方はとってもマイルドでクリーミーなコク。
とんこつベースのおかげでしょうか。

鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレールー.JPG

しかし霧島神話豚の豚肉の旨みというものは、
カレールーの風味に埋没してしまって良く分かりません。
霧島神話豚本来の肉の美味さを味わうのであれば、
カレー以外の調理法で試してみた方がよさそうですね。
でもこの鹿児島とんこつベースの霧島神話豚カレー、
カレーが嫌いな人というのもそう多くはないでしょうから
手軽な鹿児島土産としては話題性もあって良いかもです。



松尾貴史のカレー店下北沢パンニャで限定カツカレーを食べてみた


タレントの松尾貴史さんが下北沢に満を持して開いた本格カレー店
「般゜若(パンニャ)」がカレー好きの間で話題になっているようです。
インド古代語で"知恵、英知"を現す言葉が由来のパンニャですが、
漢字の「般若」の般の字に○を付けてパンニャと読ませるところが
なかなか面白いアイディアですよね。
さて、その下北沢の本格カレー店「般゜若(パンニャ)」は、
下北沢駅北口から徒歩10分弱の距離です。
商店街を東北沢方面へ抜け、踏み切り手前を左折して進むと
お地蔵さんの先に「般゜若(パンニャ)」の店頭が見えてきます。
パンニャ店頭.jpg

店頭の黒板に書かれたメニューを確認すると、
チキンカレー、ほうれん草とカッテージチーズのカレー、
チキンとキーマのハーフ&ハーフという定番カレーの他に、
京都中勢以の熟成豚肉を使用した1日5食限定のカツカレーです。
パンニャ 店頭メニューボード.jpg

そしてそのカツカレーの限定5食の5が消されて?に…
パンニャ メニュー.jpg

そしてその下の小さな黒板には、
「いい週末ですね。カツカレーあります」との文字が♪
パンニャ カツカレーあります.jpg

こうなったら限定カツカレーを食べるっきゃないよねっ!
と悦び勇んで般゜若(パンニャ)店内へ突入〜。
そんな我々を壁に飾られた折り顔の般若面が出迎えてくれました。
折り顔とは折り紙で作る似顔絵のことで、
オーナーの松尾貴史さんが得意としているそうです。
パンニャ折顔の般若面.jpg

松尾貴史さんは芸能界でも有名なカレーマニアだそうで、
恵比寿の『bar まはから』の店主・渡辺さんと、
3年の歳月をかけて共同研究、開発した自信作が
般゜若(パンニャ)のカレーなんだそうです。
カレーに限らず、多方面に渡り薀蓄溢れるこだわり人間の
松尾貴史さんが満を持して開発・オープンしたというカレー
期待に胸も膨らむというもんじゃあありませんか。
今回のオーダーは限定カツカレーにトッピングとして
半熟カレー煮玉子(100円)をチョイスしました。
お洒落な店内の外観や可憐な店長さんの雰囲気に似合わず、
豪快な男盛りとでも呼びたいほどの中々のボリュームです。
パンニャ カツカレー.jpg

般゜若(パンニャ)のカレーはルーに小麦粉を一切使用せず、
玉ねぎをじっくり揚げるように炒めて深いコクを出します。
ルーは非常にサラッとしていますが、厳選されたスパイスが
一口ごとに鮮烈な印象を残す爽やかな後口が特徴です。
パンニャ カレールゥ.jpg

ライスは日によって色々らしいですが、この日は五穀米?
付け合せのザワークラウトとトマトのチャトニ(チャツネ)
も箸休めのアクセントになって嬉しい限りです。
パンニャ ザワークラウトとトマトのチャトニ.jpg

カツカレーのカツは熟成肉の専門店である京都の中勢以で
厳選された熟成豚ロース肉をサクッと揚げたもので、
カツカレーにありがちな食後の胃もたれ感は全く感じない
非常に食後感の素晴らしいものです。
パンニャ カツカレーとんかつの断面.jpg

そしてトッピングの半熟カレー煮玉子ですが、
パンニャ 半熟カレー煮玉子.jpg

二つに割ると中からトロトロの半熟の黄身がトロ〜ンと溢れ
スパイシーなカレールーにマイルド感を与えてくれます♪
パンニャ半熟カレー煮玉子の黄身.jpg

せっかく来たんだからこの際〜と調子に乗って、
青唐辛子ハラペーニョのピクルスまで頼んでしまいました。
パンニャのハラペーニョピクルス.jpg

般゜若(パンニャ)のカレーはルーもライスも量が多いですが
スパイスのせいか意外とあっさり食べられてしまい、
カツカレーを食べても食後の胃もたれは感じません。
それにしても、大盛りとも言える相当なボリュームなので
女性の方はお腹を空かして行くことをお勧めいたします。
女優の深津絵里、鈴木杏、辺見えみりなどが普段着で訪れる
ということなので店内で遭遇するチャンスもあるかもですね。
私も再訪して別メニューのカレーにも是非チャレンジしたい
と思わせてくれる素晴らしい本格カレーでした。
般゜若(パンニャ)のカレーはテイクアウトもできるようで
テイクアウトの場合は全品100円引きになるようです。
カレールーのみのテイクアウトもできるとは自炊派にも嬉しい♪
パンニャ メニューテイクアウト.jpg

ちなみに、般゜若(パンニャ)のカレーの元ネタとなった
恵比寿の『bar まはから』もランチでカレーを出しています。

ランチ営業は火曜日〜金曜日とのことですので、
中々訪れる機会がないのが悩みの種です。

Great India/グレートインディアはカレーと大盛サフランライスで満腹♪


Great India/グレートインディアというインドカレー屋さんが、
首都圏に出店攻勢をかけ、カレー好きの方が小躍りして喜んでいるようです。

 ⇒ 日本一美味いカレーを探せ!(首都圏版)
ここ最近は本格的な手頃なインド料理やインドカレー好きのお店が増え、
インドカレー好きの方にとって嬉しい時代になってきました。
突然にやってくる「インドカレーが食べたい!」というカレー衝動にも、
特にお店を探すこともなく、目に入ったカレー屋に入ればいい状況なので、
インドカレーはもはやラーメン並みに普及したといっていいのかもしれません。
そんな中、Great India/グレートインディアというインドカレー屋は、
新宿〜大久保〜池袋エリアに出店攻勢をかけており、
昼前から深夜までの長時間営業でカレー好きを暖かく迎えてくれます。
さて、わたしがGreat India/グレートインディアに出逢ったのは、
劇団バッコスの祭りの公演を見に池袋西口の池袋小劇場を訪れた時でした。
マルイシティと通りを挟んで筋向い側にカウンターのみのカレー屋があり、
Great India 池袋西口店.JPG
小体なお店のわりには厨房の石釜でナンを焼いていたりして、
意外に本格的なインドカレー屋のようです。しかも値段が安い♪
そこで、急激なカレー衝動に駆られ入店してみたというわけです。

Great India/グレートインディアのカレーは、ライスかナンのセットで
最低価格680円からという非常にリーズナブルなお値段。
今回は2人での来店でしたので、1人は2種類のカレーにナンのセット
もう1人は2種類のカレーにサフランライスのセットを注文しました。
双方ともチャイかラッシーのドリンク付きで値段は1000円位でした。
まず、カレーの1種類目は2人ともマトンカレーを注文。
Great India マトンカレー.JPG
カレーのルーの量が多くてびっくりです!
普通のインドカレー屋さんの3倍くらいはあると思います。
お味のほうはスパイシーな本格的インドカレーです。
この量なら1種類のカレーでよかったんじゃあ…と思っていたところに、
2種類目のカレー、スピナッチカレー(ほうれん草カレー)が登場。
Great India ほうれん草カレー.JPG
こちらもやはり他店の3倍くらいの大盛り〜。
ほうれん草のマイルドな風味が辛さを中和してくれて優しいお味です。
相方が頼んだ2種類目のカレーはエビカレー。
Great India えびカレー.JPG
量は同じく他店の3倍の大盛りカレールーです。
トマト風味で酸味のあるマイルドなカレーなので、
インドカレーの辛さが苦手な方も安心して食べられる甘口カレーです。
カレーとセットで食べるナンは店内その場の石釜で焼きたての
本格的な大型ナンで、ふっくらもちもちで表面はサクサクです。
Great India ナン.JPG
してサフランライスの方はというと、カレールーの分量に合わせてか
ご覧のとおりの大盛りのドカメシ的分量で他店の2倍はあるのでは…
Great India サフランライス.JPG
値段が安いのに本格的なインドカレーがライスとともに超大盛り。
これがGreat India/グレートインディアの特徴ともいえるでしょう。
とにかく、インドカレーを値段を気にせずに腹いっぱい食べたい!
という方にお勧めできるのがGreat India/グレートインディアです。
小食の方はカレーは1種類にして、ナンをチョイスした方がいいでしょう。
この大盛りサフランライスを2種類のカレーとともに食べきるのは、
男の方でも相当に骨が折れることと思います。
さて、今回訪れたGreat India/グレートインディアは
マルイシティ向いにあるGreat India/グレートインディア池袋西口店で、
Great India/グレートインディアは西口店以外にも、池袋北口店、
池袋3号店と池袋に3店舗を構えています。

Great India/グレートインディア池袋北口店

Great India/グレートインディア池袋3号店

グレートインディアは、池袋以外にも新宿方面に何店舗かあるようです。

Great India/グレートインディア高田馬場店

Great India/グレートインディア百人町店

なお、百人町店の100メートル先にも、もう1店舗あるそうです。

Great India/グレートインディア新宿東口店

これ以外にも大久保駅周辺に店舗があるとの情報もあり、
大久保駅を含む新宿周辺では、「Siddique(シディーク)」との間で
インドカレー屋の壮絶な覇権争いが展開されているとの噂があります。
いずれにしても、ライバル店同士が切磋琢磨して
美味しいインドカレーを手頃な値段で提供してくれるのであれば、
我々としては大歓迎というわけです。
みなさんも街角でGreat India/グレートインディアを見かけたら
是非一度、激安大盛りインドカレーを試してみてください。
ただし、お腹は十分に空かせてからいきましょうね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。