スポンサードリンク

築地場外多け乃にカキフライを食べに行ってきました(2016年)


築地場外市場にある人気の海鮮大衆居酒屋多け乃に
名物のカキフライ定食を食べに行ってきました。
大衆居酒屋多け乃は、築地本願寺先の築地四丁目交差点を渡り
左折して築地場外市場の前を晴海通り沿いに隅田川方面に進み、
軍艦操練所跡の交差点の手前の細い路地を入った場所にあります。



築地場外多け乃入口.JPG

多け乃のお店がある路地は人1人がすれ違うのがやっとな程の
とても狭くて細い路地なので見落とさないよう注意が必要です。

築地場外多け乃店舗外観.JPG

多け乃の店内はカウンター上の壁を中心にメニュー短冊が
びっしりと張り巡らされていてメニューの豊富さに驚きます。
今回はランチのカキフライ定食が目的なので、短冊メニューは
目の保養のみに留めて置くだけなのが残念無念であります。

築地場外多け乃店内カウンター.JPG

築地場外多け乃店内客席.JPG

多け乃のカキフライメニューは毎年10月から開始されます。
多け乃のカキフライの特徴は、宮城県広田湾産の生食用を
牡蠣の身むの大きさによってカキフライ一粒に3〜4個使用、
出来るだけ小ぶりの牡蠣の身を複数合わせて使用する事で、
大き目の牡蠣を使用するよるジューシーな仕上がりです。

築地場外多け乃カキフライ1.JPG

小ぶりの牡蠣を使用する事で大ぶりの牡蠣を使用した時のような
加熱されたワタの部分のボソボソ感を無くしています。
また、加熱用牡蠣ではなく敢えて生食用の牡蠣を使用しているのは
よりジューシーに仕上げるため火入れをギリギリに調節し
牡蠣フライの中身を半生のレア状態に仕上げるための安全対策です。

築地場外多け乃カキフライ2.JPG

こういった牡蠣を知り尽くしたプロの調理技法により
多け乃のカキフライはかぶりつくと磯の香りのする貝汁が
口の中一杯に溢れでて牡蠣の旨味が堪能できます。

築地場外多け乃カキフライ内部.JPG

多け乃のカキフライの中身は半生のレア状態なので、
熱々加減も丁度良く、口中を火傷する心配もあまり必要ありません。
多け乃のカキフライにはどんぶり一杯の白ご飯の他に、
大きなお椀に目一杯注がれたアサリの味噌汁、そして付け合わせは
魚介も入ったお新香(この日は茹でイカ入り)とボリューム満点です。

築地場外多け乃定食ライス.JPG

築地場外多け乃定食味噌汁.JPG

築地場外多け乃定食味噌汁の具アサリ.JPG

築地場外多け乃漬物.JPG

築地場外市場ならではの海の幸を漁師料理のプロの業で堪能できる
気取らない大衆居酒屋多け乃は、近くにあったら普段使いしたい
常連になる事必至の名店だと思います。
できる事なら店内の短冊メニューを片っぱしから試してみたい
そんな衝動に駆られるお店でした。


| 洋食
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。