スポンサードリンク

諫早の魚荘でうなぎと有明海の海の幸日本料理を食べてみた


長崎県諫早市の魚荘へ、名物のうなぎ料理を食べに行ってきました。
諫早市の名物うなぎ料理を始め地元食材の日本料理を提供する
老舗料理店の魚荘は、ホテルグランドパレス諫早の隣にあります。
諫早市の魚荘の店舗は、古風な和風建築の大きな二階建ての建物で、
老舗料理店というか、高級料亭のような落ち着いた佇まいです。

魚荘(諫早)外観.JPG



魚荘(諫早)入口看板.JPG

魚荘(諫早)入口.JPG

魚荘で供されるうなぎ料理は、江戸時代からの長い伝統を持つ
「楽焼うなぎ」と呼ばれる諫早の名物料理です。
うなぎの蒲焼は、地焼きと呼ばれる関西風と関東風の2種類があり、
関西風は、素焼きとタレ焼きを3回ぐらい繰り返して仕上げ、
蒸しの行程を加えないのが特徴です。
(関東風では、素焼きしてから蒸しを加え、その後でタレを付ける)

魚荘(諫早)楽焼うなぎ容器.JPG

楽焼うなぎの調理法は、多くの場合、関西風の地焼きを基本としますが、
二重底になった京都楽焼きの独特の器を使った仕上げに特徴があります。
関西風の地焼きを基本としながらも、二重底の楽焼き器を利用して、
二重底の空洞部分にお湯を入れて焼きの後にうなぎを蒸す事で、
ふっくらとして冷めにくく、とろけるような独特の舌触りとなるのです。

魚荘(諫早)楽焼うなぎ.JPG

そんな諫早の楽焼うなぎの中でも、魚荘の調理法は一種独特で、
一度白焼きにした後に蒸しを入れて余分な脂を落とす江戸前手法で、
タレには宮崎産の蜂蜜をふんだんに使ったさっぱりとした食感が人気です。

魚荘(諫早)楽焼うなぎまむしめし.JPG

魚荘では、楽焼うなぎの他にも、寿司飯の上にうなぎを乗せた押し寿司の
店オリジナル料理「諫早寿司」や、自慢の唐揚げ、天ぷらなど取り揃え、
お祝い事、法事、大小宴会、宅配サービスにも対応しているそうです。

また魚荘では、冷凍保存のお土産品も充実した品揃えで、
諫早名物楽焼うなぎの蒲焼は勿論、もち米を旨みある鰻の煮汁で炊き上げた
おこわに秘伝のたれで丹念に焼き上げた鰻蒲焼をあしらったうなぎおこわ、
炊きたてのご飯に混ぜるだけで簡単に間蒸し飯ができるまむしめしの素、
自慢のタレに絡めた鰻蒲焼の入ったうなぎのげんこつにぎりがラインアップ。

魚荘(諫早)楽焼うなぎおこわ.JPG

魚荘(諫早)楽焼うなぎまむしめしのもと.JPG

魚荘(諫早)楽焼うなぎげんこつにぎり.JPG

魚荘の店頭は勿論、隣のホテルグランドパレス諫早のフロントや、
通販での注文も受け付けていますので、問い合わせてみてください。

長崎名物じゃがメル.JPG

長崎土産じゃがメル.JPG

その他、長崎県諫早のお土産としては、定番のカステラは勿論ですが、
雲仙のジャガイモを使った手作りキャラメル「じゃがメル」もありますよ。
(長崎空港無売店にて販売)

魚荘うなぎ / 諫早駅本諫早駅

夜総合点★★★★ 4.0






鳥取の八六三へ行き山陰日本海の海の幸を食べてきました


鳥取県鳥取市の中心市街地の居酒屋さんへ、
山陰日本海の海の幸を食べに行ってきました。
鳥取市内末広温泉町商店街飲食店街の居酒屋さんですが、
三次会で相当にお酒が入っていて店名を忘れてしまいました。
多分、店名は酒食樂八六三(はるみ)だったような気がします。



お店で山陰日本海鳥取のお勧めの海の幸として出されたのは、
意外にもハタハタの煮付けであります。
ハタハタというと東北秋田地方の名物というイメージですが、
同じ日本海繋がりで、山陰地方でも普通に食べられているのか、
それとも八六三が日本全国の食材を取り寄せているからなのか、
いずれかの理由によるものと思われます。

八六三ハタハタ煮付け1.JPG

八六三ハタハタ煮付け2.JPG

次の山陰日本海鳥取のお勧めの海の幸は海のミルク、牡蠣です。
牡蠣は同じ中国地方でも瀬戸内海側の広島が有名ですが、
日本海側の鳥取は夏場にかけて旬となる岩がきが名物のようで、
出された牡蠣も大振りの身の味が濃厚な正に海のミルクの味わい。
ちなみに旬の夏の時期に採れる大型の岩ガキを
鳥取では夏輝(なつき)と呼ばれ名物として親しまれているようです。

八六三岩牡蠣1.JPG

八六三岩牡蠣2.JPG

「梅雨の水を飲むと美味くなる」と言われる岩ガキは、
やはりシンプルにレモンを絞っただけの生食で
磯と潮の香りを口中で感じる食べ方がお勧めです。

八六三岩牡蠣3.JPG

八六三岩牡蠣4.JPG

もう一品の山陰日本海鳥取のお勧めの海の幸は、
鳥取地方のオリジナル料理だという雲丹の大葉巻き天ぷらです。

八六三雲丹の大葉巻き天ぷら1.JPG

雲丹の産地は東日本では北海道の紫雲丹やエゾバフンウニが有名ですが、
西日本地域では何と言っても山口から島根鳥取にかけての山陰地方の日本海が名産地となっています。
生食で美味しい極上のバフンウニを大葉で巻いて天ぷらにする
という和食の技法で贅沢に仕上げた山陰ならではの逸品を堪能しました。

八六三雲丹の大葉巻き天ぷら2.JPG

地元山陰日本海の海の幸だけでなく、北海道から直送される厳選素材など、
全国各地の上質な食材を肉料理、創作料理、居酒屋料理に至るまで提供する
酒食樂八六三(はるみ)は鳥取市内のお勧め海鮮料理店です。

八六三居酒屋 / 鳥取駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



宮若市いろは寿しで寿司会席ランチコース定食を食べてみた


宮若市いろは寿しは活魚の海鮮割烹料理を楽しめる寿司屋です。
福岡県筑豊宮若市いろは寿しの店舗は福丸橋からほど近くにあり、
大型駐車場も完備しているので大小宴会などにも対応できるお店です。

宮若市いろは寿し店舗外観.JPG


福岡県宮若市竹原294-9

宮若市いろは寿しの店内に入ってまず驚くのは、
広い店内中央にある活魚の泳ぐ大きな生簀と水槽です。
宮若市いろは寿しの料理は、近隣の宗像や田川の魚市場から
旬の新鮮な魚介類を活魚とともに仕入れて仕込み調理がされているので、
新鮮な地の物の採れ立ての食材を使った寿司料理が楽しめるのです。

宮若市いろは寿し店内大生簀と水槽.JPG

私がいろは寿しを訪れた日にも、店内の大型生簀には、中型大型の
ハタ系クエ系の魚など九州地方ならではの活魚が何匹も泳いでいました。
一般的に海鮮料理店の活魚といえば、水槽で飼育できる中型魚までで、
アジ、イワシ、シマアジ、スルメイカ程度が限界かと思いますが、
これだけの大型の生簀だと水槽では飼育が難しい中型大型魚も活魚の状態で提供できるようです。

宮若市いろは寿し生簀内活魚.JPG

さて、この日のいろは寿しの寿司会席ランチコース定食は、
活魚の刺身、天ぷら盛り合わせ、魚のアラ煮が付く豪華版です。

宮若市いろは寿し寿司会席ランチ定食.JPG

活魚の刺身は身がコリコリと歯応えがあり鮮度抜群の新鮮さ。
魚の種類はシマアジ、カンパチ、ヒラマサ系の魚だと思います。

宮若市いろは寿しランチ刺身.JPG

魚のアラ煮はブリ、ハタ、アラ系の大型魚のものと思われ、
魚の生臭さを相殺するコクのある煮汁がまろやかでとても美味。

宮若市いろは寿しランチあら煮.JPG

天ぷらは定番のエビ、白身魚に大葉という組み合わせです。

宮若市いろは寿しランチ天ぷら盛り合わせ.JPG

ご飯ものの握り寿司は、南国九州らしく白身魚が中心のネタで、
巻物の海苔巻きはカッパ巻きであっさりとまとめてあります。

宮若市いろは寿しランチ握り寿司.JPG

宮若市いろは寿しのランチメニューには、「にぎり寿司ランチ」や
具だくさんの「海鮮丼」などお得なセットメニューもありますので、
初めての方はまずはランチに訪れて試してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。