スポンサードリンク

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店で焼肉ランチ・冷麺・生マッコリを体験してきました


ぴょんぴょん舎盛岡駅前店へ行き、焼肉ランチを食べた際、
冷麺を追加で食べ生マッコリを呑んできました。
ぴょんぴょん舎は社長のピョンさんが始めた焼肉屋なので
社長のピョンさんの名前にちなんで「ぴょんぴょん舎」になった
というのが店名の由来だそうです。
ぴょんぴょん舎は岩手県盛岡市を中心に、仙台市、関東へも進出し
支店展開をしている冷麺と生マッコリが有名な焼肉店です。
今回は盛岡へ旅行したついでに、ぴょんぴょん舎盛岡駅前店へ行き、
本場の冷麺と生マッコリを堪能しようと出かけてみたわけです。


冷麺を食べる前に、名物の生マッコリを堪能するためにも、
おつまみも兼ねてせっかくだから焼肉も食べよう、という事になり
焼肉ランチとして定番のロース、カルビ、ハラミを注文しました。

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店カルビとロース.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店ハラミ.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店肉焼きグリル.JPG

Seng(セン)と名付けられたぴょんぴょん舎の名物、生マッコリは、
通常の瓶詰めマッコリよりも炭酸がきつく発泡感が強いです。
口中や下にピリピリと感じる刺激が非常にフレッシュな感じで
爽やかな風味が感じられ、まさに「生マッコリ」という感じ。
日本酒の月の桂(濁り酒)にも近い風味が感じられるSeng(セン)は
普通のマッコリがまどろっこしくて苦手な方にもお勧めできる
平成23年度いわて特産品コンクール岩手県知事賞受賞の逸品ですよ。

ぴょんぴょん舎生マッコリSeng(セン).JPG

生マッコリSeng(セン)と焼肉である程度お腹を満たした後は、
いよいよぴょんぴょん舎の本場仕込み冷麺の登場であります。
ぴょんぴょん舎の冷麺は、具にゆで卵、焼豚、生りんご、オイキムチ
という構成で、澄んだスープの中に透明感のある麺が鎮座しております。

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺.JPG

ぴょんぴょん舎の冷麺の麺は透明感のある白いタイプの冷麺で、
適度なコシがありながらもしなやかな食感で喉越しも抜群でした。

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺の麺1.JPG

ぴょんぴょん舎盛岡冷麺の麺2.JPG

ぴょんぴょん舎は、盛岡市内に数店舗の支店展開を行っている他、
東北では仙台市の三井アウトレットパーク仙台港2階フードコート、
関東圏では埼玉県三郷市のららぽーと新三郷2Fみさとキッチンと、
神奈川県川崎市ラゾーナ川崎プラザ1階ダイニングセレクション、
東京では銀座ギンザグラッセ11階に「GINZA UNA」として、
東京スカイツリータウン・ソラマチ6階に「Te-su(テェス)」として
それぞれ支店を出店していますので、盛岡市まで足を運ばなくても
本場盛岡の冷麺とぴょんぴょん舎名物の生マッコリSeng(セン)を
手軽に楽しむことができますよ。


 ⇒ 岩手県盛岡から直送!!送料無料!!(送料込み)盛岡冷麺(ぴょんぴょん舎)20食セット(2食入×10...

なお、ぴょんぴょん舎の本場盛岡冷麺はネット通販でも送料無料で
お取り寄せ購入が可能ですので、是非ご自宅でも本場盛岡冷麺を
ぴょんぴょん舎の味で楽しんでみてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。