スポンサードリンク

館林うどん本丸で名物ざるうどんとなまず天ぷらを食べてみた


良質な小麦の産地・群馬県館林は館林うどんが名物であります。
そこで、城沼花ハスまつり蓮池クルーズの徒歩での帰り道に
東口駅前通りにある株式会社館林うどんが経営するうどん本丸で
館林名物のざるうどんとなまず天ぷらを食べてみました。
うどん本丸は館林駅東口駅前通りを館林市役所方面に進み
徒歩5分ほどの距離の館林うどんビル1階にあります。


館林うどんビル.JPG

館林うどんビル1階は館林を代表する館林うどんの老舗メーカー
株式会社館林うどんの販売店舗になっていて、その奥にあるのが
食事スペースとしてのうどん店「うどん本丸」なのです。

館林うどんビルうどん本丸入口.JPG

うどん本丸の店内はテーブルの椅子席と小上がりのお座敷による
日本風で落ち着いた和風の雰囲気であります。
猛暑の真夏の時期だけに注文は冷やしうどんのざるうどんにしよう
と決めていましたが、メニューを見ると気になる文字が。。
「なまずの天ぷら・一度は食べてみてください。
顔に似合わず淡白なお味。」とのことです。
そこで、お勧めに従い、なまず天ざる(1,050円)をオーダー。

館林うどん本丸店内.JPG

うどん本丸では、注文後、うどんが茹で上がる間の待ち時間に
地元館林名物の落雁が出されます。
この落雁にも地元キャラクターの分福茶釜のタヌキの顔が。

館林うどん本丸タヌキの落雁.JPG

待ち時間10分ほどで運ばれてきた「なまず天ざる」がこちら。
なかなかボリュームのある外観でございます。

館林うどん本丸なまず天ざる.JPG

館林名物である館林うどんの麺は、コシはしっかりありつつも
歯応え・舌触りがしっとりと滑らかで優しい味わいです。
硬くてコシがあるだけの麺とは一線を画すしなやかな風合いです。
小麦の風味も上品に感じられる一級品の味わいを堪能しました。

館林うどん本丸ざるうどん麺1.JPG

館林うどん本丸ざるうどん麺2.JPG

天ぷらは名物なまず天の他、ゴーヤ、ナスなどの新鮮な夏野菜を
素材の味を封じ込めるように揚げられた夏野菜の天ぷら。
特にゴーヤの鮮烈な苦味は暑さに疲れた身体がシャンとしました。

館林うどん本丸夏野菜なまず天ぷら.JPG

そして真打「なまずの天ぷら」ですが、予想以上の大ヒットです。
柔らかく、まったく癖のない淡白な白身のフワフワした食感は
生前のナマズの風貌からは全く想像もつかないものでした。

館林うどん本丸なまず天ぷら.JPG

泥臭さなども皆無で、どんな海水魚の白身魚より美味いのでは?
と唸るほどの美味しさでありました。
ちなみに、夏野菜の天ぷらは通常通り天つゆで食べますが、
なまずの天ぷらは醤油をつけて食べるのがお勧めですよ。

館林うどん本丸なまず天ぷら断面.JPG

館林周辺は池沼が多い湿地帯が広範囲に広がっていることから、
なまずの養殖が盛んで名物のひとつにもなっているそうです。
宮内庁御用達で高級贈答用としても評判の高い館林うどんを
地元名物のなまず天ぷらと一緒に食べられる「うどん本丸」。
館林付近に出かけた際には是非、チャレンジしてみてください。



等々力の老舗そば屋やぶ森で渓谷散策前に日本蕎麦を食べてみました


等々力駅近くにある創業90年(大正13年創業)の老舗そば屋
やぶ森で、等々力渓谷散策前に昼食に日本蕎麦を食べてみました。
やぶ森の店舗は、東急大井町線等々力駅改札を出て右側の線路を渡り
マクドナルドの前を二子多摩川園方面へ進んで突き当たった通りを
右側に進んですぐの場所にあります。
駅から僅か1分弱という至近距離で超便利な立地でございます。


やぶ森の店舗は等々力駅からすぐの分かりやすい場所にありますが、
歴史ある老舗店らしくお店の看板が変体仮名の字体になっています。
この看板がやぶ森のお店の目印ですので見落として迷わないように
注意してくださいね。

等々力蕎麦屋やぶ森看板.JPG

やぶ森の店構えは、老舗らしい落ち着いた歴史ある佇まいで、
美味しいおそばへの期待に胸が膨らみます。

等々力蕎麦屋やぶ森入口.JPG

やぶ森の店内は、老舗の日本蕎麦屋らしい和風の造りで
三丁目の夕日的な昭和の香りが色濃く漂う庶民的な雰囲気です。
全てテーブル席で地元民に愛される近所の美味しいお蕎麦屋さん
といった雰囲気で居心地が良いです(奥に宴会用の座敷席も有り)。

等々力蕎麦屋やぶ森店内.JPG

やぶ森の日本蕎麦は、冷たい冷やし蕎麦から暖かいお蕎麦まで
様々なバリエーションのメニューがあり注文に迷いましたが、
夏という季節柄を考え、さっぱりとした「おろし蕎麦」と

等々力蕎麦屋やぶ森おろしそば.JPG

等々力やぶ森おろしそばナメコろし黄身.JPG

つけ汁の暖かい「鴨南蛮」をオーダーしてみました。

等々力蕎麦屋やぶ森鴨南蛮.JPG

等々力蕎麦屋やぶ森鴨南蛮つけ汁.JPG

やぶ森の日本蕎麦は、白っぽい色の繊細な細打ち麺でした。
食感はちょっとまったりと粘っこい感じで、細打ちの麺ながらも
かえしの効いたつけ汁と相まってコクのある味わいが楽しめます。
鴨南蛮そばには大き目で厚切りの鴨肉がゴロゴロと4つほど入り
ボリューム感も満点。長ネギとのコンビネーションも抜群ですよ♪

等々力蕎麦屋やぶ森鴨南蛮鴨肉.JPG

やぶ森は都心の老舗日本蕎麦屋ながらお値段の方もリーズナブルな
庶民的お値打ち価格です。殆どのメニューは1,000円以下の価格帯で
お財布を気にすることなく、老舗のおそばを思いっきり楽しめますよ。

そんなやぶ森は等々力周辺の地元民にこよなく愛されているらしく、
この日も昼間から読書をしながらビールやチューハイを片手に
板わさなどの酒の肴をつまむ方もチラホラと見かけました。
また、多くの地元常連客が注文していたのが意外にもカレーライス。
蕎麦屋のカレーは出汁を活かした味わいで実は隠れた人気メニュー
という事も多いと聞いたことがありますが、噂は本当だったかも。
次回は是非、カレーライスにもチャレンジしたいと思います。

やぶ森では、カレーライスやカツ丼など、ご飯物を注文する際に
200円の追加料金でもり、きつね、たぬきの冷・温いずれかの
ミニ蕎麦メニューをオプションで追加できるシステムですので、
蕎麦屋のカレーライスと日本蕎麦を1,000円以下の激安価格で
同時にセットで楽しむことができるという嬉しい設定なのです。
等々力周辺に行ったら是非立ち寄りたい老舗のおそば屋さんとして
創業90年の老舗日本蕎麦店「やぶ森」をお勧めいたします。

京王百草園の茅葺屋根・松連庵でよもぎそばを食べてみた


京王百草園へアジサイを見に行った際、園内の茅葺屋根のお屋敷
松連庵(しょうれんあん)で昼食によもぎそばを食べてみました。

京王百草園の松連庵.JPG

京王百草園の松連庵は、ちょっとした軽食や甘味処の茶屋ですが
畳敷きで広い中々本格的な和室の座敷が用意されていて、
百草園の心字池を中心とした美しい庭園を室内から見渡せるので
百草園内の景色を楽しみながらゆっくりと寛いで一休みできる
休憩所としてもお勧めの空間スポットであります。

京王百草園松連庵の座敷1.JPG

京王百草園松連庵の座敷2.JPG

この日の松連庵では、アジサイの季節の初夏ということもあり、
お勧めメニューはヨモギを蕎麦に練り込んだよもぎそばでした。
甘味も欲しいと思いデザート代わりに甘酒も注文してみました。

京王百草園松連庵のよもぎそばと甘酒.JPG

蕎麦の麺にヨモギの葉を練り込んだよもぎそばは、
見た目も涼しげな緑色を帯び味わいも程よい爽やかさがあって
初夏の季節の昼食にはぴったりの風味でありました。

京王百草園松連庵のよもぎそば.JPG

松連庵座敷の縁側からは心字池周辺の庭園が見渡せますが、
この日は丁度、大きな鷺が舞い降りて池に架かる橋を散歩して
池のほとりで魚を狙う光景を間近で目撃できました。

京王百草園松連庵の縁側.JPG

京王百草園松連庵から見えた鷺1.JPG

京王百草園松連庵から見えた鷺2.JPG

百草園散策の際の休憩の一休みにお勧めの松連庵で
是非、日本ならではの庭園の美を観賞してみてください。
日常の喧騒を離れて、きっと心が癒されることと思いますよ。
パワースポット・ヒーリングスポットとしてもお勧めです。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。