スポンサードリンク

開成町あじさい祭り2015でシュラスコを食べてみた


開成町あじさい祭り2015へ行き、あじさい祭りの会場で
昼食のランチメニューにシュラスコを食べてみました。
シュラスコとは南米で人気の肉を使った郷土料理で、
牛肉、豚肉、鶏肉などの肉の塊を鉄串に刺したものに
粗塩を振って炭火焼にしたものをナイフで削ぎ切って食べる
という、何ともワイルドな肉食人種の郷土料理です。

ポルトガル語圏のブラジルではシュラスコ(シュハスコ)、
スペイン語圏のアルゼンチンむ、ウルグアィ、ボリビア、
コロンビアなどでは、チュラスコ、アサードと呼ばれています。

開成町あじさい祭りでは、何故か毎年、シュラスコを始め、
パステルと呼ばれるオムレツのようなブラジル郷土料理を出す
屋台が出店していて以前から気になっていたので、
今回の訪問で初トライしてみました。

開成町あじさい祭りシュラスコ屋台店頭.JPG

開成町あじさい祭りのシュラスコ屋台では、ブラジルのシンボル
カナリアカラーのTシャツを着た方々が老若男女働いていて、
ぱっと見は日本人の方が殆どですが、ブラジル系と思しき方もいて、
日系ブラジル人の何らかのコミュニティーがあるのでしょう。

屋台ではシュラスコ料理の代名詞である肉の塊の他にも、
美味しそうなボリュームのあるソーセージも串焼きにされていて、
ソーセージ単体でも楽しめるメニューもありますよ。

開成町あじさい祭りシュラスコ屋台調理グリル.JPG

さて、肝心のシュラスコ料理でありますが、発泡スチロール容器に、
炭火焼きにされた各種の肉塊・ソーセージがスライスされて盛られ、
上に野菜のピクルスのような物のみじん切りがまぶされています。

開成町あじさい祭りシュラスコ盛り合わせ1.JPG

開成町あじさい祭りシュラスコ盛り合わせ2.JPG

これはシュハスコ料理で定番のMolho de Vinagreteと呼ばれるソースで
玉ねぎ、ピーマン、トマトを微塵切りにして、
塩、ワインビネガー、オリーブオイルで混ぜたものです。

開成町あじさい祭りシュラスコ盛り合わせ3.JPG

開成町あじさい祭りシュラスコソース.JPG

シュラスコの肉は塩漬けにされているような塩分が強い味なので、
この定番ソースと和えて食べることで調和されて
丁度良い塩梅の味わいになります。
それでもかなりしょっぱい味付けなので、思わずビールなどの
アルコール飲料が欲しくなる味わいではありますね。
屋台では勿論、ビールなども売っていますので、アジサイを見ながら、
ビールなどを一献傾けるという方には良いかもしれませんが、
そうでない方には、里弁などの一般的な和食弁当の方が、
日本人の身体には優しいと感じた次第であります。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。