スポンサードリンク

新松田AQUA(アクア)で小田原系醤油ラーメンを食べてみた


新松田のAQUA(アクア)というラーメン店に行ってきました。
AQUA(アクア)の店舗は小田急新松田駅前ロータリー、
JR松田駅南口のロマンス通りから少し入った住宅街にあります。

新松田AQUA(アクア)入口.JPG



駐車可能台数は2台程度と少なく小さいけど、
駐車場も完備でお車での来店もOKです。

新松田AQUA(アクア)駐車場.JPG

Googleアースの画像では、AQUA(アクア)の店舗がある建物は、
以前はスナック系の飲食店だったようですが、最近改装されて
小田原系のラーメン店AQUA(アクア)としてリニューアルされたようです。
2016年春の時点では見た記憶が無いので、それ以降の開店のようです。

新松田AQUA(アクア)店内客席.JPG

AQUA(アクア)の店内は木の質感を生かしたウッディーな内装で、
以前のスナックの店舗を居抜きで借りてリニューアルしたのか、
奥にはバーカウンターを配したモダンなカフェバー風の造りです。
最近増えているラーメン居酒屋の流行を取り入れたラーメン店として、
夜の営業時間帯は、居酒屋としてお酒とつまみを楽しみながら、
締めにラーメンという楽しみ方も同一店内で可能です。
勿論、休日や平日休みの方は、昼間からの昼飲みも可能です。

新松田AQUA(アクア)店内.JPG

さて、新松田AQUA(アクア)の提供するラーメンは、
ご当地ラーメンのニューウェーブともいえる小田原系ラーメンです。
同じ神奈川県内のご当地ラーメンといえば、豚骨醤油系の雄で、
こってりガッツリな味わいの横浜家系ラーメンが有名でありますが、
小田原系ラーメンは、まろやかで甘めな優しい味わいが特徴で、
見た目が真っ黒な濃口醤油の豚骨醤油スープが特徴です。
お店によっては、焦がし醤油を上から注ぐこともあるそうです。

新松田AQUA(アクア)小田原系ラーメン.JPG

AQUA(アクア)で供された小田原系醤油ラーメンのスープは、
見た目が真っ黒というほどでもなく、程よい褐色の醤油スープ。
見た目同様の優しい味わいながら、焦がし醤油の隠し味なのか、
絶妙な香ばしさとコクも感じさせるものでした。

新松田AQUA(アクア)ラーメンスープチャーシュー.JPG

小田原系スープは、化学調味料を多用するのが特徴のようで、
ガッツリ使用していないと小田原系とは呼べないと言われますが、
アクアのラーメンスープは、特に化学調味料臭を感じませんでした。
具には、部位の異なるチャーシューが計2枚と茹でたもやし、
優しく味付けされたメンマに大判の海苔1枚が添えられ、
彩りに少々のミツバと刻んだ長ネギの薬味と、
伝統の中にもニューカマーらしい爽やかさが演出されています。

新松田AQUA(アクア)ラーメンメンマ.JPG

AQUA(アクア)ラーメンの麺は、加水率の高い縮れた中細平打ち麺で、
平べったい「ピロピロ」ちぢれ麺という小田原系のセオリーを踏襲。
スープをよく吸うのが特徴の麺は小田原系ラーメンの主役の1つです。

新松田AQUA(アクア)ラーメン麺.JPG

AQUA(アクア)は家族経営のようで、調理場を仕切る若いご主人を
注文と配膳・会計という接客を担当する奥様とおぼしき女性と、
カウンター内や接客補助でサポートする店主のお母さんという
アットホームな店内で、地元近所の常連の溜まり場でもあるようです。
夜は居酒屋さんとしても使える呑める寛げるラーメン店として、
新松田のAQUA(アクア)はお勧めできます。

AQUAラーメン / 松田駅新松田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク