スポンサードリンク

厚木肉ホルモンフェス2015でシロコロや熟成肉を食べてみた


厚木肉ホルモンフェス2015というグルメフェスへ行ってきました。
最近はB級グルメブームでフェスティバルも方々各地で開催され、
料理の内容もラーメン、カレー、肉料理など細分化されつつあります。
そんな中で、厚木名物のシロコロホルモンを始めとする豚肉にちなみ
肉料理とホルモンにターゲットを絞ったのが厚木肉ホルモンフェス。
時は2015年10月、小雨降る中、会場の厚木中央公園へ行ってきました。



厚木肉ホルモンフェス2015の料金システムは、他のグルメフェス同様
数枚綴りの食券を買ってその都度支払うというシステムです。
700円単位の食券を商品価格によって一枚〜複数枚使用するので、
全てのメニューは700円の倍数の価格設定でございます。
唯一の例外は会場外れの土産物やドリンク販売ブースの商品で、
厚木名物の豚漬け味噌焼きそばが1パック500円とのこと。

厚木肉ホルモンフェス2015土産物ドリンク販売ブース.JPG

厚木名物の豚漬け味噌は、鮎祭りの花火大会への行き帰り道に
市内の肉屋さんでパック詰めの商品が売られているのを見かけますが、
真夏の持ち帰りに躊躇して買った事がなかったので、良い機会と思い
この機会にトライしてみました。

厚木肉ホルモンフェス2015豚漬け味噌焼きそば.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015の豚漬け味噌焼きそばは、
具材に豚漬け味噌一枚がトッピングされ、お味はなかなかのものですが、
下の焼きそばがちょっとはっきりしない味わいで総合点はイマイチ。
甘辛の豚漬け味噌は、炊き立ての白米との相性が良いのではと思われます。

厚木名物の豚漬け味噌.JPG

豚漬け味噌焼きそば麺.JPG

さて、それではいよいよ厚木肉ホルモンフェスのブースへ突撃!
まずは厚木名物のシロコロホルモンをたべなきゃ始まらないよね♪
と厚木シロコロホルモン認定店の吉田商店のブースにて、
厚木シロコロホルモン700円を購入。

厚木肉ホルモンフェス2015吉田商店.JPG

吉田商店シロコロホルモン1.JPG

吉田商店のシロコロホルモンは特製の味噌ダレが特徴とのことで、
本場厚木名物のシロコロホルモンを楽しみにしていましたが、
新鮮な豚大腸の良質な脂身のジューシーさが感じられず硬い食感。
味噌ダレも塩気が強くて、期待外れの味わいでした。

吉田商店シロコロホルモン2.JPG

厚木肉ホルモンフェスと銘打ってシロコロホルモンがイマイチとは。。
もう一店舗あるシロコロホルモンブース、輪火にすれば良かったか?
小雨の中の行列を避けた空いているブース狙いが仇になったかもです。

吉田商店シロコロホルモン3.JPG

気を取り直して、肉フェスオフィシャルキッチン肉料理研究所の
サルシッチャ(スパイシー生ソーセージ)二本700円を購入。

厚木肉ホルモンフェス2015オフィシャルキッチン肉料理研究所.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ.JPG

サルシッチャは天然スパイスの旨味をギッュとケーシンク内に詰め込み
その手作り生ソーセージの旨味を逃がさないように焼き上げられており、
表面はこんがりと焦げ目がついてパリっとした食感を予想させます。

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ表面1.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ表面2.JPG

そのサルシッチャ表面の皮から、見る間に内部から脂が滲み出てきて、
食べる前から唾液の分泌が止まらなくなります。

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ表面3.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ表面4.JPG

そして一口齧るとプチっという弾ける音とともに滴る肉汁が溢れ、
カイエンペッパーのアクセントと天然チリパウダーの鮮やかな赤味と
その見た目ほど辛くなくほんのりスパイシーな味わいが口中に広がる
肉好きにはたまらないソーセージでありました。

厚木肉ホルモンフェス2015サルシッチャ内部.JPG

次のチャレンジは丑舎格之進川崎本店ブースの門崎熟成肉塊焼きです。
やはりせっかく肉をメインとしたグルメフェスに来たのならば、
ジャンクでリーズナブルなメニューだけでなく本格肉料理を食べたい
という思いから、以前から食べたいと思っていた牛熟成肉にトライ。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進川崎本店ブース.JPG

丑舎格之進は岩手県一関市に本店を構え、岩手県内に3店舗の他、
東京に3店舗を展開するなど首都関東圏にも進出する熟成肉専門店。
独自の熟成手法による旨味が最大限になった熟成肉を提供する事で、
熟成肉専門店の先駆者となったイノベーターとの事です。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進ブース店頭調理台.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進ブースの熟成肉は、
予めグリルして鉄板上に保温してある熟成肉をカットして提供します。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進ブース店頭熟成肉.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進門崎熟成肉塊焼き1.JPG

多くの客数を短時間で捌くためのグルメフェス特有の調理法ですが、
(しかし実際の当日は全く行列していなかった)
そのためかパンフレットや店舗ブースのジューシーな見本写真よりも
随分と火が通り切ったウェルダンな外観です。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進門崎熟成肉塊焼き2.JPG

その上、塩味が強くしょっぱくて、熟成肉の芳醇な香りも今一つ。
塩味の強い作り置きしたお惣菜のローストビーフみたいな感じですね。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進門崎熟成肉塊焼き3.JPG

これで食券2枚分1400円のお値段は如何なものか。高すぎるのでは?
加熱調理に時間を要しない上質な牛肉を素材としているのですから、
見込みで作り置き調理をするという、自分達の楽な方向を目指さず、
実際に行列していなのですから、作り置きをせずに作りたてを出す
という料理人としての商売の基本に立ち返った方が良いでしょう。

厚木肉ホルモンフェス2015丑舎格之進門崎熟成肉塊焼き4.JPG

さて、私の購入した食券も残り後2枚、1400円分のみとなりました。
ちなみに、厚木肉ホルモンフェスの各ブースの一品の平均価格は、
素材が肉という事もあり殆どが1,400円と比較的高額です。
そろそろお腹も満腹傾向だった事もあり、最後の一品は、
テイクアウト可能なメニューにしようと考えました。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男ブース.JPG

そのような視点で選んだのが、2年連続唐揚げチャンピオン店
という千葉県船橋市に拠点を置く唐揚げ専門店の鶏男。
鶏肉という素材が災いしてか誰一人として行列しておりません。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男ブース女性スタッフ1.JPG

しかしブース内の女性店員スタッフ2名はとびきりの美女揃いで
行列していない分、美女2名との会話も楽しみ放題という、
男性諸氏にとっては穴場的・隠れ家的なブースであったのです。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男ブース女性スタッフ2.JPG

厳選された鶏肉と専門店ならではの丁寧かつ独自の調理法により
唐揚げの真髄を極めた第5回唐揚げグランプリ金賞受賞の栄誉と
塩ダレベースで仕上げた鶏男「名代鶏男の半身揚げ」のセット
というボリュームのある組み合わせで食券2枚分1400円。
厚木肉ホルモンフェス2015ブース中でコスパNo.1と判定しました。
鳥唐揚げ2種類と名代鶏男の半身揚げの3点セット半身揚げは、
自宅にお持ち帰りして晩酌・夕飯のお伴とさせて頂きました。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の半身揚げ1.JPG

鶏男の唐揚げは、唐揚げチャンピオン専門店の一品らしく
冷めても美味しいお弁当のおかずにも最適な味わいであります。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の鳥唐揚げ.JPG

出来立てを頬張ればきっと肉汁がジューシーに口中に溢れる
絶品の鶏唐揚げである事を想像させるお味でありました。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の鳥唐揚げ内部.JPG

鶏男「名代鶏男の半身揚げ」は、程よい塩加減のパリパリの皮と
しっとりとジューシーな内部の肉質がベストマッチしています。
こちらはお酒のおつまみにピッタリの逸品と感じました。

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の半身揚げ2.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の半身揚げ皮.JPG

厚木肉ホルモンフェス2015鶏男名代鶏男の半身揚げ内部.JPG

ちなみに、この日の厚木肉ホルモンフェス2015ブース中で
最も長い行列を誇っていたのは肉の匠「将泰庵」の
名物!!黒毛和牛の肉寿司3貫1400円でした。

厚木肉ホルモンフェス2015肉の匠「将泰庵」ブース.JPG

肉の匠「将泰庵」名物!!黒毛和牛の肉寿司.JPG

最高級A5ランクの黒毛和牛の握り寿司という事で、
霜降り和牛の口の中で蕩ける食感が人気のようですね。
庶民派B級グルメライターの私にはコスパ的に腰が引けますが、
多くの方にはニーズのある魅力的なメニューなのでしょう。
赤身肉やホルモン好きの私としましては、サルシッチャソーセージと
名代鶏男の3点セット半身揚げ鳥唐揚げが良かったです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。