スポンサードリンク

梅蘭(横浜中華街)で梅蘭名物の梅蘭やききそばを食べてきました


横浜中華街の梅蘭へ行き、梅蘭の名物看板メニューである
梅蘭やきそばを食べてきました。
創業25年の老舗本格中華上海料理店の梅蘭は、
東京神奈川を中心に店舗展開をしておりますが、
今回訪問した店舗は横浜中華街にある梅蘭市場通り店です。
横浜中華街梅蘭市場通り店は老舗中華料理店には珍しく
青を基調とした涼しげな外観であります。


神奈川県横浜市中区山下町133-10
横浜中華街梅蘭市場通り店.jpg

横浜中華街梅蘭市場通り店内部は、一見こじんまりした店内
と思いきや、2階には座敷席もありますので、
実は団体さんの宴会にも対応できるキャパシティーを備えています。

横浜中華街梅蘭店内.jpg

梅蘭では老舗本格中華上海料理レストランならではの
中華上海料理のフルコースもお勧めで楽しめますが、
ランチなど手軽な食事では名物の梅蘭やきそばが何と言っても人気です。
そこで、早速名物の梅蘭やきそばをオーダーしてみました。

梅蘭やきそば.jpg

梅蘭やきそばは焼きそばの麺がドーム状に揚げ固められた独特の外観。
一見すると硬焼きそばのようでもありますね。

梅蘭やきそば表面.jpg

しかし、揚げ固められているのはヤキソバの麺の表面だけであり、
表面に箸で割れ目を入れてみると、ドーム状の焼きそばの内部からは、
柔らかい普通の中華風焼きそばが顔を覗かせてくれました。

梅蘭やきそば内部.jpg

梅蘭やきそばの内部は、ちょっととろみのあるあんかけ風焼きそばで、
具には中華ハムの細切れや野菜類が使われて麺に絡まっておりました。

梅蘭やきそばの具.jpg

梅蘭やきそばのドーム状のカタヤキソバのような外観は、
焼きそばを調理する際、中華鍋の底に接する部分だけを
おこげ状に硬く揚げ固め、その底の部分を上にしてお皿に盛りつける
という調理法により出来ているようです。
なので焼きそばを食べていくうちに全体を混ぜ合わせていくと、
このようにおこげ部分のある普通の焼きそばになっていきます。

梅蘭やきそば混ぜ合わせ後.jpg

梅蘭やきそばのお味は、その独特の外観と比較して上品な薄味なので、
味にアクセントの欲しい方は卓上のお酢、ラー油、醤油、からしなど
調味料でお好みの味に仕上げると良いでしょう。
梅蘭やきそばのランチコースには、具の種類の違いで3コースあり、
中華ハムと野菜のノーマルな梅蘭やきそば以外としては、
牛肉入り辛口梅蘭やきそばと、海鮮入り梅蘭やきそばといった
バリエーション(各コース杏仁豆腐付き)があります。
梅蘭やきそばと杏仁豆腐のセットで普通の方なら満腹のボリュームですが、
余裕のある方向けには点心との組み合わせも可能です。
(メニューの価格はいずれも2014年2月時点のもの)

梅蘭やきそばランチセットメニュー.jpg

梅蘭やきそばは味付けは上品な薄味ですが、麺を揚げ固めている分、
胃には多少の重さを感じる食後感です。
そんな食後の胃もたれをすっきりさせてくれるのがセットの杏仁豆腐。
爽やかな食感がデザートとしてピッタリですよ。

梅蘭セットメニュー杏仁豆腐.jpg

梅蘭は横浜中華街以外にも、東京・神奈川に店舗展開していますので、
是非、そのドーム状をした独特の形状の梅蘭やきそばを
是非、一度は体験してみてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。