スポンサードリンク

富山湾産白えび釜飯の素で白えび炊き込みご飯を食べてみた


金沢旅行へ行った際に、金沢駅で白えび釜飯の素をお土産に購入し、
自宅で白えび炊き込みご飯を作って食べてみました。
富山湾は日本の湾のなかでも水深の深さと魚の豊富さで知られていて、
今回の具の白えびも、富山湾の名産品のひとつです。

白えびの正式な読み方は「シラエビ(白海老)」といって、
太平洋沿岸のサクラエビと同様、深海に生息する小型種の海老です。

富山湾岸では、地元の利を生かし、採れたての白えび(シラエビ)を、
鮮魚として刺身や天ぷらで堪能することが広く行われている他、
せんべいなど加工品にも広く利用されています。
実際、白えびせんべいは、金沢駅のお土産品コーナーでも人気の品で、
北陸を代表する味覚として人気を集めているようです。

そんな中、富山湾名物の白えびを使った炊き込みご飯の素が、
富山市「かね七」製造の富山湾産白えび釜飯の素というわけです。

白えび釜飯の素.JPG

富山湾の海の幸白えび(シラエビ)を、関西風のうす味出し汁で仕上げた
富山湾産白えび釜飯の素で炊き込みご飯を作ってみた結果ですが、
非常に上品な風味で、良くある海老の風味は殆ど感じません。

海老の風味が強く出た味がお好みの方は物足りないかもしれませんが、
元来白えび自体が極めて淡白な味わいの海老ですので、
素材の風味を生かすという視点では、このような味付けにならざるを得ないのだと思います。

富山湾の特産品である白えびを使用した白えび釜飯の素で
あなたも北陸の風味を満喫してみてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。