スポンサードリンク

水沢うどんを群馬土産に高崎駅で買って食べてみました


群馬県は古くから小麦と米の二毛作水田地帯として知られ、
小麦を使ったうどんの生産が盛んな地域です。
そのような中、高崎前橋を中心とした群馬県西毛地区では、
うどんといえば「水沢うどん」と古くから親しまれてきた
いわばご当地グルメといえるうどんが水沢うどんであります。
最近では高崎でもご当地B級グルメによる町おこしの一貫なのか
JR高崎駅構内のコンビニNEWDAYSでも、手軽な高崎土産として
群馬名物のうどん麺を買うことができます。
以前ご紹介した高崎だるま地粉うどんは達磨の形をしたパッケージと
手頃なお値段で高崎みやげとしてうってつけのうどんだとは思いますが、
その隣りに並べられている水沢うどんについても、
やはりいつかは食べてみねばなるまいとずっと心に引っ掛かっていて
今回の帰省の際にお土産として買って帰って食べてみたのです。

上州名物水沢うどん・うどん茶屋水沢万葉亭.JPG

水沢うどんの「水沢」は、群馬県伊香保温泉の水沢観音がある土地
水沢の地名にちなんだ呼び名であります。
十一面千手観音菩薩である水沢観音が祀られる五徳山水沢寺は、
坂東三十三番観音巡りの十六番目の札所で、古くから多くの参拝客に
水沢うどんは親しまれて今日を迎えています。
上州名物水沢うどん・うどん茶屋水沢万葉亭と銘打たれたうどんは
昔風の土蔵をモチーフにした紙の入れ物に入れられています。
水沢うどんの登録商標を使うことを許されているのは、伝統の手法
仕様する原材料は小麦粉と塩と水沢の水だけで作られたうどん麺で、
澱粉、米酢等の添加物を一切使用しない無添加のうどんだけ。
それでは、その伝統の手法で作られた水沢うどんを茹でてみましょう。

水沢うどん調理後.JPG

茹で上がった水沢うどんの麺は、太めで切り口が角ばっており、
しなやかというよりは無骨でゴツゴツした雰囲気です。
食べてみると、コシがあるというよりは硬くボソボソした食感です。

水沢うどんの麺.JPG

そして、何よりこの高崎土産の水沢うどんの最大の問題点は、
麺にしなやかさが全く無く、5〜10p程度の長さに切れてしまうこと。
その上で硬くボソボソした食感なのですから、食べた感じとしては
うどんというより、棒状のすいとんを食べているような気分になります。

ぶつ切りになった水沢うどんの麺.JPG

うどんというのは、本来、麺としてのしなやかさやコシ、舌触りを
口中で一体となって味わう料理であります。
ということで、高崎駅で買う群馬土産として、この水沢うどんは
どちらかというと全くお勧めできません。
同じうどんを買うなら高崎だるま地粉うどんが良いでしょう。
ただし、こちらもある程度は無骨な食感ではあります。
群馬西毛地区で本当においしいうどんは手振りうどんであり、
群馬県内なら南毛地区の館林うどんに軍配が上がります。

最後に一言、水沢うどんの名誉のために言っておきたいと思いますが、
水沢うどん全てがこのような食感の麺なのではなく、あくまでもこの商品
上州名物水沢うどん・うどん茶屋水沢万葉亭の評価レビューですので、
別な水沢うどんを見かけたら、また食べ比べしてみたいと思っています。



高崎だるま地粉うどんを群馬土産に買って帰り食べてみました


群馬県高崎市の実家へ帰省した際、JR高崎駅の売店で
だるま形のパッケージに入った高崎だるま地粉うどんを見つけ
お土産に買って帰り自宅で作って食べてみました。
群馬県は古くから良質な小麦の産地であるためうどんが名物で
群馬県南部の館林うどんの他、西毛地区の高崎周辺では
水沢うどんが以前からご当地うどんとして有名な土地柄です。
群馬県も最近はご当地ゆるキャラのぐんまちゃんをマスコットに
くぐっとぐんまという観光キャンペーンにも力を入れているので、
だるま形の紙の入れ物に入ったこの「高崎だるま地粉うどん」も
そんな群馬の観光戦略のひとつなのかもしれません。

高崎だるま地粉うどんパッケージ.JPG

高崎だるま地粉うどんは、群馬県産の小麦ブランド「絹の波」を
100%使用したまさに群馬県のごとうちグルメともいえるうどんです。
小麦作りに適した気候風土に恵まれた国内有数の小麦の産地である
群馬県産絹の波の地粉を使い打ち上げられた高崎だるま地粉うどんは、
香り高く深い味わいとともに、絹のような滑らかさとコシを併せ持ち
ツルツルとした食感が特徴だということです。
そんな地粉を使ったうどんの美味しさを堪能する食べ方としては、
やはり冷やしざるうどんが1番と思い、作ってみました。
トッピングはトロロおぼろ昆布を散らしております。

高崎だるま地粉うどん調理例.JPG

高崎だるま地粉うどんの麺は、角が立った中太の麺です。
歯応えはちょっと固めで滑らかさというよりコシを感じる仕上がり。

高崎だるま地粉うどんの麺1.JPG

麺の表面にざらついた細かい凹凸があるので、つけ汁に良く絡み
スープの持ち上げが良い麺であるといえます。

高崎だるま地粉うどんの麺2.JPG

高崎だるま地粉うどんの麺3.JPG

高崎だるま地粉うどんは、田舎風のうどん麺という印象でしたが、
何と言っても高崎だるまをイメージしたパッケージが印象的で、
お値段も手頃なので高崎みやげとしてはイチオシであります。
JR高崎駅改札内の売店で売っていますので是非、チェックを。
以前からの群馬名物「水沢うどん」も併せて売られていますので、
余裕のある方はそちらも是非、試してみてくださいね。

館林花山うどんで乾麺漆黒をお土産に買って帰り食べてみました


群馬県館林市は良質な小麦の産地であることからうどんが名物で
館林うどんの名前でご当地グルメとなっています。
館林市には多くのうどん店が軒を連ねていますが、そんな中で
東武伊勢崎線東口ターミナルから館林市役所方面に向かった
出口すぐにある花山うどんは創業明治27年の館林うどん店の老舗で
たぬきの形をした陶器の器で出す分福茶釜の釜玉うどんで有名です。
そこで、城沼の花ハスまつりに出かけた際の帰り道のついでに
花山うどんに立ち寄りお土産に館林うどんの乾麺を買ってみました。


本当は狸の器の分福茶釜の釜玉うどんを食べてみたかったのですが、
狸の器の分福茶釜の釜玉うどんが食べられる花山うどん直営の
お食事処花やま(花山うどん店舗の隣り)は毎週日曜と第四土曜日が
定休日ということでお店がお休みだったのです。
そこで、その日の昼食は同じく館林うどんの老舗店である
うどん本丸で名物ざるうどんとなまずの天ぷらを食べることにして、
花山うどんではお土産に乾麺「漆黒」を買って帰ったのです。

館林花山うどん漆黒.JPG

花山うどん「漆黒」は、原材料に国産小麦を100%使用しており、
その小麦を丸ごと挽いた粉(挽きぐるみ)を使用することにより、
本来小麦が持つビタミン・ミネラル・食物繊維などの豊かな栄養と
これまでにない深い味わいを引き出した館林うどんの逸品です。
原材料は国産小麦粉と食塩のみという自然のままの無添加食品です。
その館林花山うどん漆黒を自宅で茹でてざるうどん風にしてみました。
トッピングにはとろろおぼろ昆布を散らしております。

花山うどん漆黒冷やしざる風.JPG

花山うどん漆黒は小麦丸ごとの挽きぐるみを使用しているだけあり、
麺の色も純白というよりは多少の色づきが感じられます。
そして、その歯応えと味わいは非常に滋味深いものがありました。

花山うどん漆黒の麺.JPG

コシが強いだけでなく、しなやかな柔らかさの中に小麦の風味が香る
という館林うどんの特徴を花山うどん漆黒も見事に踏襲しています。
手頃なお値段で館林へ行った際のお土産にも最適だと思いますので、
是非、東口ロータリーの花山うどんの店舗を覗いてみてくださいね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。