スポンサードリンク

日本海産ホタルイカ釜飯の素でホタルイカ炊き込みご飯を食べてみた


金沢旅行へ行った際に、金沢駅でホタルイカ釜飯の素をお土産に購入し、
自宅でホタルイカ炊き込みご飯を作って食べてみました。
富山湾は日本の湾のなかでも水深の深さと魚の豊富さで知られていて、
今回の具のホタルイカも、富山湾の名産品のひとつです。

ホタルイカ釜飯の素.JPG

ホタルイカの漁期は2月から5月頃までの期間で、
富山湾の滑川では、夜間に行われるホタルイカ漁を鑑賞する、
ホタルイカ漁観光船が就航されています。

 ⇒ 滑川ほたるいか海上観光船に乗ってホタルイカ漁を見物してきました

生のホタルイカを冷凍せずに調理して賞味できるのは、
ホタルイカ漁期の僅かな期間のみになりますが、釜飯の素にする事で、
季節を問わず手軽にホタルイカの風味を楽しむ事ができるという訳ですね。

日本海産ホタルイカ釜飯の素で作ったホタルイカ炊き込みご飯には、
ホタルイカが一匹丸ごとの形で何杯も入っています。
その事により、関西風うす味に仕上げたという触れ込みではありますが、
意外とイカの出汁が濃く出ていて、濃い目の味付けに感じました。

同じ釜飯の素でも、同じく富山湾名産の白えびの場合、その小型の体型から、
通常の海老よりも風味が淡白な傾向にありましたが、
ことイカの場合は逆になる傾向があるようで、特にホタルイカの場合、
その濃厚な肝の風味が全体の味わいに大きな影響を与えているようです。

ホタルイカ炊き込みご飯は、函館イカ飯の中身にも似た味わいであり、
イカの風味が好きな方にはお勧めの海鮮釜飯の素といえるでしょう。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。