スポンサードリンク

人形町シュークリー(Sucre-rie)の限定シュークリームを食べてみた


人形町に超人気ですぐに売り切れるシュークリームがある
という噂はかねがね耳にしていました。
人形町名物で人気の限定シュークリームを売る洋菓子店は、
シュークリー(Sucre-rie)というお店です。
うっかり通り過ぎてしまいそうな小さなお店ですが、
シュークリーム販売中は行列ができているのですぐ分かります。
日本橋小学校を目印に行くと分かりやすいと思いますよ。

人形町シュークリー(Sucre-rie).JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)店頭看板.JPG



人形町シュークリー(Sucre-rie)の店内ショーケースには、
色とりどりの可愛らしいケーキ類が陳列されていて、
焼き菓子などの洋菓子類も充実していますが、
名物のシュークリームの姿は見当たりません。

人形町シュークリー(Sucre-rie)店内.JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)店内ケーキ販売.JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)店内販売ケーキ.JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)の超人気商品シュークリームは、
一日3回の焼き上がり時間があります。
9時30分(60個)、正午12時(120個)、17時(120個)と、
毎回100個単位で焼き上げているにも関わらず、
買うお客さんの方も当たり前のように10個単位で買っていくので、
販売開始後はあっという間に完売、売り切れとなってしまうのです。
そのような訳で、人形町シュークリーの店頭入口のガラス扉には、
シュークリームの販売状況が常に表示されているのです。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム販売状況(完売売り切れ).JPG

人形町シュークリーは、人形町三友でカキフライを食べた帰り道に見つけたのですが、その時はシュークリームが完売・売り切れで買う事ができませんでした。
しかし、今回の再訪の際は正午を過ぎたばかりだった事もあり、
行列とともに「シュークリーム販売中です。」の札が下がっていました。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム販売状況(販売中在庫有り).JPG

すかさず行列最後尾に並んでシュークリーのシュークリームをゲット。
このように焼き上がる毎にトレーで店頭に運ばれてくるのですが、
あっという間に売れていくので、店内に陳列される機会もないままに、
あっという間に完売・売り切れとなってしまうという訳なのです。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム焼き上がり1.JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム焼き上がり2.JPG

人形町シュークリー(Sucre-rie)の限定シュークリームは、
皮の表面がメロンパンのようにカリカリでクリスピーです。
メロンパンというよりはクッキーに近い食感かもしれません。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム.JPG

そのクリスピーなシュークリームの皮の表面部分には、
セサミ(胡麻)がふられて香ばしい味わいのアクセントとなっています。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム表面.JPG

人形町シュークリーのシュークリームの中身はカスタードクリームで、
甘さは非常に控えめ、贅沢な素材をたっぷりと使用している事が分かる
とてもリッチでクリーミーなクリームチーズを思わせる味わいです。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム中身.JPG

そのリッチなカスタードクリームがクリスピーな皮と口中で混ざり
胡麻の風味がアクセントとなってハーモニーを奏でる事により、
甘い物が苦手な男性の方でも十分満足できる美味しさに仕上がっていました。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリームカスタードクリーム.JPG

スイーツ、デザートとして、お茶請けやコーヒー紅茶との相性は勿論、
ビールや洋酒のおつまみとしても十分いけるリッチな味わいの逸品で、
これなら100個単位が焼き上がりすぐに売り切れるのも納得ですね。

人形町シュークリー(Sucre-rie)シュークリーム焼き上がり3.JPG

人形町で行列必至・売り切れ御免の名物シュークリーム
シュークリー(Sucre-rie)の限定シュークリームを、
是非一度は食べてみてください。

シュークリーケーキ / 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

昼総合点★★★★ 4.0



スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。