スポンサードリンク

宮若市いろは寿しで寿司会席ランチコース定食を食べてみた


宮若市いろは寿しは活魚の海鮮割烹料理を楽しめる寿司屋です。
福岡県筑豊宮若市いろは寿しの店舗は福丸橋からほど近くにあり、
大型駐車場も完備しているので大小宴会などにも対応できるお店です。

宮若市いろは寿し店舗外観.JPG


福岡県宮若市竹原294-9

宮若市いろは寿しの店内に入ってまず驚くのは、
広い店内中央にある活魚の泳ぐ大きな生簀と水槽です。
宮若市いろは寿しの料理は、近隣の宗像や田川の魚市場から
旬の新鮮な魚介類を活魚とともに仕入れて仕込み調理がされているので、
新鮮な地の物の採れ立ての食材を使った寿司料理が楽しめるのです。

宮若市いろは寿し店内大生簀と水槽.JPG

私がいろは寿しを訪れた日にも、店内の大型生簀には、中型大型の
ハタ系クエ系の魚など九州地方ならではの活魚が何匹も泳いでいました。
一般的に海鮮料理店の活魚といえば、水槽で飼育できる中型魚までで、
アジ、イワシ、シマアジ、スルメイカ程度が限界かと思いますが、
これだけの大型の生簀だと水槽では飼育が難しい中型大型魚も活魚の状態で提供できるようです。

宮若市いろは寿し生簀内活魚.JPG

さて、この日のいろは寿しの寿司会席ランチコース定食は、
活魚の刺身、天ぷら盛り合わせ、魚のアラ煮が付く豪華版です。

宮若市いろは寿し寿司会席ランチ定食.JPG

活魚の刺身は身がコリコリと歯応えがあり鮮度抜群の新鮮さ。
魚の種類はシマアジ、カンパチ、ヒラマサ系の魚だと思います。

宮若市いろは寿しランチ刺身.JPG

魚のアラ煮はブリ、ハタ、アラ系の大型魚のものと思われ、
魚の生臭さを相殺するコクのある煮汁がまろやかでとても美味。

宮若市いろは寿しランチあら煮.JPG

天ぷらは定番のエビ、白身魚に大葉という組み合わせです。

宮若市いろは寿しランチ天ぷら盛り合わせ.JPG

ご飯ものの握り寿司は、南国九州らしく白身魚が中心のネタで、
巻物の海苔巻きはカッパ巻きであっさりとまとめてあります。

宮若市いろは寿しランチ握り寿司.JPG

宮若市いろは寿しのランチメニューには、「にぎり寿司ランチ」や
具だくさんの「海鮮丼」などお得なセットメニューもありますので、
初めての方はまずはランチに訪れて試してみるのもいいかもしれません。



スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。