スポンサードリンク

三崎館本店鮪づくしコースで鮪のかぶと焼きを食べてきました



三浦の三崎港にある三崎館本店は、創業明治41年の老舗割烹旅館で
日本で初めて「鮪のかぶと焼き」をメニューとして商品化し、
登録商標としているまぐろ料理のお店です。
日本有数の漁港三崎港ならではのまぐろ料理を堪能するべく、
まぐろづくしコースを味わいに三崎港正面の三崎館本店へ行ってきました。



創業明治41年という老舗の三崎館本店は、割烹料理店としてだけでなく、
宿泊施設も兼ね備えた割烹旅館として創業以来営業されています。

三崎館本店外観1.JPG

現在の三崎館本店の店構えは昭和30年代当時のままだそうで、
歴史を感じる木造建築の重厚さが老舗旅館の品格を感じさせます。

三崎館本店外観2.JPG

老舗旅館らしく、三崎館本店の玄関には下足番の老紳士もいらっしゃいます。

三崎館本店玄関.JPG

三崎館本店のまぐろづくしコースには松・竹・梅・寿と四コースあり、
今回注文したのは梅コースであります。
まずは小付としてまぐろ酒盗(塩辛)が登場。
酒盗といえばカツオが一般的ですが、マグロでも作成可能なようです。

三崎館本店まぐろ酒盗(塩辛).JPG

続いて小鉢は、まぐろ胃袋の辛子味噌和えです。
豚のガツと似たような食感で、魚類でもマグロのような大型魚になると、
内臓類は哺乳類に近いものがあるようです。
         
三崎館本店まぐろ胃袋の辛子味噌和え.JPG

前菜は、まぐろ角煮、まぐろ進丈、まぐろ卵の寄せ物の三点盛りです。
中でも、左端のまぐろ進丈は三崎ならではの珍しい珍味だと感じました。

三崎館本店鮪づくしコース前菜.JPG

刺身のお造りは、メバチまぐろの中トロ、赤身の刺身です。
三崎港水揚げのマグロの種類は、メバチまぐろがメインのようです。

三崎館本店メバチまぐろの中トロ・赤身の刺身.JPG

赤身も中トロも新鮮なメバチまぐろならではの癖のない味わいです。

三崎館本店メバチまぐろの赤身.JPG

三崎館本店メバチまぐろの中トロ2.JPG

中トロは部位の異なる2点が盛られていて、こちらは中トロとい言え、
ほぼ大トログレードの脂の乗り具合です。
さすがは三崎の老舗割烹店の品質ですね。

三崎館本店メバチまぐろの中トロ1.JPG

煮物は、まぐろの卵とカマ身のねぎまです。
ネギ間というと、焼き鳥の串焼きが一般的になっておりますが、
元々は鮪料理のネギと合わせた煮物が名称の由来だという説もあります。

三崎館本店まぐろの卵とカマ身のねぎま1.JPG

まぐろの卵は真鱈の真子の煮つけのような食感ですね。

三崎館本店まぐろの卵とカマ身のねぎま2.JPG

揚物は、山芋にまぐろのすき身を入れた磯辺揚げで、
ロール寿司風に巻かれたお洒落な外観と伝統料理のハーモニーが味わえます。

三崎館本店山芋にまぐろのすき身を入れた磯辺揚げ1.JPG

三崎館本店山芋にまぐろのすき身を入れた磯辺揚げ2.JPG

酢の物は、まぐろの皮酢の物で、コリコリとしたゼラチン質の皮の食感が、
酢の酸味で口中に爽やかに広がっていきます。

三崎館本店まぐろの皮酢の物.JPG

以上の料理群に、香物、ご飯、味噌汁、デザートがつくというのが、
三崎館本店のまぐろづくし梅コースです。
この梅コースに、山掛けやまぐろのカマ身のステーキの片方・両方を加えたり、
刺身の種類の赤身を大トロに変更したりで、コース内容が竹・梅・寿と
グレードアップしていくことになります。

三崎館本店が発祥の名物料理「鮪のかぶと焼き」は、コース料理注文客限定で、
単品注文できる特別料理の限定メニューです。
なお、まぐろづくしコース15名以上の団体客の場合は、単品注文しなくても、
まぐろのかぶと焼がサービスとなりますので、団体さんには嬉しいサービスです。
15名以上の団体の場合は、一番安価な「まぐろづくし梅コース」を注文して、
焼き物はサービスで付く鮪のかぶと焼きをシェアするのが
結果的にはコストパフォーマンスが良いのではないかと思います。
実は今回の私の来店時がそのケースで、
30人以上の団体で一つのかぶと焼きをシェアしたにも関わらず、
一人前の鮪のかぶと焼きはこのボリュームです。

三崎館本店まぐろのかぶと焼1.JPG

EPAが豊富とされるマグロの目玉(眼球)周りは勿論、
希少部位といわれる頬肉や、カマ周りの血合いやゼラチン豊富な部位を
たっぷりと堪能する事ができました。

三崎館本店まぐろのかぶと焼2.JPG

老舗の割烹旅館らしい格式ある佇まいと接客サービスも心地良い三崎館本店で、
まぐろの街、三崎ならではのマグロ料理の数々を是非堪能してみてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。