スポンサードリンク

奈良薬師寺門前のアムリット/AMRITでフルコースランチを食べてみた


奈良市の誇る世界遺産・奈良薬師寺門前にあるイタリアンの
リストランテ・アムリット/AMRITへランチフルコースメニューを
食べに行ってきました。


奈良県奈良市六条町410

アムリット/AMRITは、リストランテの名を冠するだけあって、
相当ハイソな本格レストランです。店内の内装だってこんなですから。

奈良アムリットAMRIT店内.JPG

何故B級グルメライターの私がそんなリストランテを訪問したのか?
といいますと、仕事絡みのご接待でありまして、お勘定の方は
相手持ち、つまり自腹でない、奢りです。スミマセン。。。

さて、この日のリストランテ・アムリット/AMRITのランチコース、
前菜アンティバストはイタリア前菜の盛り合わせです。
まるでデザートのスィーツのように綺麗に可愛くお皿に盛り付けられた
イタリア前菜の盛り合わせの内容は、カポナータ、ゼッポリーニ、
ブロッコリーのアーリオオーリオ、ノルウェーサーモンのマリネ、
"カブレーゼ"トマト・モッツァレラ・バジル、
"アランチーニ"ローマ風ライスコロッケ 竹炭風、
大和郡山産いちじくとパルマ産プロシュート、
十津川産エリンギのマリネ ローズマリー風味、刀根柿のマリネ ミント風味
書かれた文字を見ても何か良く分かりませんが、全て一口大なので
食べてしまうのは一瞬でありました。

奈良アムリット前菜盛り合わせ.JPG

リストランテ・アムリット/AMRITは付け合わせのフォカッチャも
ブルーベリーだかラズベリーだかの恐らくベリー類が練りこんであり
ひと工夫されたお洒落な焼き上がり。
個人的にはフォカッチャはプレーンで小麦の味がするパン生地に
バルサミコ酢とエクストラバージンオリーブオイルを付け食べるのが
好みですが、こちらはデニッシュタイプの生地の風合い。
高カロリーの高級食材といった感じでしょうか。

奈良アムリットフォカッチャ.JPG

プリモピアットのパスタは本日はスパゲッティーです。
小柱とケッパー かぶ、うまい菜のトマトソーススパゲッティーハーブ風味。
コクと深みのある味わいのトマトソースが美味ですが、
前菜の時も感じたけど、別に使っている材料を逐一料理名に書き出して
メニューとして名乗る意味が良く分かりません。
本音を言えば、こうしてブログ記事にするのが大変だからなんですが(汗)。。

奈良アムリットトマトソーススパゲッティー.JPG

セコンドピアットのメインディッシュは肉料理です。
上州牛のタリアータ 赤ワインとバルサミコのソースということで、
奈良という近畿圏のリストランテで出される牛肉が何故に群馬産の
上州牛なのか?という疑問は浮かびましたが、我が故郷群馬の肉牛も
遂に牛肉文化の関西で認められるブランドクォリティーになったのか
と好意的に解釈しておきましょう。群馬県のイメージキャラクター
ぐんまちゃんもゆるキャラグランプリ獲得した事ですしね♪
余談はさておき、上州牛のタリアータは脂身の少ない赤身部分で、
熟成された牛肉の旨みが感じられるお味でありました。

奈良アムリット上州牛のタリアータ.JPG

ドルチェの本日のデザートはジェラートとシャーベットです。

奈良アムリットドルチェジェラート.JPG

という事で、何か皮肉交じりのリポートとなってしまいましたが、
要は私のようなB級グルメが専門の貧乏庶民ライターには、
相手方の支払いで値段が分からず費用対効果が判断できないため
価値が良く分からないのと、雰囲気がおハイソすぎて落ち着かなく
分不相応だったというだけの事なのです。
奈良薬師寺門前で本格イタリアンを楽しみたいという方は、
リストランテ・アムリット/AMRITへ是非お出かけになってみてはいかがでしょうか。
シックで落ち着いた雰囲気の店内で贅沢な気分を満喫できますよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。