スポンサードリンク

町田の蕎麦屋はるきで十割そばのランチセットを食べてみた


町田の蕎麦屋はるきへ行き、店主自慢の手打ちそば
十割そばのランチセットを食べてきました。
町田の蕎麦屋はるきは、原町田の町田国際版画美術館入口の
交差点の少し手前側(町田駅側)にある一軒家のお蕎麦屋さんです。

蕎麦屋はるき入口.JPG
東京都町田市原町田4丁目16-16


蕎麦屋はるきの店内は、入口脇にそば打ちスペースの個室があり、
通りに面してガラス張りになっているので、お店の外からでも
店主がそば打ち作業をする様子を眺めて見ることができます。
蕎麦屋はるきのご主人は町田市民講座でそば打ちの技術を教えており、
そば打ちの技術が確かなのは勿論、そば打ちの普及にも努めている
日本そばの伝道師のような方なのです。

蕎麦屋はるきそば打ち室入口.JPG

蕎麦屋はるきの店内の客席は、数卓のテーブルと二卓の小上がり席
というレイアウトです。
ちょっと雑然とした庶民的な食堂の雰囲気ですね。

蕎麦屋はるき店内.JPG

蕎麦屋はるきでの注文は新そばによる十割そばをオーダーしてみました。
北海道十勝産のそば粉を使用したという蕎麦屋はるき店主入魂の
晩秋の季節限定の十割そばであります。

蕎麦屋はるき十割そばセット.JPG

北海道十勝産そば粉を使用した蕎麦屋はるきの十割そばは、
歯応えと適度な粘り気のあるそば粉の風味を感じる逸品です。
硬めに茹で絞められたザルそばはのど越しも良く食感も爽やかです。

蕎麦屋はるき十割そば.JPG

蕎麦屋はるきの十割そばには、おでん風の煮物が付け合わせに出され
ざるそば一枚でも結構満腹するボリューム感がありました。

蕎麦屋はるき付け合わせおでん風煮物.JPG

蕎麦屋はるきの付け合わせおでん風煮物は、とても優しい味わいで
新そば粉による十割そばの風味を邪魔するものではありません。
夜はこうした煮物やおでんをつまみに日本酒を一杯という
蕎麦屋ならではの楽しみ方もいいですね。
町田に市民から愛される本格日本そば店誕生を感じました。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。