スポンサードリンク

福岡県宗像市へ鐘崎のふぐと玄界灘海の幸を食べに行ってきました


福岡県宗像市へ、鐘崎のふぐを始めとする
玄界灘の海の幸を食べに行ってきました。
ふぐはB級グルメじゃない!という厳しいご意見も多々あろうか
とは存じますが、縁あって食べてしまったのでご報告申し上げます。

さて、福岡県宗像市の鐘崎漁港は、宗像地域の代表的な漁港で、
九州随一の漁場・玄界灘の荒波で身の締まったトラフグや
ヤリイカ、アジなどの沢山の魚介類が揚げられる事で有名です。

福岡県宗像地域では、鐘崎で水揚げされた「ふぐ」を
幸運にちなむ形で「ふく」と呼んで珍重しておりますが、
ここでは「ふく」ではなく一般的なフグの名で統一させて頂きます。

玄界灘フグの皮酢の物.JPG

玄界灘の高波で有名な荒れた海で育った鐘崎の天然虎ふぐは、
実は下関産の虎ふぐとして多くが唐戸市場に出荷されています。
従って、本場下関産ふぐとして山口県下で食べられているふぐも
実は玄界灘鐘崎漁港水揚げの福岡県産である事も多いのが現実で、
美味しいふぐを安価で食べたげれば関門海峡を渡った福岡県で!
というのは、虎フグ好きの食通の間では穴場的裏技情報なのです。

玄界灘フグの刺身3.JPG

玄界灘フグの刺身4.JPG

通称「てっさ」と呼ばれる虎ふぐの刺身は、薄造りにするために
身をある程度の時間冷蔵して寝かせて身が締まる熟成処理をしますが、
虎ふぐの本場である宗像地域鐘崎では、この熟成処理を行わず、
活けの生のままの締めたてをすぐに刺身処理をする食べ方もあります。

玄界灘フグの刺身1.JPG

今回のトラフグ刺しは宗像市鐘崎在住のふぐ料理の鉄人により、
熟成処理を行わず締めたてのフグを生のまま刺身に引いたもので、
身質に弾力があるためにある程度の厚みで刺身にせざるを得ない
という点で、非常に噛みごたえのある仕上がりとなっていました。

玄界灘フグの刺身2.JPG

非常に高価で貴重な天然トラフグを厚みのある切り身の刺身で食す
というのは、考えようによっては非常に贅沢な食べ方であり、
締めずに刺身に引くという食べ方はフグの本場宗像市鐘崎ならではです。

玄界灘フグちり鍋1.JPG

勿論、宗像市鐘崎の玄界灘産天然トラフグの旨味は刺身だけでなく、
通称てっちりと呼ばれるトラフグのちり鍋でも存分に発揮されます。
鍋の〆に供されるフグ雑炊も上品な天然虎フグの出汁が絶品です。

玄界灘フグちり鍋2.JPG

玄界灘の海の幸は、フグだけではありません。
魚のアラを使って炊いた煮物も非常に美味で、魚を知り尽くした調理法。

アラの煮付け.JPG

珍味ではサメの干物を戻して酢漬けにしたピクルスのような酢の物。
北海道・東北地方では真鱈を干物にした棒鱈を使った料理がありますが、
南国九州では真鱈という素材が鮫にとって代わられるようです。

サメの干物の酢の物.JPG

九州随一の漁場・玄界灘の豊富な海の幸を楽しめる
福岡県宗像市の鐘崎漁港では、地産地商にこだわった物産直売所として
道の駅むなかたの市場も人気ですので、是非立ち寄ってみてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。