スポンサードリンク

日本海産のどぐろ釜飯の素でのどぐろ入り炊き込みご飯を食べてみた


「のどぐろ」という魚の呼び名は、主に日本海側での呼称であり、
他の地域では一般的にアカムツと呼ばれている魚です。
特に「のどぐろ」と呼ばれる北陸から山陰地方にかけて人気があり、
島根県松江市出身の世界的なテニスプレイヤー錦織 圭も大好物とか。
錦織 圭が帰国後に真っ先に食べたい物として真っ先にノドグロを挙げた
というのは、もはや日本中で有名なエピソードとなっているようです。

のどぐろ釜飯の素パッケージ.JPG

その錦織 圭のお陰で全国的に知名度が上がったともいえるノドグロは、
別名「日本海の赤い宝石」とか「白身魚のトロ」と呼ばれて珍重されている
北陸〜西日本の代表的な高級魚です。
白身魚である上に上品な脂が乗っているという点を考えると、
北国で珍重されるキンキのような存在ともいえるかと思います。
上品な白身魚なので、煮付け、塩焼きなど調理法を選ばないという点も、
キンキと似ているものでありますが、最近の知名度上昇の機運を捉えてか、
「のどぐろ釜飯の素」なる炊き込みご飯の素も土産店で売られるようになったので、金沢旅行に行ったついでに早速買ってきて調理し食べてみました。

のどぐろ釜飯の素パッケージ背.JPG

今回金沢で買った「のどぐろ釜飯の素」は、日本海産のどぐろ使用という事で、
まさに本場ののどぐろを材料で使用している事を謳っております。
箱裏面のラベルを見ると、販売メーカーは島根県松江市の(株)みやげ山海という事で、正に錦織 圭の地元が製造元であります。
旅行先の金沢とは関係ないしちょっと距離の離れた遠方ではありますが、
日本海で繋がっているのでその辺りは気にしない事にしておきます。

のどぐろ入り炊き込みご飯1.JPG

「のどぐろ釜飯の素」の調理法は、炊飯器に生米と一緒に入れて炊き上げる
というまさに炊き込みご飯の素タイプであります。
炊き上がりはこのように、のどぐろの切り身の小片が多数混ざっており、
のどぐろの風味を楽しむことができますよ。

のどぐろ入り炊き込みご飯2.JPG

日本海沿岸に旅行に行ったなら、旅のお土産に、
のどぐろ釜飯の素を是非お買い求めになってはいかがでしょうか。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。