スポンサードリンク

出雲ロイヤルホテルで山陰島根出雲の旬の味覚ディナーコースを食べてきました


島根県の出雲ロイヤルホテルに宿泊に行った際、ホテル料理長お勧めの
山陰島根出雲の海の幸山の幸の旬の味覚をふんだんに使った
和洋コースディナーを食べてきました。
出雲ロイヤルホテルはJR出雲市駅から車で五分ほどの立地にあり、
山陰出雲地区に滞在する際に観光ビジネスの拠点宿泊地とするのに
便利なロケーションの手頃なシティーホテルです。

 ⇒ 出雲ロイヤルホテルの宿泊体験記はこちらから♪

それでは、早速、出雲ロイヤルホテル料理長が腕をふるった
山陰島根出雲の海の幸山の幸の和洋コースディナーのご紹介を。
まず、
先 付 出雲地区地産野菜の和え物
酢の物 胡瓜、紅白なます、蟹棒の酢の物
前 菜 あご野焼
造 り 旬魚引き造り
が角盆に乗せられて供されます。

出雲ロイヤルホテルディナー先付お造り.JPG

北陸から山陰地方に繋がる日本海には非常に豊かな漁場があり
魚介類などの海の幸の美味しさは特筆すべきものがあります。
特に刺身にすると太平洋側の魚との味の差は歴然としていて、
太平洋側の魚の刺身の味わいが泥臭く感じてしまうほど、
日本海側の魚の刺身は淡泊ながらも上品な甘さと旨味をたたえています。
その極上の刺身を出雲地区名産の甘みのある古式醤油で味わうと
それはもう極上の味覚体験となるのでありました。

出雲ロイヤルホテルディナー蟹酢の物.JPG

出雲ロイヤルホテルディナー旬魚引き造り.JPG

吸い物としては海老真丈に旬菜をあしらったお椀が供されます。

出雲ロイヤルホテルディナー海老真丈吸い物.JPG

焼き物は山陰地方の誇る高級魚、のどぐろの塩焼きであります。
のどぐろは関東地方では別名アカムツと呼ばれる高級魚ですが、
一般的にはあまり馴染みのない魚で、主に関西方面でのどぐろの名で親しまれている魚です。
焼いても煮ても美味しい白身の魚で、上品な淡泊な味わいと
しっとりと脂の乗ったコクのある旨みで東北のキンキに近い味わいなのではないかと個人的には思います。
白身のトロとも呼ばれる味わいは、プロテニスプレーヤーで
島根県松江市出身の錦織圭選手が全米オープンテニスで準優勝
という快挙を成し遂げた後に帰国した際に、まず「食べたい」
と言ったほど、山陰地方の地元民に親しまれているご馳走なのです。

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き1.JPG

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き2.JPG

この日ののどぐろの塩焼きには貴重な肝の部分も付属していて
しっとりとして淡泊ながらも上品な脂と甘みの感じられる
のどぐろの白身の美味しさを十分に堪能することができました。

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き肝.JPG

出雲ロイヤルホテルディナーのどぐろ塩焼き身.JPG

次は洋物として島根和牛リブステーキ和風ソースであります。
口の中で溶けてしまうような融点の低い上品な脂のサシが入った
島根和牛リブステーキに大根おろしの和風ソースが絡むことで
さっぱりとした後口のアクセントが爽やかな味わいです。
肉も熟成が効いていて和牛の旨味を十分に堪能できました。

出雲ロイヤルホテルディナー島根和牛リブステーキ.JPG

蒸し物はアマダイの蕪蒸しです。
京都方面ではぐじと呼ばれ一夜干しで珍重される甘鯛ですが、
日本海で繋がる山陰地方でも愛されている高級魚なのです。

出雲ロイヤルホテルディナー甘鯛蕪蒸し.JPG

締めは名物出雲そばと、留碗として、神西湖の大蜆を使った
お味噌汁による食事です。

出雲ロイヤルホテルディナー出雲そば.JPG

島根県で蜆というと七珍のひとつ宍道湖産の蜆が有名ですが、
地元では出雲神西湖の蜆が型も大きくて高級品なのだそうです。
山陰地方の豊かな海の幸と島根和牛などの旬の味覚が楽しめる
出雲ロイヤルホテルであなたも是非お食事を楽しんでみられてはいかがでしょうか。



 ⇒ 出雲ロイヤルホテルの詳細・ご予約はこちらから♪


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。