スポンサードリンク

飯田橋おけ以(おけい)で名物湯麺(タンメン)餃子セットを食べてみた


飯田橋の湯麺(タンメン)が名物の老舗の名店おけ以(おけい)へ行き
湯麺(タンメン)餃子セットを食べてきました。
飯田橋おけ以(おけい)は定休日が日曜・祝日・第3土曜日と以外に多く
平日に来店できない人にとっては以外と入店が難しいお店です。
実は私も、せっかくおけ以(おけい)まで行っても定休日だったりと、
何と六年越しでやっとの入店と相成りました。

おけ以(おけい)入口.JPG
東京都千代田区富士見2-12-16


おけ以(おけい)の店内は数名掛けのカウンター席と
テーブル席が数卓というコンパクトな作りです。

おけ以(おけい)テーブル席.JPG

早速おけ以(おけい)名物の湯麺(タンメン)と餃子をセットで注文し
六年間の想いを果たさせてもらいます。
最初に運ばれてきたのは餃子であります。

おけ以(おけい)餃子.JPG

おけ以(おけい)の餃子は一人前六個で、餃子の底は生地でできた
羽でしっかりと連結されたスタイルです。
餃子の外側にも見事に張り出したカリカリの羽がお見事。
おけ以(おけい)の餃子の食感はカリカリの羽ともっちりした生地、
そしてしっかりした味付けの具の餡のコンビネーションで、
ギョウザらしい餃子の味わいだと感じました。

おけ以(おけい)餃子の羽.JPG

おけ以(おけい)餃子の具餡.JPG

いよいよ、おけ以(おけい)の名物である湯麺(タンメン)の登場です。
おけ以(おけい)の湯麺(タンメン)は具材にキャベツ・もやしと
豚肉の炒め物がトッピングとして麺の上に乗せられている
オーソドックスな湯麺(タンメン)です。

おけ以(おけい)の湯麺(タンメン).JPG

おけ以(おけい)湯麺(タンメン)の麺は中太のちぢれ麺。
コシはさほどなく、柔らかくて優しいチュルチュルした食感です。

おけ以(おけい)湯麺(タンメン)の麺.JPG

そんな優しい食感を支えるおけ以(おけい)湯麺(タンメン)のスープは
素材の味が突出しないまろやかで優しい家庭的な風味です。

おけ以(おけい)湯麺(タンメン)のスープ.JPG

これらが一体となって生み出される老舗おけ以(おけい)の名物
湯麺(タンメン)は、最近のラーメン専門店で味わうような
個性の強い尖った味わいとは対極にある非常に優しい味わいで、
一日三食毎日でも食べられるような偉大なる平凡さを感じます。

おけ以(おけい)タンメンと餃子.JPG

まるでおふくろさんの作る味噌汁のような味わいの湯麺(タンメン)。
この味わいこそが老舗ならではの真似のできない底力であり、
時代を超えて多くの人に愛され続ける理由なのでしょう。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。