スポンサードリンク

盛岡駅で豚肉南部焼き弁当を買って新幹線車中で食べてみた


出張で盛岡へ行った際、帰りの新幹線車中で駅弁を食べたいな
と思い、盛岡駅構内の売店で豚肉南部焼き弁当を買ってみました。
盛岡駅で買う駅弁というと、岩手牛の牛肉を使った前沢牛弁当や
生肉の味噌焼弁当、あつあつビビンバ弁当などの牛肉弁当や、
鶏めしや南部蔵しっくかしわ飯といった鳥肉を使った弁当、
海鮮系では鮭はらこめしやあぶりしめ鯖田楽小寿司、ウニめし
などの海鮮弁当、その他、みちのくの味覚を多数詰め込んだ
幕の内弁当系が人気のようであります。
そんな中、シンプルな肉の味が楽しめてしかも手頃な値段の駅弁を
探していたところ、豚肉南部焼き弁当が目に入ったのです。

豚肉南部焼き弁当パッケージ.JPG

豚肉は東北の食材では牛肉や鶏肉ほどブランド価値はないけれど、
食肉そのものの栄養価は豚肉は結構優れていると思います。
特にビタミンB群が豊富で疲労回復にピッタリ…ということで、
出張での仕事疲れを癒す意味で豚肉南部焼き弁当をチョイスしました。

豚肉南部焼き弁当.JPG

盛岡の駅弁、豚肉南部焼き弁当を開けて中身を広げてみると、
長方形の弁当の約2/3を占めるご飯の上に豚ロース肉の南部焼きが
ぎっしりこれでもか!とばかりに敷き詰められています。

豚ロース肉南部焼.JPG

南部焼きとは下味をつけた肉や魚介類などにゴマを全体にまぶして
焼く調理法のことだそうです。
豚肉南部焼き弁当の豚肉は程よい加減に甘辛くつけられた下味に
ゴマの風味がアクセントになってご飯が進む美味しさです。
私の舌の記憶ではエバラ焼肉のタレかモランボンの焼肉のタレを和え
焼いた豚肉の味に似ていて郷愁を覚えました。

豚肉南部焼き弁当付け合わせ2.JPG

豚肉南部焼き弁当付け合わせ1.JPG

豚肉南部焼き弁当の付け合わせは野菜の煮物、ポテトサラダ、卵焼き
冷奴、漬物といったシンプルな構成で、ある意味、豚肉南部焼きを
ガッツリと食べて満足してもらおうという潔いお弁当です。
盛岡駅の駅弁で、手頃な値段でガッツリと肉弁当を楽しみたい!
という方には、この豚肉南部焼き弁当は隠れた裏メニューというか
私としてはもっと人気が出てもいいんじゃないかというくらいの
お勧めの駅弁メニューでありました。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。