スポンサードリンク

横浜中華街の保昌で話題の牛バラ肉カレーライスを食べてみた


横浜中華街の中華料理店の出すカレーライスのメニューが
何故か人気を博し密かなブームとなっているようです。
そこで横浜中華街のカレーライスブームの火付け役ともいえる
広東料理店保昌(ほしょう)へカレーライスを食べに行ってきました
横浜中華街の広東料理店保昌(ほしょう)の店舗は、中華街の中心部
香港路という狭い路地の真ん中あたりにあります。

横浜中華街広東料理保昌入口.JPG
神奈川県横浜市中区山下町138


横浜中華街の広東料理店保昌(ほしょう)の店内は、
一階部分が厨房とテーブル席が3卓ほど。
2階席は畳張りの座敷に円卓となっております。
この日は2階席で他のお客様と相席で座ることとなりました。

横浜中華街保昌2階座敷円卓.JPG

横浜中華街保昌(ほしょう)の名物カレーライスメニューは、
牛バラ肉カレーご飯というビーフカレーです。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレーご飯.JPG

カレールウには歯応えを残して炒めて甘みを出した玉ねぎが
これでもかというくらい入っております。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレー玉ねぎの具.JPG

保昌のカレールウは粉の風味を強く感じるトロミの強い食感で
まったりモッチリとした懐かしい食感でありました。

横浜中華街保昌牛バラ肉カレールウ.JPG

辛さを殆ど感じずデミグラスソースのような味わいのルウの中に
牛バラ肉煮込みの肉塊が贅沢にゴロゴロと入っています。
唯一、牛バラ肉の煮込みに八角的な中華の香りを僅かに感じました。

横浜中華街保昌カレーライス具牛バラ肉.JPG

保昌のカレーライスには中華スープがセットで付いてきます。
こちらはオーソドックスな塩味の中華スープであります。

横浜中華街保昌中華スープ.JPG

グルメサイトのサービスクーポンで食後のデザートに
杏仁豆腐をサービスしていただきました。

横浜中華街保昌杏仁豆腐.JPG

中華街がカレー街と化すほどのカレーライスブームは、
元々は中華料理店従業員のまかない料理が発祥との事です。
庶民的なカレーライスなら値段を気にせず楽しめますので、
中華街で食べるお店やメニューに困ったら、
保昌のカレーライスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。